ACROFAN

Avaya Korea 2018ビジネスビジョン及び戦略関連記者懇談会

記事入力 : April 8, 2018, 1:11 pm
ACROFAN=柳 在庸 | jaeyong.ryu@acrofan.com | SNS
Avaya(代表取締役ヤン・スンハ)は12月21日江南区駅三洞に位置したAvaya Koreaの本社で記者懇談会を開き、次世代通信ソリューションをリードする企業としての地位を強化するための将来ビジネスのビジョンと戦略を明らかにした。

ヤン・スンハ代表取締役は挨拶として「Avaya Koreaは今後通合コミュニケーション、顧客経験管理、クラウド事業部門を中心に継続的に最新技術とソリューションを提供することで最終的にはヘルスケア、リテール、公共安全、金融サービスなどの様々な産業領域別の顧客に合わせたソリューションを提供していく方針だ」と説明した。

 
▲Avaya Koreaのヤン・スンハ代表取締役は4月以降の主な変化を直接説明した。

Avaya Koreaのヤン・スンハ代表取締役は、「Avaya米国本社は15日に成功的な資本構造の改善で1年も満ちなくチャプター11を終え、新しい取締役会と経営陣と一緒にニューヨーク証券取引所の上場を準備している」と述べた。
Avaya米国本社は構造調整開始時期に対する負債は約30億ドルを削減させて、貸借対照表上の3億ドルの現金額を記録、年間キャッシュフローは2016年の会計年度に比べて約3億ドルを改善したと明らかにした。また、公開上場時に約1億1千万注の発行株式を保有することを予想していると展望した

ヤン・スンハ代表取締役は、「チャプター11終了、公開上場企業への転換などの新たに跳躍する契機を用意したAvayaはソフトウェアサービスクラウドソリューション分野のリーダーとして、コンタクトセンターや通合コミュニケーション市場の先取りを継続的に強化していくつもりだ」と、「顧客の成功的なデジタルトランスフォーメーションの実現を支援するパートナー社の役割を忠実にする」と述べた。

 
▲AvayaはCC、UC分野をコアビジネスモデルに設定し、すべての力量とビジョンを集中する。

 
▲Avayaブリーズプラットフォームは通常的な開発の提供を超え、開発会社間の交流とコラボレーションを図る。

 
▲2018年3月中、Avaya Koreaは大規模な顧客対象のイベントを予告した。

この日の懇談会でAvaya Koreaはビジネスコミュニケーションの様相が徐々に進化していると説明した。今後はオムニチャネルを越えてAI(Artificial Intelligence、人工知能)を通じてリアルタイムの文脈ベース(Contextual)分析が可能な自動化されたチャンネルが商用化されるという分析だ。

こういうトレンドに合わせてAvayaはクラウド、IoT、AIなどの最新技術を活用したオープンプラットフォームをベースに顧客、コンサルタント、専門家はもちろんチャンネル、アナリティックス、ボット(bot)などを統合的に繋ぐ次世代ソリューションモデルを提示するという計画である。

コンタクトセンターの運営効率とサービスの満足度を高めるために貢献する様々なコンタクトセンターソリューションも紹介した。代表的にボット(bot)ベースの会話型セルフサービス、ビッグデータを通じた最適の相談員をマッチングしてくれるスマートルーティング(Smart Routing)技術、効率的な相談のために答えを推薦してくれる相談員のサポート機能、音声特徴認識を通じたQA自動化サポートと模範相談事例分析技術などがある。

一方、Avayaは顧客を中心に生態系構築、人を中心に構造体設計、パートナーを中心に事業を行うなど、3つのテーマの下で自社のプラットフォームを3大構造に再編した。Avayaの顧客が顧客に設定した対象の旅管理までできるAvayaのプラットフォームとして「オシアナ」が浮き彫りにされる。エンドポイントで製品の側面を包括する役割をする。ブロックチェーン、モノインターネットなどと連動してコミュニケーションを新たに高度化するプラットフォームとしては「エキノックス」が出る。「ブリーズ」は開発することができるオープンAPI、SDKなどを集めたプラットフォームで迅速な開発と独自のマーケットプレイスを通じて開発された技術の共有と高度化を耕す役割をする。

 
▲ジャクリーン・ウォン総括マーケティングディレクターは「Emirates NBD」の銀行アプリを直接試演しAvayaの最新のサービスの現在を見せた。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved