ACROFAN

InuitiveがNU4100を発売し、エッジAIビジョン・オン・チップICポートフォリオを拡大。NU4100は高度なAI機能に対応し、内部の高度なISPで2X 4Kカメラをストリーミング可能に

記事公開日時 : September 23, 2022, 8:00 am
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

ロボティクス向けの新しいNU4100は、統合されたデュアルチャネル4K ISPと、デプスセンシングおよびVSLAM機能を融合した、強化されたAIパフォーマンスを組み合わせることで、新しい業界標準を設定

ラーナナ、イスラエル, 2022年9月23日 /PRNewswire/ -- ビジョン・オン・チップ・プロセッサ企業であるInuitive Ltd.は本日、同社のビジョンおよびAI ICポートフォリオを拡張する新しいNU4100の発売を発表しました。Inuitiveの独自のアーキテクチャと高度な12nmプロセス技術に基づく新しいNU4100 ICは、統合されたデュアルチャネル4K ISP、強化されたAI処理、デプスセンシングをシングルチップの低電力設計でサポートし、エッジAIパフォーマンスの新しい業界標準を確立します。 

One Chip. Complete Visual Understanding
One Chip. Complete Visual Understanding

NU4100は、NU4x00シリーズの第2世代となる製品です。NU4x00シリーズは、複数のセンサーの集約、処理、パッケージング、ストリーミングが必要とされるロボティクス、ドローン、VR、およびエッジAIアプリケーションに最適です。これは、3台、6台、またはそれ以上のカメラを使用して、環境を感知および分析する必要があるロボットやその他のアプリケーション向けに特別に設計されており、その入力に基づいてリアルタイムで実行可能な意思決定を行います。

「ロボットの設計者は、より高い解像度、増え続けるチャンネル数、高性能な強化されたAIとVSLAMの機能を求めています」と、InuitiveのCEOであるShlomo Gadot氏は述べています。「ビジョン・オン・チップ・シリーズのプロセッサに追加されたNU4100は、すべての統合されたビジョン機能に基づく真の革命であり、単一の完全なミッション・コンピュータ・チップに結合されています。統合されたデュアルカメラISPには、より多くのコンポーネントを追加する必要はありません。さらに、より高いコストで追加の処理能力を必要とすることなく、非常に必要な柔軟性を提供します」

また、 Gadot氏は次のように述べています。「Inuitiveは、最先端の技術を市場に投入できるよう取り組んでいます。ロードマップの次のプロセッサであるNU4500は、2023年第1四半期にテープアウトされる予定であり、ARM A55の8コアが追加され、AI計算能力が2倍以上になり、H.265およびH.264ビデオエンコーダーとデコーダーが実装されます。ロボットおよびアプリケーション向けの究極のシングル・チップ・ソリューションになります」

新しいNU4100はマルチカメラ設計をサポートし、高度なAIネットワークを実行しながら、最大12MPまたは4K解像度の2つのイメージャ・チャネルをそれぞれ60フレーム/秒(fps)で同時に処理およびストリーミングできます。このICは、Inuitiveテクノロジーを使用する製品の統合レベルを高め、AI処理能力を2倍から4倍加速させながら、Inuitiveの第1世代よりも消費電力を20%削減します。

新しいNU4100は、CEおよびメタバース業界のリーダーにすぐに採用され、他の代替品ではなく、市場の製品用としてすでに確保されています。 NU4100を搭載した顧客向け製品は、2023年第1四半期から販売されます。

「ロボットは、ますますビジョン・プロセッサに依存するようになっています。環境を認識して理解する能力は、より高いレベルのロボットの自律性を実現するための基本です」と、InuitiveのCTO兼製品担当副社長であるDor Zepeniuk氏は述べています。「複数のカメラによる入力ストリームを処理することで、ロボットの独立性と柔軟性が拡張され、統合されたデュアル チャネル4K ISPによってシステムの機能が向上します。どちらも、より低コストで強力な製品を設計するという最終目標に役立ちます」

新しいNU4100 な特徴と機能は、次のとおりです。

  • 独自のInuitive Depth Vision Accelerator(IDVA):
    • 高スループット、低レイテンシ、ステレオデプスのHWエンジン
    • SLAM HWアクセラレーター
    • 汎用Imaging/Visionエンジン
  • デュアルカメラISPユニット – ビデオストリームあたり最大12Mp
  • 384GOPのデュアルコアVision-DSP – コンピュータ・ビジョンの機能用に最適化
  • DNN向けの3.2TOP処理能力を備えた効率的なAIエンジン
  • Linux OSを実行するARM Cortex-A5 CPU
  • 最大6台のカメラ端末を接続可能
  • 高速インターフェイス – USB3.0、MIPI CSI/DSI - Rx & Tx、LPDDR4他

新しいICが実現する新しい高解像度かつ高度なAI処理は、他の多くのエッジAIアプリケーションにメリットをもたらします。インダストリー4.0施設などのアプリケーションは、エッジAIの高いパフォーマンスと画像解像度を活用して、プロセス制御を改善し、より高いレベルの自動化を実現できます。同様に、ドローンはISPとニューラル・ネットワーク・ベースの視覚効果(低照度強化など)を使用して、暗い環境と明るい環境の両方で自律的に動作することができます。

NU4100のサンプルは既に配布しており、2023年1月までに大量生産の準備が整う予定です。詳細については、Inuitiveまでお問い合わせください: https://www.inuitive-tech.com/about-us/

Inuitiveについて

Inuitiveの革新的なビジョン・オン・チップ・プロセッサは、幅広い統合機能、優れた性能、最適なサイズとコスト効率を備えたオールインワンチップを導入しています。これらの画期的なプロセッサは、デプスセンシング・ポジショニング・ロケーション・アルゴリズム(SLAM)、およびAIベースのオブジェクト検出と認識をサポートすると同時に、システム・レイテンシと応答時間の大幅な短縮、省電力化および全体的なパフォーマンスの向上(高フレームレートとカメラ解像度、広いFOV)を実現します。

Inuitiveは、マシン・センシング、ソフトウェア開発、商業生産の各分野のパートナーの技術エコシステムと共に、エンタープライズ対応のセンサーおよびプロセッサ・モジュールを、お客様のロボティクス、ドローン、AR、VR、AIoT、3Dセンシングアプリケーションに統合します。これにより、最適な機能と優れたパフォーマンスで、人間のように視覚で理解できるようになります。

詳細については、www.inuitive-tech.comまたはLinkedIn(https://www.linkedin.com/company/inuitive)をご覧ください。

連絡先

Gur Dror、VP Business Development
携帯電話番号:+972 54 448 8908
Eメールアドレス:gurd@inuitive-tech.com

ロゴ:https://mma.prnasia.com/media2/1902723/Inuitive_Logo.jpg?p=medium600  
写真: https://mma.prnasia.com/media2/1903068/One_Chip_Complete_Visual_Understanding.jpg?p=medium600

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved