ACROFAN

ピエール ファーブル ラボラトリーズ、希少がん患者向けの初の同種異系免疫療法「EBVALLO®」でガリアン国際賞を受賞

記事公開日時 : June 22, 2024, 2:53 am
ACROFAN=PRNasia | hkcs@prnasia.com | SNS

フランス、カストル, 2024年6月21日 /PRNewswire/ -- ピエール ファーブル ラボラトリーズは、「EBVALLO®(タベレクルセル)」のために、「希少/オーファン病の最優秀製品」カテゴリーで「ガリアン国際賞」を受賞しました。これは、エプスタイン・バールウイルス陽性の移植後リンパ増殖性疾患(EBV+ PTLD)患者の治療において、少なくとも1つの前治療を受けた患者向けの単剤療法として示されています。 

同じ式典で、EBVALLO®は「ガリアン」イタリア賞を先進療法医薬品カテゴリーで受賞しました。これら二つの顕著な表彰は、2023年12月の「ガリアンフランス賞」の授与に続きます。

「ガリアン国際賞」は、科学的厳格性、卓越性、そして革新の象徴として、独立した専門家委員会による評価を経て、一般に利用可能な顕著な最近の健康革新を表彰します。今日、この賞は15カ国に存在し、その評判と影響力は医療分野で最も権威ある区別とされています。この賞を通じて、陪審はEBVALLO®の革新的な製造プロセスと作用機序を称えています。それは、特に予後が不良で、著しい疾病負担と死亡率をもたらす希少疾患の場合において、50%以上のケースで迅速かつ持続的な臨床結果を提供します。

この賞は、オンコロジーというピエール ファーブル ラボラトリーズの優先的な開発分野における革新能力と、アタラ・バイオセラピューティクス(ATARA)などのアメリカのバイオテック企業との成功した共同作業を設立する能力を強調しています。2023年12月には、EBVALLO®の開発、製造、および世界中での商業化権利に関するグローバル協定が締結されました。EBVALLO®は2022年12月に欧州医薬品庁(EMA)によって承認され、現在、この有望な新治療法はドイツとオーストリアで市場に出されています。欧州では、2023年7月以降、EBVALLO®は早期アクセスプログラムの一環として患者に提供されています。

「この賞を受賞できたことを非常に誇りに思います。この賞は、これまで大きな未充足ニーズがあった、非常に予後が不良な希少がん患者のためにEBVALLO®が表す大きな治療進展の認識です。このがんは、毎年世界中で数百人に影響を与えており、私たちの使命に完璧に共鳴しています。私たちは一人の人をケアするたびに、世界全体をより良くしています。」とピエール ファーブル ラボラトリーズのCEO、エリック・デュクルノーは述べました。

お問い合わせ先:ローレンス・マーシャル、laurence.marchal@pierre-fabre.com

generated by system

generated by system

 

From the left : Núria Perez-Cullell, Director of Medical, Patient, and Consumer Affairs at Pierre Fabre Laboratories, Clémentine Sergeant, Cell Therapy Corporate Lead, Pr. Pier Luigi Canonico, Chair of the Prix Galien Italy and Prix Galien International Awards Committee,
From the left : Núria Perez-Cullell, Director of Medical, Patient, and Consumer Affairs at Pierre Fabre Laboratories, Clémentine Sergeant, Cell Therapy Corporate Lead, Pr. Pier Luigi Canonico, Chair of the Prix Galien Italy and Prix Galien International Awards Committee,

Pierre Fabre Logo



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved