ACROFAN

Avaada Energyがインド全土での太陽光発電プロジェクトで1400MWp以上を獲得

記事公開日時 : February 15, 2024, 3:22 pm
ACROFAN=PRNasia | hkcs@prnasia.com | SNS

【ムンバイ(インド)2024年2月15日PR Newswire】Avaada Groupの再生可能エネルギー部門における重要事業体であるAvaada Energyは、インドの中央および州政府機関の入札を通じ、このほど約1400MWpの太陽エネルギープロジェクトを獲得したことを発表します。

Avaada Energyはインドの再生可能エネルギーの旅において大きな前進を遂げ、著名な国営機関であるSECI、GUVNL、NTPCの入札で、それぞれ421MW、280MW、700MWの容量を獲得しました。グジャラート州とラジャスタン州で開発が予定されるこれらプロジェクトは、全国に再生可能エネルギーを拡大するというAvaadaのコミットメントを明確に示すものです。

最終的に、これらの機関と締結する電力購入契約(PPA)は25年に及ぶ予定であり、持続可能なエネルギー発電への長期的な取り組みが強調されることになります。SECI、GUVNL、NTPCのプロジェクトは24カ月以内に完了する予定です。

これらの太陽光発電設備は、年間約24億1000万ユニットの再生可能エネルギーを生み出し、インドの農村部172万世帯以上に電力を供給すると見込まれています。この取り組みは炭素排出量の削減に大きく貢献し、インドの気候変動目標に沿って毎年約224万トンの炭素削減が見込まれています。

Avaada GroupVineet Mittal会長は、今回の成果について次のようにコメントしました。「これらの太陽光発電プロジェクトの獲得は、インドの再生可能エネルギー部門におけるAvaada Energyの最有力企業としての役割を浮き彫りにするものです。今回の獲得により、Avaadaのポートフォリオには様々な開発段階にある約6GWのプロジェクトが含まれることになり、約4.1GWが当社の稼働容量に加わります。この大きな節目はAvaadaの業界におけるリーダーシップを強化するだけでなく、インドのグリーンエネルギー目標をサポートする持続可能なエネルギーソリューションへの当社のコミットメントも強化するものです」

Avaada Groupについて

Avaada Groupは、ソーラーモジュールの製造、再生可能エネルギーの発電に加え、グリーン水素、グリーンメタノール、グリーンアンモニア、持続可能な航空燃料のプロジェクトの開発を含むエネルギー転換における最有力企業です。Vineet Mittal氏のリーダーシップの下、同グループは世界的なエネルギー企業に成長しました。グループの再生可能発電部門であるAvaada Energyは、2026年までに11GWという驚異的な設置容量達成を目指しています。Avaadaは、その強固な実行力と実績により国際投資家を引き付けています。2023年初頭には13億米ドルの株式調達が予定されており、その中にはBrookfield Energy Transition Fundからの10億米ドルの投資約束と、タイのPTT Group傘下のGPSCからの3億ドルの投資約束が含まれます。

Avaada Groupとつながりましょう:
*ウェブサイト:https://avaada.com/
*Twitter:@avaadagroup 
*Facebook:@AvaadaGroup
*LinkedIn:@AvaadaGroup

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved