ACROFAN

Boeing国内LCC市場分析及び展望記者懇談会

記事公開日時 : April 9, 2017, 3:51 am
ACROFAN=金 炯根 | hyungkeun.kim@acrofan.com | SNS
7日午後、ソウル市永登浦区に位置したコンラッドホテルではBoeingのLCC(Low Cost Carrier・格安航空会社)市場分析及び展望記者懇談会が開催された。

この行事は地道な成長を見せている国内LCC市場に対する分析および今後の長期的な持続成長についての展望を共有するために準備されBoeingのDarren Hulst商用機東北アジア地域マーケティング総括が発表者を務めた。

同日の記者懇談会を通じて航空事業の環境がどのように造成されているかどうかや格安航空会社のトレンド、そして韓国市場の状況などに関する話が紹介された。

 
▲BoeingのLCC市場分析及び展望記者懇談会が開催された。

 
▲BoeingのDarren Hulst商用機東北アジア地域マーケティング総括が発表者を務めた。

Hulstマーケティング総括の発表によると、航空市場の成長率はGDP成長率と関係が高いが最近二つの間の間隔が少しずつ隔たる最中である。その理由はLCCが運賃を下げて、この低い運賃が開発途上国の中産層の旅行への欲求を刺激し油価下落基調が続きながら航空会社がより多くの収益を創出してその収益の一部で運賃を下げることとして提供しているからだ。

つまり航空市場がより成長できるきっかけにはLCCが大きな役割を担当しておりほぼ全大陸で事業を展開していると言ってもいいほど広がっている。特に今のLCCたちの輸送能力は2005年から2016年まで毎年平均11%ずつ上昇し全体航空座席数の30%を占めるほど成長したという。

地域別には北米や欧州、そしてアジア太平洋地域がLCCの主力市場に、それぞれの航空市場でLCCが占めている割合はグローバル平均値に近接する26%と29%、33%を記録している。特に東南アジア地域では全体座席数の50%を該当地域を運航するLCCたちが占めているほど重要な位置を占めている。

ただ北東アジアと中国の場合、それぞれ3%と8%とグローバルの平均値に大きく及ばない水準を見せているが、Hulstマーケティング総括はこれに対して「現在シェアが少ないというのはその分今後の成長潜在力が大きいということを意味する。」と説明した。引き続き「LCCの成長は市場が成熟した北米地域は大きくない一方、欧州とアジア太平洋地域の場合、着実に成長傾向が続いている状況であり東南アジアと東北アジア地域全部20%以上の成長傾向を見せてくれている。」と述べた。

LCCが収益を創出できる背景には成長する市場を中心にとても合理的な価格で旅行することを望む旅行客の数が多いという点と、資産活用度の面で効率的で座席あたりの費用を低く維持しながら高い成長傾向を維持する高効率ビジネスモデルを選ぶことができるという点がある。このように座席あたりの費用が低いという点はそのほど運賃を低く維持しつつ利用客の需要を刺激する原動力となるからだ。

つまり座席あたりの費用を下げて運賃を低く維持し顧客の旅行需要を刺激して従来の大型航空会社が対処できなかった需要に対応できるという長所に支えられLCCは平均を上回る成長振りを見せながらビジネスモデルを維持できるようになることだ。それぞれのネットワーク構造とビジネスモデルは違うだろうがLCCの単価は大手航空会社に比べ20~40%低い状況だ。

 
▲航空市場の成長率とGDP成長率の間隔が徐々に広げられている。

 
▲LCCはほぼ全大陸で事業を展開している。

 
▲LCCの輸送能力は毎年平均11%ずつ上昇し全体航空座席数の30%を占めるほど成長した。

 
▲北米や欧州、そしてアジア太平洋地域がLCCの主要市場として定着している。

 
▲LCCのビジネスモデルも早いテンポで発展している。

続いて韓国の航空市場及びLCCに対する分析が続いた。

韓国の航空市場は2006年から2010年まで平均3%の成長を見せたのとは違って2013年以降は9%の成長を記録した。この時期がまさに韓国市場でLCCの成長振りが目立った時期で、輸送能力の面で2010年以降LCCは平均20%の成長を見せてくれた反面、既存の大手航空会社は2%の成長に止まっている。また2016年の飛行座席数のうち33%をLCCが占めたりもした。

特に最近LCCの成長振りが目立った理由は多数のLCC航空会社が国際線に積極的に進出したという点にある。2015年と2017年6月を基準に比較したとき韓国の輸送は3%増加に止まったが国際線は日本、東南アジア、太平洋諸島諸国などに行く路線に支えられ多くの成長を見せてくれている。

ただ唯一成長が減少した地域は中国で、これに対してHulstマーケティング総括は「中国を往来する国際線路線の減少には政治的な要因が作用したものとみられる。」と分析した。

また国内航空会社保有の航空機数の増加においてLCCの比重が絶対的であり昨年比33%の成長を記録した。

 
▲韓国の航空市場は2013年以降に9%の成長を見せてくれた。

 
▲韓国のLCCは輸送能力で2010年以降平均20%の成長を見せてくれた。

 
▲LCCの成長の勢いは国際線の増加と関連がある。

 
▲航空会社保有の航空機数の増加においてLCCの比重は絶対的だ。

最後の手順ではLCC用に進める航空機であるBoeing737シリーズの特徴が紹介された。

まずBoeing737 NG(Next Generation)シリーズ系のBoeing737-800航空機についてライバル社のA320モデルに比べ輸送力が高く、これは結局旅客収入が高くて座席あたりの費用も低いことを意味すると明らかにした。また航続距離が長くてより遠い地域の路線にも対応ができ、機体の信頼性が高くて効率的に運用できるとして紹介した。

さらに次世代Boeing737航空機のBoeing737 MAX系について従来のBoeing737機種の航空機と比較した時、信頼性や収益創出の面では似たような性能を見せながらも排気ガスを14%少なめに排出し40%ほどもっと静かで飛行距離は1,000kmを飛べることができると強調した。

発表を終えながらHulstマーケティング総括は「全世界の航空市場はLCCの急激な成長に支えられて強固な状況を続けており、これは韓国市場も同様だ。しかしまだLCCは成長の初期段階であり開発途上国中心としてより機会が多いのであるほどLCCがビジネスモデルをより効率化して成長傾向を維持できるよう努力しなければならないだろう。」と述べた。

 
▲Boeing737系の航空機が国際線の比重が高まる韓国市場に最適モデルだと紹介した。

 
▲Boeing737 MAXは排気ガスと騒音、そして飛行距離でより発展された機種だ。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved