ACROFAN

Omdia主催カンファレンスで新たな見解-2024年ディスプレイ市場の成長を推進するディスプレイ偏光板容量の急増および新興技術の台頭が明らかに

記事公開日時 : March 28, 2024, 8:00 am
ACROFAN=PRNasia | hkcs@prnasia.com | SNS

ロンドン、2024年3月28日 /PRNewswire/ -- オムディア(Omdia)の新しいデータによると、2024年のディスプレイ偏光板の需要は前年比8%の伸びが見込まれており、激しい価格競争と中国メーカーによる多額の投資に後押しされて、売上高は前年比2%増になる見込みです。

「Korea Display Conference Spring 2024」で発表され、Omdiaのディスプレイ・プラクティス主席アナリストであるIrene Heoは、2024年のディスプレイ光学フィルム技術と市場に関する最新情報ついて紹介しました。Heoは以下のようにコメントしました。「市場環境を検討する中で、Omdiaはこの分野を取り巻く不確実性にもかかわらず、偏光板の需要が2024年には2023年を上回る成長が見込まれると予測しています。」偏光板への投資が勢いを増し、生産能力は急速に増加しています。Heoは、中国の設備保有率が2027年までに70%近くに達するとの見通しを示しました。さらに、「激しい価格競争と超幅広生産ラインの導入により、古いラインの閉鎖や再構築が加速するでしょう。」と述べました。

同カンファレンスでは、新たなディスプレイ技術について主要な議論が行われ、その潜在的な影響と市場への影響に光が当てられました。OmdiaのリサーチマネージャーであるJerry Kang氏によると、OLED技術の進歩により、様々なアプリケーションやフォームファクターで、OLEDディスプレイの領域サイズが拡大する顕著な傾向があるとのことです。Kang氏は、「OLEDディスプレイのサイズを増やすことは重要な発展です。」と強調し、その重要性が業界の成長を促進するものであると指摘しました。さらにオムディアは、省電力化、より高い光取出し効率、そして改善されたスケーラビリティを、2024年のOLEDディスプレイを推進する別の重要なトレンドとして挙げていました。

このカンファレンスは、消費者の変化するニーズに応え、ディスプレイ分野の成長を促進するために、イノベーションと戦略的投資が果たす重要な役割を強調しました。OLED、MicroLED、フレキシブルディスプレイなどの新興ディスプレイ技術の台頭により、製造業者は新たな機会を活用し、視覚体験の未来を形作る態勢にあります。

今後のOmdia主催ディスプレイカンファレンスついては、こちらよりお問い合わせください。

オムディア(Omdia)について

Omdiaは、テクノロジー業界に特化した大手調査・アドバイザリーグループである。120を超える国々に顧客を持つOmdiaは、重要な市場データ、分析、アドバイス、カスタムコンサルティングを提供している。より詳しい情報はwww.omdia.com を参照のこと。

メディア関係者問い合わせ:Fasiha Khan、Fasiha.khan@omdia.com



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved