ACROFAN

BOEがSID Display Week 2024に参加、AIを搭載したディスプレイ技術とグリーンプラクティスで話題を集める

記事公開日時 : May 17, 2024, 2:12 pm
ACROFAN=PRNasia | hkcs@prnasia.com | SNS

サンノゼ(カリフォルニア州)、2024年5月17日 /PRNewswire/ -- 5月14日、ディスプレイ業界の「オスカー」と称される権威あるイベントであり、業界の指標ともされる「SID Display Week 2024」が米国サンノゼで幕を開けました。世界の半導体ディスプレイ業界をリードするBOEは、3つのディスプレイ技術ブランド(ADS Pro、f-OLED、α-MLED)による50種類以上のトレンド製品を展示し、グラスレス3Dディスプレイ、ライトフィールドディスプレイ、AIoT、VR/ARなどの最先端技術も紹介しています。また、このディスプレイ大手は、世界的に有名な技術イベントで「全シナリオ対応AIスマートディスプレイ」のコンセプトとソリューションを初めて発表しました。BOEのショーケースは、その技術の先見性と業界のリーダーシップを象徴するだけでなく、中国のディスプレイ産業の世界的な影響力を示すものでもあります。特筆すべきは、BOEがブース内にグリーンゾーンや超低排出ゾーンを設置し、特にグリーン製造、エコ製品と技術、グリーンサプライチェーンの分野において持続可能性のリーダーシップを発揮していることの証となっています。「ディスプレイでIoTを強化する」という戦略のもと、BOEは技術革新とグリーン開発を一貫して追求し、世界のディスプレイ業界を健康的で持続可能かつ高品質な発展へと導いています。

3つのディスプレイ技術ブランドで先導

SID Display Week 2024で、BOEは業界をリードするディスプレイ技術と、3つのディスプレイ技術ブランドが提供する製品を数多く発表し、大きな注目を集めました。展示ゾーンに入ると、訪問者を迎えるのは世界初の110インチ16Kグラスレス3Dディスプレイです。このUHDディスプレイは、超高解像度、複数の視点、広色域カバレッジなどの特長を備えており、ディスプレイ業界の限界を押し広げています。さらに、この製品は広色域カバレッジを持つMini LEDバックライト技術と、自社開発の16Kインターリーブ配列アルゴリズムを採用し、60度の広視野角を実現しています。そのため、この製品は広告、会議、教育など幅広いシナリオに最適です。

BOE初の電動フレキシブルコックピット製品は多くの人々を引きつけています。この製品は、ドライバー側に曲率勾配を持つ17インチの中央ディスプレイと、前席乗客エリアに400mmの曲げ半径を持つ新しい15.05インチの電動折りたたみスクリーンで構成されており、ユーザーは必要に応じて形状を変えることができます。世界的に発売された44.8インチの酸化物スマートコックピットは特に目を引きます。チップオンガラス(COG)MLEDバックライト技術を搭載したこの製品は、100万対1のコントラスト比と2,000ニットのピーク輝度を誇り、高品質な画質と没入感のある視聴体験という消費者のニーズに十分応えます。

さらに、BOEの先駆的なP0.3 Micro LEDは、2,000ニットのピーク輝度、40,000対1のコントラスト比、そして驚異的な110%のNTSC色域カバレッジを誇ります。ベゼルレスのカーブしたスライド式車載プロトタイプは、モジュラー方式を採用してシームレスなスプライシングを実現し、柔軟なスクリーンレイアウトとコンテンツ表示を可能にしています。Mini LEDバックライト技術を搭載したBOEのゲーマー向け16インチUltra-SノートPC用ディスプレイは、2,000対1の前例のない静的コントラスト比と240Hzの超高リフレッシュレートを誇ります。それは、OLEDディスプレイに匹敵する優れた画質で、非常にスムーズなゲーム体験を提供します。最先端技術に関しては、BOEは、一眼あたり4Kの網膜グレードの解像度を備えた画期的な32インチのライトフィールドモニターを披露しました。その印象的なフェイストラッキング機能とアクティブなヒューマンマシンインタラクションシステムは、驚くべき没入型の3Dディスプレイ効果を提供し、訪問者を圧倒します。

フルシナリオのAIスマートディスプレイが新たな起爆剤に

AI技術は産業の高度化に不可欠な触媒となっています。AIを取り入れたBOEは、「全シナリオ対応AIスマートディスプレイ」を先駆け、AI搭載テレビ、PC、スマートフォン、自動車ディスプレイ、AI XRなどのさまざまなシナリオを支援しています。世界的なパートナーと協力し、ウィン・ウィンのAIエコシステムを構築しています。SID Display Week 2024において、BOEは一連の先駆的なAI搭載ディスプレイ技術と製品を発表し、ディスプレイ業界に新たな活力を注入しています。

第3世代UB Cell AIテレビは、BT.2020色域の95%という驚異的なカバレッジ、わずか0.7%の反射率、そして100ルクスの環境照明下でOLEDの2倍以上となる1,400対1の知覚コントラスト比を誇ります。このテレビは、あらゆる視野角から見ても色の変化や褪色がなく、OLEDテレビを超える驚異的な視聴体験を提供します。スマートディスプレイに関しては、初の統合型スクリーン温度センサーとマルチチャンネル光センサーが、パネルと周囲の温度、明るさ、色温度をリアルタイムで多次元的に感知し、アダプティブダイナミックドライブにより、あらゆる環境やシナリオで最適な画質を実現します。LCDのローカルダイナミックリフレッシュディスプレイ技術は、異なるゾーンで1Hzから120Hzの範囲内でのスマートリフレッシュモードをサポートし、ローカルディスプレイやスマート周波数変調といった革新的なシナリオのニーズに応えます。スクリーンの消費電力は15%から50%減少します。さらに、この製品はBOEが独自に開発した「AI TVデジタルアシスタント」音声対話および制御システムを搭載しており、オフライン音声アルゴリズムに基づいています。テレビは、大規模な言語モデルと統合されれば、スマートスピーカーやパーソナルアシスタントとして機能し、他のスマートデバイスと一緒に使用することができるため、スマートホームの頭脳として機能します。

革新的なアプリケーションに加え、BOEは「AI + ディスプレイ」画質強化ソリューションを提供し、ディスプレイ業界に新たなトレンドを設定しています。OLEDディスプレイモジュールの消費電力をさらに削減するために、BOEはハードウェアレベルで省電力なOLEDディスプレイ向けに初のAI支援による画質強化技術を導入しました。AIニューラルネットワークの深い統合により、OLEDディスプレイモジュールはリアルタイムで8K 120Hzの画像処理を実現し、消費電力を20%以上削減できます。これにより、低消費電力と高画質のバランスを見事に達成しています。さらに、BOEは業界初のMLED画質復元技術をディスプレイチップに組み込むことができ、自由なスパイシングをサポートします。この技術は、COG MLEDスプライシングディスプレイ製品に採用されています。

「技術革新+グリーン開発」で先導

IoTイノベーションの世界的リーダーであるBOEは、技術革新とグリーン開発の両方に取り組んでいます。SID Display Week 2024において、BOEはグリーンゾーンや超低排出ゾーンを設置し、グリーン製造、エコ製品と技術、グリーンサプライチェーンにおける主導的役割を紹介しました。ノートPC、モニター、スマートフォンなどの省電力で環境に優しいさまざまな製品が展示されており、これらはBOEが設計、モジュール、パネル、最終製品の各プロセスにグリーンコンセプトを取り入れるという取り組みを体現しています。

BOEは、業界をリードする酸化物技術によって支えられた、世界でもトップクラスの14インチ電力効率に優れたノートPC用ディスプレイを発表しました。第10世代酸化物技術を使用するこの製品は、従来比30%の省電力を実現し、120Hzのリフレッシュレートでもパネルの消費電力はわずか0.7Wです。BOEの23.8インチ「イージー」モニターは、機能統合技術を搭載し、ディスプレイ素材を50%削減し、使用されるガラスの30%はリサイクルガラスです。リサイクル素材は、BOEのハイコントラスト比と低反射を特徴とする高級31.5インチAB MNT LCDモニターや、独自のHSRデュアルモードディスプレイ技術を採用した27.5インチHモニターにも使用されています。これらのモニターのモジュールは53%という高いリサイクル率を誇り、最適な画質を保証しながら環境に優しい製品となっています。さらに、BOEの初の独立ピクセル駆動方式を採用したOLEDディスプレイは、世界初のSDP省電力OLEDディスプレイ技術を採用し、消費電力を5%から6%削減します。同製品はさまざまなシーンに対応し、スマートで低炭素なディスプレイの新たな潮流を作り出します。

スマートなインタラクションを可能にする最先端のディスプレイ技術を展示したほか、BOEはSID Display Week 2024で特別な技術マーケティングキャンペーンを実施しました。このイベントでは、自動車、ヘルスケア、キャンプなどの多様な使用事例や、「パネルデバイスシステム」の統合ソリューションが紹介されました。これは、革新的な技術で新たな業界トレンドを設定するBOEの強みを示すものであり、顧客とのコミュニケーションを強化し、新たな協力分野を開拓するための取り組みの一環でした。

2024年は、BOEの次の30年に向けた新たな旅の始まりを示します。「ディスプレイでIoTを強化する」という戦略を堅持し、BOEはディスプレイ技術とIoTおよびデジタル技術の融合を加速し、「Powered by BOE」イノベーションエコシステムの構築を続け、世界のディスプレイ業界を健康的で持続可能かつ高品質な発展へと導き、スマートライフの新しい未来を形作ります。



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved