ACROFAN

北米貨物鉄道網の中心に位置するリオサウステキサス、COSTEPがリポート

記事公開日時 : August 12, 2022, 7:00 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

ミッション(米テキサス州), 2022年8月12日 PR Newswire -- 北米サプライチェーンの中心に位置するリオサウステキサスは、その多様性で常に称賛されてきた。この地域は主要な米・メキシコ国境検問所、国際空港、深海港、州間高速道路により、北米で事業展開する企業にとり究極の複合輸送ハブとなっている。さらに、同地域がNorth American Class 1 Rail Networkにつながっていることは、年間数億の製品輸出入に貢献している。この北米鉄道アクセスは、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が提供する機会と相まって、リオサウステキサスが同地域の製造企業や物流業者に提供する物流上の利点をさらに最適化している。

リオサウステキサスは、Union Pacific Railroad(ユニオンパシフィック鉄道)とBNSF Railway Co.経由の米国サービス、Kansas City Southern de Mexico経由のメキシコサービス、およびBrownsville & Rio Grande International Railroad(BRG)、Border Pacific Railroad、Rio Valley Switchingによる現地短距離鉄道サービスという堅牢な国際的クラス1鉄道インフラストラクチャーを提供している。BRG経由では年間数千両(2019年には4万両超)の積載量が報告されている。さらに、Canadian PacificとKansas City Southernの合併が実現すれば、リオサウステキサスの鉄道物流は、米国、メキシコ、カナダ全体で合理化されたサービスを提供することにより次のレベルに引き上げられ、このことはCanadian PacificとKansas City Southernの同地域へのコミットメントにより貿易数量は成長を続ける見込みであることを意味する。

貨物鉄道は、同地域のその他の物流オプションへの主要な接続手段としても機能する。短距離鉄道サービスは地元の海港に接続し、ガルフ・イントラコースタル・ウォーターウェイ(湾内沿岸水路)(5億トン超の貨物を輸送)を経由した水上輸送と、メキシコ湾経由の世界海上輸送を促進する。リオサウステキサス地域の鉄道は、州間高速道路輸送や航空貨物へのインターモーダル接続も提供し、同地域を世界に結びつけている。リオサウステキサスのバレー国際空港は、米国の航空貨物の上位80入りしている。

米国内外に向けて世界中に出荷している場合、ないし北米向けに北米で製品を製造しようとしている場合には、リオサウステキサスが提供するものに目を向けていただきたい。当COSTEP(Council for South Texas Economic Progress)のチームは喜んで支援する。詳しくはwww.costep.org にアクセスするか、@COSTEPでフォローを。
▽問い合わせ先 : Matt Ruszczak, +1.956.682.6371, info@costep.org



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved