ACROFAN

Boeingグローバル航空市場展望記者懇談会

記事入力 : December 22, 2017, 5:16 pm
ACROFAN=柳 在庸 | jaeyong.ryu@acrofan.com | SNS
Boeingは16日、同社韓国支社の社屋でグローバル航空市場の展望記者懇談会を開催し、韓国での低費用航空市場の急成長に支えられ、北東アジアの交通量が今後20年間で年2.2%ずつ成長すると見通した。

Randy Tinseth Boeing商用機のマーケティング副社長は、韓国の低費用航空会社の国内市場シェア率は50%以上でこれは北東アジア地域で最も高い水準だと明らかにした。

Tinseth副社長は北東アジア地域のBoeingの今後20年の展望を発表する席で「韓国の低費用航空会社の急成長により2010年から韓国を行き来する年間旅行者の数は2倍に急増しており、継続して記録を更新してている」と、「中産階級の復興と新たな目的地への増便された航空券に支えられ、今後20年間の旅行者の数は継続的に増加するだろう」と述べた。

 
▲北東アジア市場の今後20年間の成長を発表しているRandy Tinseth Boeing商用機のマーケティング副社長

Boeingは北東アジア地域の航空会社は、2017年から2036年の間に1,470機、金額的には米貨3,200億ドル以上に達する新型商用機が必要になると予想した。これを基に2036年には総1,510機の航空機が運航される見通しだ。

これらの航空機の半分ほどである約620台は787と777のような広東型(widebody)モデルで、660台は737MAXのような協同型(narrow-body)モデルが占めるもとと予想された。

Tinseth副社長は北東アジア地域内の大規模ネットワーク航空会社が力動的な市場のニーズに合わせて運営航空機編成を再構成すると見通した。

Tinseth副社長はまた、「過去20年間、域内の大規模ネットワーク航空会社は当たりの座席数を20%を減らす代わりに運航回数と目的地の数を増やす変化を選択した」と、「このような変化はBoeing 787のような効率的な新規広東型航空機が市場を拡大し、顧客を新しい目的地に案内することに寄与していることを傍証する」と述べた。

こういう航空市場の変化に積極的に対応している大韓航空は今年初めに最初の787ドリームライナーを引渡されて2017年末までに注文した10台の787のうち5台を運営する予定である。

 
▲グローバルトレンドはLCCと需要や技術革新に応じて増加される航空需要がリードしている。

 
▲過去20年間の世界経済成長以上に航空分野は成長を続けてきた。

 
▲Boeingは航空機の販売のほか、維持補修の面の事業も堅調に成長させてきた。

全世界の航空貨物量は前年比8%が増加し、国内の航空貨物市場の収益性が反発した。国内では大韓航空とアシアナ航空貨物量が今年の第2四半期にそれぞれ12%、15%増加した。Boeingは今後20年の間に米貨500億ドル相当の中大型貨物機130台が導入されると予想した。

Tinseth副社長は、「航空貨物市場は2010年の全世界金融危機の以降、最も成功した前半期の実績を達成した」と、「大韓航空とアシアナ航空を含むアジア地域の航空会社を中心に今年のすべての地域で成長を記録している。現在の航空会社から運用するBoeing747-8Fと777Fのようなより効率的な新型貨物機は今後の航空貨物市場に大きく貢献するだろう」と述べた。

Boeingは今後20年間、新型航空機の4万1,030台の引渡しのために全世界の航空会社で米貨6兆1,000億ドルを投資すると見通した。これと関連した詳しい展望資料はBoeingドットコムのウェブページで確認することができる。

 
▲Boeingは単一通路型の小型機から広東軸大型機まで検証された民間航空機のラインナップを備えている。

 
▲787-10試験機は14時間の連続滞空試験の当時、航空機モデルを実際運航に描いて有名になった。

 
▲今まで月に12台ほど生産していた787が、来る2019年からは14台ずつ生産される。技術革新の開架。

Q1。(Acrofan)明日の17日からADEX 2017が開幕される。今日はTway航空のIPO主幹事発表もある。これに加え今までの国内LCC企業が規模を拡張する傾向も強まっている。このような流れの中で先週エアバスはA330neoを出場させてショーケースをすると予告した。Boeingでの対応計画は何だろうか?

(Randy Tinseth)BoeingもADEX 2017に参加する。現場にシミュレータを設置して787飛行機会を提供する予定である。エアーショーの現場では商用と軍用の両方を網羅するアプローチを取る計画である。前もってエアバスからA330neo航空機を打ち出したことはよかったと思っている。彼らは切迫に注文受けている状況であるのだからだ。これは笑い話でもあるが。マーケットを見るとLCCの成果がとても良かった。その次の段階は何だろうか?先の事例を見ればLCCはより長距離を運航することを目指す。全世界的に他のLCCを見ると、787機種を運航するスクープ、ジェットスターなどが既に事業を展開している。長期的にLCCがこの機種を志向するものとみなしている。

Q2。仁川空港の2ターミナルオープンで長距離路線と関連しワイドボディ機種を耐える運航スロットが増えることに対する期待感が大きい。Boeingではどれくらいほど2ターミナルオープンが航空機の需要増加に寄与すると思っているか?

(Randy Tinseth)基本的に組織には長期的な成長計画が非常に重要であると考えている。仁川空港の長期成長の一つの段階が2ターミナルオープンになるだろう。これはソウルに基づく顧客に長期的に優れたサービスを提供し、韓国を行き来する貨物輸送性も高めてくれる。当然新しいターミナルが開きばがら市場自体がより拡張されてよいサービスが提供されるだろう。これにより結局は韓国を行き来するすべての航空会社にもっと多くのチャンスが提供されることになると思われる。単に韓国のLCCとネットワークにのみ寄与するのではなく、韓国を行き来するすべての企業に助けになるだろう。

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved