ACROFAN

Intel 5G技術メディアブリーフィングセッション - ネットワークインフラストラクチャ

記事公開日時 : July 31, 2017, 11:56 pm
ACROFAN=金 炯根 | hyungkeun.kim@acrofan.com | SNS
Intelは6月8日、ソウル市汝矣島のIntel Koreaオフィスで5G技術の実装に活用されているIntelの主要な技術者を紹介するメディアブリーフィングセッションを行った。今回のセッションでは、ネットワークに接続されているさまざまなデバイスとユーザー、サービスの要求に柔軟に対応することができますが、ソフトウェア定義ベースのネットワークインフラストラクチャを構成する主要な技術とIntelの役割について紹介された。

現在の標準制定の議論が進められている5Gは、2019年から本格的な商用化の旅が進むものと期待されており、様々な新しい形の活用と生活を大きく変えることができる変化に期待されている。特に、これまでの無線ネットワークが「接続」に重点を合わせて発展してきたら、5Gに達する遅延時間の改善などの変化とともに、ネットワークだけでなく、コンピューティング、クラウドと一緒に動きながら変化を導いていくことになると期待されている。

新たに台頭しているIoTと自律走行車、スマート病院や工場などのアプリケーションでは、デバイスの数と作成されたデータの量の両方爆発的に増える様子であり、5Gはこれらのデータを活用した新たな洞察力と効率性などを提供することができと期待される。しかし、人口の数を大幅に超えた機器間の接続では、ネットワークは、多くのデバイスの接続を効率的に消化してさまざまなサービスに合わせた性質を柔軟に提供し、このようなインフラ構築を効率的にするなどの課題にあり、ソフトウェアベースのインフラへの移行は現在の重要な部分として認識されていると紹介された。

 
▲Intelネットワークプラットフォームグループのホン・ヒソク部長

Intelのホン・ヒソク部長はこの席で、5Gを代弁するキーワードとして現在よりもはるかに高い伝送帯域幅を象徴する「ビッグパイプ」と、大規模な接続性、超低遅延などを挙げた。そして、このような特徴を提供するためのインフラ構築においては既存の方法論をそのまま使用してはなら真正面容易ではないものであり、このような特徴に対応するため、SDN、NFVなどで代表されるインフラ構築の方法論の変化はすでに数年前から議論され、5Gをきっかけにさらに加速するものと予想した。

5Gネットワークを使用するアプリケーションは、今よりさらに多様になり、ネットワークの要件もアプリケーションによって大きく異なってくる。そして、通信事業者がこのような多様なニーズに効率的に対応するための方法としては、「ネットワークスライシング」が挙げられたが、これは、ネットワークを活用するアプリケーションの特徴に応じて、必要な要素をソフトウェアと仮想化ベースに必要な場所に簡単に配置、構成できるようにして、既存の定型化されたデザインではなく、必要なインフラストラクチャの構成を任意の場所に配置し、スライスで囲んで構成することができると説明した。

例えば、自律走行などには低遅延と「リアルタイム」反応性などが要求され、インフラストラクチャの構成がエンドポイントの近くに前進配置されていることが有利である。しかし、ビデオストリーミングなどの場合には、インフラストラクチャの構成を前進配置する必要がなく、インフラストラクチャの構成の前進配置は、コスト負担も接続されている問題がある。このとき、ネットワークスライシングは、アプリケーションごとにネットワークを区分し、それに応じてソフトウェアに基づいて、最適な位置に必要なコンポーネントを配置することができるよう支援する。

 
▲インフラ関連のビルディングブロックとしては、大きく3つの程度のタイプが選ばれた

 
▲Intelアーキテクチャは、SDNとNFVの実装において、全体的に活用することができる

Intelは、5Gネットワークの実装において、基本的な無線アクセス技術からコアネットワークに至るまで、インフラストラクチャ全体の技術を提供していると紹介した。そして、このうち「インフラ」レベルの技術では、Intelアーキテクチャ・ベースのリファレンスビルディングブロック構成要素と一緒にユーザーに近いところのリソースを配置できるようにする「モバイルエッジ・コンピューティング(Mobile Edge Computing)」、シングルボックスに仮想化に基づいて基地局レベルを実装する「ネットワークインボックス(Network in a box)」などが紹介された。

このうち「ネットワークインボックス」はFlexRANとFlexCOREをした箱に統合構成、拡張可能で柔軟な仮想化基盤のベースバンドリファレンスアーキテクチャをゼオンとアトムベースのプラットフォームで提供している。また、低遅延が要求されるアプリケーションのための「モバイルエッジ・コンピューティング」は、Xeonプロセッサとプラットフォームベースでの仮想化、セキュリティ、アプリケーションと管理関連機能を活用し、IntelはそのためのSDKとライブラリなどをサポートしていると付け加えた。

通信インフラの構築にあり、Intelのアーキテクチャは、ネットワークインフラストラクチャに高い柔軟性と効率性を提供することができると紹介された。特にエッジとコアネットワーク領域にあり、Intel・アーキテクチャは、さまざまなネットワークのIPとの組み合わせで、柔軟でありながら、高い性能を備えたSDNとNFV環境を実装することができると説明した。そしてNFVとSDN環境は、現在5Gがなくても普遍的とされる段階に達しており、お客様に既存の固定機能装備を通じたもの以上のサービスを迅速かつ柔軟に提供し、これにより、新たな収益を生み出すことができる機会を提供していしていると紹介した。

 
▲エッジからクラウドまで単一のアーキテクチャをベースに、ネットワークサービスのモビリティまで備えることになる

これと共に、SDNとNFVが提供する利点としては、サービスを迅速に紹介する敏捷性の側面が選ばれた。従来は、新しいサービスのためのインフラ構築のために機器を注文してカスタマイズさの設定、最適化などを経て提供するまで数ヶ月かかったが、SDNとNFVはこれを標準のインフラ基盤のソフトウェアの配布だけでできるようにする。また、既存の様々な異種ハードウェア構成での管理性などの問題も標準的なハードウェアベースの仮想化環境では柔軟な活用と迅速な資源配置などが可能で運用効率を向上させることができると付け加えた。

「モバイルエッジ・コンピューティング」の配置はRANの運用コストを下げ、新しいサービスを迅速に配置することができるようにして事業者に新たなビジネスチャンスを提供することができる。そしてこれと共に、クラウドRANは、既存のRAN構成を代替して多く1,000個のセルを統合管理することができるようにし、いきなりのトラフィックが増える場合も柔軟な対応が可能であると説明した。この他にも「Ultra Dense Network」では、仮想化を活用したハードウェア効率の向上が期待できると付け加えた。

そしてIntelはネットワークエッジからコア、クラウドに至るまですべての領域をIntelアーキテクチャ・ベースの標準的なハードウェアと仮想化環境に基づいて柔軟に構成、活用できるようにすることをビジョンとして提示し、このような方向は、事業者が追求する方向でもあると強調した。そして、これをスムーズにサポートするためにIntelはパケット処理加速のためのDPDK、AES-NIなどの技術とFPGAを活用したアクセラレータなどを提示しており、リソースディレクターなどのプラットフォームの最適化、継続的なプラットフォームでのI / O、メモリ、ネットワーク、仮想化関連の機能強化を提供していると付け加えた。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved