ACROFAN

CGTN:未来を分かち合うグローバルコミュニティを形成するために、中国はどのように行動するのか?

記事公開日時 : September 28, 2023, 4:09 am
ACROFAN=PRNasia | hkcs@prnasia.com | SNS

北京、2023年9月28日 /PRNewswire/ -- フィジーからレソト、そしてルワンダに至るまで、中国の菌草(Juncao)技術は、食用キノコを栽培するために木材の代わりに草を使用するもので、重要な課題を解決する手助けをしています。食用キノコの生産は従来、木を切ることに頼っていましたが、菌草技術はその問題を克服するのに役立っています。

菌草は、レソトの農民たちから「繁栄の草」という愛称で呼ばれており、過去20年間にわたり、中国はこの技術に関する270回以上のトレーニングセッションを開催し、106ヶ国から10,000人以上の人々をトレーニングしてきました。

菌草に加えて、一帯一路構想(BRI)の枠組みで進行中のハイブリッド米、道路、橋、井戸、およびその他のプロジェクトは、参加国で確かな進展を見せ、現地の人々がより幸福で豊かな生活を送る手助けとなっています。

火曜日に公表された『未来を分かち合うグローバルコミュニティ:中国の提案と行動(A Global Community of Shared Future: China's Proposals and Actions)』と題された白書によれば、BRIは、未来を分かち合うグローバルコミュニティを構築する「生き生きとした実例」であり、中国が世界に提供する「グローバル公共財」と協力のプラットフォームです。

このビジョンは2013年に中国の習近平国家主席によって初めて提唱され、今年で10周年を迎えます。

火曜日の記者会見で、中国の王毅外相は、このビジョンは国際社会全体から支持されていると述べました。

また、王外相は「これは、より多くの国々や人々が追求している平和、正義、進歩を反映したものであり、彼らがより素晴らしい世界を築く共通の願望を示しています」とコメントしています。

活動中の中国

BRIが10年前に導入されて以来、中国は「オープンで、環境にやさしく、清潔で、高水準」な協力を追求し、持続可能な発展を促し、人々の生活を向上させてきました。

世界銀行の報告書『一帯一路経済学(Belt and Road Economics)』によれば、BRIが完全に実施されると、BRI域内貿易は4.1%増加すると見込まれています。2030年までに、BRIは年間で1.6兆米ドルの世界的な収益を生み出すでしょう。

白書には、「BRIは経済協力のための取り組みであり、地政学的または軍事的な同盟のためのものではない」と記されています。「これはどの当事者も標的にせず排除もしない、開かれた包括的なプロセスです」

新たに発表された文書によれば、2023年7月時点で世界の4分の3以上の国々と30以上の国際機関が参加しているこの構想は、「中国のクラブ」でもなければ「特定の当事者のための私的なルート」でもありません。

世界最大の発展途上国であり、グローバルサウスのメンバーとして、中国は他の発展途上国をサポートし、受益国が開発能力を拡大する手助けに全力を尽くしています。これらの取り組みは、グローバル開発構想を通じて支援されています。

国際機関との協力を通じて、中国はエチオピア、パキスタン、ナイジェリアなど約60ヶ国において、貧困削減、食料安全保障、気候変動に関する130以上のプロジェクトを実施しました。白書によれば、その恩恵は3,000万人以上に及んでいると言われています。

火曜日になって王外相は、国際的な議題の中核に開発問題を再び持ち込み、より公平な方法ですべての国の人々に利益をもたらす必要性を強調しました。

顕著な安全保障の不足に対応し、中国はグローバル安全保障構想を通じて、対立よりも対話、同盟よりもパートナーシップ、ゼロサムゲームよりもウィン・ウィンの結果を特徴とする新しい安全保障の道を築こうとしています。

また、中国はグローバル文明構想を通じて、文明の多様性への尊重を共同で提唱しています。例えば、文化のシルクロードプログラムを実施し、シルクロード国際劇場、博物館、芸術祭、図書館、そして美術館の連携を築いています。

『地球村の一つの大きな家族』

10年経過した今、未来を分かち合うグローバルコミュニティの構築は実り豊かな成果を上げています。このビジョンは、6年連続で国連総会の決議に明記され、いくつかの多国間機関の決議と宣言に組み込まれています。

中国の外相が火曜日に述べたように、中国は数十の国々や地域と分かち合う未来のコミュニティを築いてきました。さらに王外相は、グローバル開発構想とグローバル安全保障構想は100以上の国から支持を受け、グローバル文明構想も多くの国々から好意的なフィードバックを受けていると述べました。

しかし王外相は、人類は歴史の岐路に立っており、陣営対立やゼロサムゲームには展望がないと指摘しました。

世界的な危機に直面した時、白書が明確に述べているように、世界の190以上の国々は「みな同じ大きな船に乗っている」のであり、すべての人類は「地球村の一つの大きな家族」なのです。

「どんなに強い国であっても、単独ですべてをなし得る国はありません。国際的な協力に取り組む必要があります」と記されています。

白書によれば、未来を分かち合うグローバルコミュニティというビジョンは、ブロック政治の排他的な規則、力こそが正義であるという概念、そして少数の西洋諸国によって定義された「普遍的な価値観」を超越しています。

「これは時代の潮流に合致し、国際協力の呼びかけに呼応し、より公正で平等な国際秩序への貢献となっています」

https://news.cgtn.com/news/2023-09-26/How-does-China-act-to-build-a-global-community-of-shared-future--1npuSfz9hlu/index.html 

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved