ACROFAN

Artmarket.com:Artprice、AMFの規制を受ける投資ファンドFrenchArtFundの立ち上げについてコメント

記事公開日時 : February 6, 2024, 5:45 pm
ACROFAN=PRNasia | hkcs@prnasia.com | SNS

パリ, 2024年2月6日 /PRNewswire/ -- Artprice by Artmarketは、フランス経済紙レゼコー(LES ECHOS)に2024年1月25日に掲載されたMartine Robert氏とAnne-Sophie Vion氏による「Exclusive:FrenchArtFund, the first art investment fund regulated by the AMF(独占:AMF(フランス金融市場庁)の規制を受ける初のアート投資ファンド、FrenchArtFund)」と題された記事を読みました。その中でミクスト・スペシャライズド・プロフェッショナル・アート・ファンドが求める具体的な価値としてArtpriceに言及しています:
https://www.lesechos.fr/industrie-services/services-conseils/exclusif-frenchartfund-le-premier-fonds-dinvestissement-dans-lart-agree-par-lamf-2071367

Artprice100© vs. S&P 500 vs. STOXX Europe 50 – Base 100in January 2000
Artprice100© vs. S&P 500 vs. STOXX Europe 50 – Base 100in January 2000

この記事が多くの疑問を提起したことから、私たちはこのファンドの創設とその条件と目的について詳しく知るために、Inocap Gestionと投資ファンドFrenchArtFundの創設者であるOlivier Bourdelas氏に連絡を取りました。ファンドの設定日は2024年2月1日です。

長い話し合いの末、私たちはアート市場に対するビジョンに非常に多くの共通点があることで合意し、FrenchArtFundを立ち上げたOlivier Bourdelas氏の動機が、フランスのアート市場が必要とするものについての私たち自身の認識と極めて一致していることは明らかでした。

「レゼコー」の記事ではOlivier Bourdelas氏について次のように説明しています。「20年来のアートコレクターであるのみならず、2007年にはInocap Gestionを創設し、同社は既にフランスの文化機関を支援しており、若手アーティスト作品の収集プログラムに携わっている。(中略)、European House of PhotographyおよびNeuflize OBC Foundation for the Visual Artsの理事でもあるOlivier Bourdelas氏は、自身の職業と情熱との間に架け橋を築いてきた」

▽アート市場と金融市場

私たちの話し合いの中で、Olivier Bourdelas氏はアート市場には金融市場と多くの類似点があるという自身の見解を展開し「2つの世界には大きな対称性がある」と述べています。この見解は、Artprice by Artmarketの歴史的研究の結果と過去数十年にわたる取り組みや発行文書の多くと完全に重なるものです。Artpriceのエコノメトリクスおよびインデックスツールは、アート市場で投資ファンドを構築するために不可欠です。

共通の見解を確認したため、私たちの将来の予測も非常に似ていることが判明しても驚くにはあたりませんでした。

▽アートに投資する

Olivier Bourdelas氏:「真の価値を見つけることが難しい予測不可能な世界において、貯蓄家は有意義な投資先をますます探しています。アートへの長期的な投資は、従来の投資とは異なる文化的および教育的価値を生み出し、支援します。したがって、アートへの投資は、単なる『有形』資産への投資にとどまらず、私たちの集合的な未来への楽しく『見栄えのする』投資でもあるのです」

Artprice:「アートは今日、高い収益をもたらすだけでなく、典型的な金融資産との相関性が低いオルタナティブ投資の1つとして広く考えられています。したがって、アート市場の特殊性、特にユニークなアート作品を販売するのに時間がかかるという点に注意する限り、偉大な芸術家(たとえば、パブロ・ピカソ、クロード・モネ、ジョージア・オキーフなど)の作品に投資することは、個人的にも経済的にも豊かになる可能性があります」

Olivier Bourdelas氏:「私たちの現代アートへの愛は10年前に始まりました。2013年以来、私たちは四半期ごとに1作品を取得することでフランスのクリエーティブシーンをサポートしてきました。また、パリのヨーロッパ写真美術館(Maison Europeenne de la Photographie)やドーヴィルのFranciscainesプロジェクトなど、複数の機関をサポートしています」
「個人的なレベルでは、20年間、あらゆる出自のアーティストの作品を収集してきました。しかし、私はポンピドゥー・センターへの寄付も行い、ヨーロッパ写真美術館やNeuflize OBC Corporate Foundationなどのさまざまな文化団体の理事を務めており、妻は写真家です」
「FrenchArtFundの創設にあたり、マネジャー2人、運用ディレクター1人、マーケティング・コミュニケーションマネジャー1人を含む極めて能力の高い5人のチームを立ち上げ、私もサポートに加わりました。ファンドにあらゆる成功のチャンスを与えるために、当社は真に一流のチームを採用しました」
「2人のマネジャーはそれぞれアート市場で20年近くの経験があり、最大級の国際オークションハウスとの仕事も手掛け、高い評価を得ています。共通の価値観と並外れた知識を共有するこのチームは、私の傍らで長期にわたり担当者を務めます」
「当社は主に、Artprice Global Top 500(年間オークション売上高の観点から)のアーティストに焦点を当てます。これらの作品は、主に戦後および現代のアーティストによって制作された絵画で、価格帯は150ユーロから50万ユーロです」
「リスクを最小限に抑えるため、当社では国際的な大規模ギャラリーに代表される国際的なオークションハウスを通じたセカンダリー市場での確固たる実績を持つ著名な芸術家が20世紀から21世紀に制作した作品に集中して購入します」
「ファンドの潜在的な価値を最大化するために強い影響力を持ち、定期的に美術館のニュースを賑わせるギャラリーに代表される新進アーティストにも投資します」

「セカンダリー市場でまだ人気がなく、主要な機関のコレクションに未収蔵の若手アーティストの作品への投資は避けます」
「すべての投資は、アーティストによる同等の作品のオークション結果を詳細に精査し、約20のパラメーターを統合した独自の多基準評価マトリックスを使用した徹底的な分析を経て行われます」
「作品は、フランス美術市場の主要企業の1つが管理する極めて安全かつ機密の保管場所で保管されます」
「年に1、2度、当社の顧客とパートナーは家族や友人と共に招待された親しみやすい場所で、コレクションの一部を見いだす機会があるでしょう。このような機会には、講演者、美術館館長、さらには展覧会キュレーターが、アーティストの実践について説明したり、たとえば芸術運動に関する討論や会議を主導したりすることもあります。この分野の可能性のフィールドは非常に広いため、選択肢に不足はないでしょう」
「このアセットクラスの特殊性を考慮して、当社はファンドの加入者と特別な関係を確立したいと考えています。当社の目的の一環として、一部の加入者に対して教育的で先導的なアプローチを確立し、情報へのアクセスや当社の存在なしには決して参加することのなかったイベントへのアクセスを提供したいと考えています」

▽安全な避難先としてのアート

Olivier Bourdelas氏はアートを「危機とインフレの時期の安全な避難先」とみなしています。Artprice by Artmarketは、情報発信や年次アート市場レポートの中で定期的に明言しているこのアプローチを強く支持しており、2023年の発行物には「過去22年間、アート市場は、金融、経済、公衆衛生および地政学的な危機に直面しても、弱体化を防ぐために命を救う修正ができることを示してきた」とあります。

▽巨大な市場

Olivier Bourdelas氏:「世界には億万長者が5300万人、ビリオネアが2153人(5年間で53%増)存在し、かつてないほど大量の資本がアート市場に投入されています。アート、特に現代アートでは、自分の遺産を多様化しながら自身を差別化することが可能になります」
「2007年以来、世界で毎年750近くの美術館が設立されてきました。17年間で、その数は1万を超えました」

Artprice創設者でArtmarket.com社長のthierry Ehrmann氏:「2017年、世界の美術館業界に関する概念化調査を行った際、2000年から2014年の間に世界では20世紀全体よりも多くの美術館が設立されたということと、21世紀には国際的な性格を持つ新しい美術館が毎年700館オープンしたことでアート作品は当然ながら正当性を与えられ、収蔵され、ひいては美術館のコレクションに残ることでアート市場を強化するだろうということを指摘しました」

▽アート市場のパフォーマンス

AMFによって規制されるアート分野初の投資ファンドFrenchArtFundの創設者であるOlivier Bourdelas氏は、Artmarket by Artpriceのデータ、特に6年前の2018年2月2日に開始されたArtprice100(C)指数のパフォーマンスに大きく依拠しています。Artprice100(R)の使命は最も安定したセグメントに焦点を当てて、アート市場の価値の増加を注視し、定量化することです。この新しい科学的指数は、Artpriceが開発した他のすべての意思決定ツールに加わります。Artprice100(R)は、効率的な市場への新たな投資を求める金融界にとって、新しく重要なベンチマークになります。

Artprice100(R)指数の作成は、Artpriceの金融および銀行クライアント、とりわけ信頼性が高く長期間持続する指数を求めるプライベートバンキングのクライアントからの需要に応えたものです。

AMFが規制するFrenchArtfundは、パリ市場で競合商品(他のアート投資ファンド)を上回ることが確実視されています。

▽投資戦略

Olivier Bourdelas氏はArtprice by Artmarketに対し、このミクスト・スペシャライズドプロフェッショナルアートファンドは、世界のトップ500に入るアーティストによって20世紀から21世紀にかけて制作されたアート作品に60%を投資すると語りました。また、厳選された、売上高の全部または一部をアート分野で生み出す上場国際企業の株式に30%を投資する予定です。この二重戦略によってファンドの流動性が最適化されます。これに、最大10%の債券UCITSと金融投資が加わります。

Artprice by Artmarketによって収集および作成されたデータは、たとえば、当社のContemporary Art Price Index(現代アート価格指数)とArtprice Global Index(Artpriceグローバル指数、1998年1月を基準値100とする)の対比に基づく1998年から2022年までのアート市場セグメント別の価格推移などでFrenchArtFundの投資戦略において重要な役割を果たします。

最後に、Olivier Bourdelas氏は、Martine Robert、Anne-Sophie Vion両氏による「レゼコー」の記事で発表された内容、すなわちFrenchArtFundがその資金の一部をArtprice、LVMH、Groupe Chargeursなどの芸術に関連する企業の株式取得に割り当てることを確認しました。

Olivier Bourdelas氏:
「私たちはこれらすべてについて4年間熟慮しましたが、これまでのビジネスとの矛盾は一切見つかりませんでした。さらに2015年以降、プライベートマネジメント活動の増加に関連する特別な困難には遭遇していません。多くの相乗効果によって全体が豊かになり、徐々に会社に組み込まれていきました。「アート」活動でもまったく同じです。私を信じてください!」
「さらに、このファンドのために新規採用した5人は、ファンドの使命を成し遂げるために必要なすべてのスキルを備えています。この新しい活動の導入により誰もが恩恵を受けることになります」

Olivier Bourdelas氏はKPMGとOddo Bankの支援を受けています。
「私たちが大きな成功を収めた場合、そしてそれを確かなものにするためにできる限りのことをするつもりですが、私たちの活動を分離し、このアート投資に完全特化した部門の構築を検討する可能性もあります。もちろん、Inocap Gestionは大株主であり続けるでしょうが、まだそこには至っていません」

thierry Ehrmann:
「AMFが規制する初のアート投資ファンドであるFrenchArtFundを創設したOlivier Bourdelas氏にお祝いを申し上げます。この立ち上げはアート市場の金融化、オルタナティブ投資および安全な避難先としてのアートへの投資、金融機関の関心など、私たちの見解と予測をあらゆる点で裏付けるものです。これらすべては、アート市場の標準化と、1997年以来Artprice by Artmarketによって作成され、現在は付加価値のあるデータと指数をFrenchArtFundに提供している信頼性の高い長期指数の作成なしには不可能でした。
私たちは、強い関心を持ってFrenchArtFundの進捗状況を注意深く監視していきます。創設者のアート市場に関する広範な知識と、7億ユーロの資産を管理するInocap Gestionを通じて金融界で目覚ましい成功を収めていることを考えると、この印象的な立ち上げで私たちの期待は高まるばかりです。」

パリの金融市場は、近年の世界のアート市場におけるフランスの台頭を裏付けるこの賢明な取り組みを歓迎するでしょう。フランスは2023年には売上高が10億ドルを超え、欧州諸国の中でナンバー1になりました。さらにクリスティーズ(Christie's)とサザビーズ(Sotheby's)はいずれもフランス国民によって所有されており、それぞれFrancois Pinault氏、Patrick Drahi氏が所有しています。

Artmarket.comが作成した情報およびエコノメトリクス研究は、アート市場の統計的現実を分析・理解することを目的として独自に提供されており、アート市場への投資に関するアドバイス、提案、または勧誘と見なされるべきものではありません。

Images:
[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/02/image1-Artprice100copyright-vs-SP500-vsSTOXX50-2000-2023.png ]
[
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2024/02/image2-FRENCH-art-FUND-by-INOCAP-Gestion.jpg ]

Copyright 1987-2024 thierry Ehrmann www.artprice.com-www.artmarket.com 

*統計と個別調査に関するリクエストはEconometrics Department(エコノメトリクス部門)までお気軽にお問い合わせくださいeconometrics@artprice.com 

*サービスを試す(無料デモ):https://www.artprice.com/demo

*サービスを購読する:https://www.artprice.com/subscription

Artmarketについて:

Artmarket.comは、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 -ブルームバーグ:PRC -ロイター:ARTF

ArtmarketとArtprice部門を動画で発見してください:www.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは1997年にthierry Ehrmann最高経営責任者(CEO)によって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who's who(C)内の公式バイオグラフィーは以下をご覧ください:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2023/04/2023_2_Biographie-thierry-Ehrmann_WhosWhoInFrance.pdf

Artmarketは、アート市場におけるグローバルプレーヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的および現在のアート市場の情報(長年にわたって収集されたオリジナルの文書アーカイブ、写本、注釈本、オークションカタログ)を蓄積、管理、活用する世界的リーダーとして、3000万件以上のインデックスとオークション結果、82万5000人以上のアーティストを網羅するデータバンクを所有しています。

Artprice by Artmarketは、アート市場に関する情報の世界的リーダーであり、Global Standardized Marketplaceを通じて、世界をリードするファインアートNFTプラットフォームになることを目指しています。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年から今日までのアート作品の1億8000万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

Artprice部門を有するArtmarketは、7200のオークションハウスからデータをたえず収集し、主要なプレスやメディア機関(7200誌)向けに重要なアート市場情報を提供しています。720万人のユーザー(ログインメンバーとソーシャルメディアユーザー)が、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法のL 321.3条2項および3項の定めによって規制されています)。

ArtmarketはArtprice部門を含めて、BPI(国立投資銀行)から2回の「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受けています。これは同社のアート市場におけるグローバルプレーヤーとしてのポジション強化の取り組みの支えとなりました。

Artprice by Artmarketが2023年現代アート市場レポートを発行:
https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2023

Artprice by Artmarketによるグローバルアート市場レポート「2022年のアート市場」、2023年3月発行:
https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2022

ArtmarketとArtprice部門が発表したプレスリリースのインデックス:
https://serveur.serveur.com/artmarket/press-release/en/

FacebookとTwitterで、ArtmarketとArtprice部門のアート市場ニュースをリアルタイムでフォロー:
www.facebook.com/artpricedotcom/ (フォロワー数650万人以上)
twitter.com/artmarketdotcom
twitter.com/artpricedotcom

有名なOrgane Contemporary Art Museum「The Abode of Chaos」(ニューヨークタイムズ紙より)https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013 に本社を置くArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をご覧ください:https://www.artprice.com/video 

La Demeure du Chaos / Abode of Chaos
GESAMTKUNSTWERK & SINGULAR ARCHITECTURE
極秘のバイリンガル作品が現在公開中:
https://ftp1.serveur.com/abodeofchaos_singular_architecture.pdf

*L'Obs - 将来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o

www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999 (フォロワー数400万人以上)

https://vimeo.com/124643720

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/2333811/Artprice100.jpg?p=medium600
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/2333812/FRENCHartFUND.jpg?p=medium600
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/2260897/Artmarket_logo.jpg?p=medium600

▽Artmarket.comおよびArtprice部門への問い合わせ:
Thierry Ehrmann
ir@artmarket.com

FRENCHartFUND by INOCAP Gestion
FRENCHartFUND by INOCAP Gestion

 

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved