ACROFAN

CSPの94%が5G導入でクラウドRANを使用する計画

記事公開日時 : December 26, 2017, 5:39 pm
ACROFAN=金 炯根 | hyungkeun.kim@acrofan.com | SNS
通信サービスプロバイダーのためのソフトウエアネットワーク変革の加速とネットワーク経済のあり方の変革に傾注しているマベニールは、新しい世界的調査「5G通信事業者調査」の結果を発表します。この調査は2017年11月に、ヘビー・リーディングが完了したばかりのもので、世界中の大手通信サービスプロバイダー(CSP)50社以上の5G開発/導入計画について、重要な新知見を明らかにしています。

注目点の1例として、計94%と圧倒的多数のCSPが自社の5Gネットワークに、クラウドRANアーキテクチャーを部分的ないし全面的に導入する意向であると回答しました。ヘビー・リーディングの主任アナリストのガブリエル・ブラウン氏は、「当社の調査から、5G導入のためのアーキテクチャーとして、クラウドRANが強く支持されていることが分かりました。回答は、通信事業者が高度な4G/5Gネットワークを導入している中で、クラウドRANが広く採用されていくことを示しています」と指摘しています。

さらに、高度な4Gを基盤とする5G戦略という点で、5Gは革命的というより進化的だとの見方が支配的でした。

近い将来にはデータ多用型の多数の使用事例が予想されており、本報告書のその他の重要な調査結果からは、CSPがこれらの使用事例に対応できるよう、SDN(ソフトウエアディファインドネットワーク)を導入する意向であることが分かりました。個々のSDN戦略は大きく異なりますが、5Gネットワーク構築で成功するには、クラウドベースのアーキテクチャー上に構築するネットワークスライシング/エッジコンピューティングプラットフォームが不可欠であると、回答者は広く認識していました。

マベニールのクラウドRANは、仮想化をネットワークエッジまで拡張し、現在の専有的ソリューションで必要な帯域幅の10分の1で、イーサネットフロントホール(FH)を介して、リモートラジオユニット(RRU)を仮想化クラウドベースバンドユニット(vBBU)と連動できるようにし、戦略的差別化を実現しています。クラウドRANはこれまで除外されていたフロントホールソリューションを使用し、COTSプロセッサー上でラジオインターフェースを処理することに道を開くものであり、すべてがTCOに大きな影響を与えます。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved