ACROFAN

CleverTapの新しいRecommendation Engineでコンテクスチュアル・レコメンデーションが数分で可能に

記事公開日時 : March 28, 2019, 7:42 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【サンフランシスコ2019年3月28日PR Newswire=共同通信JBN】

*新しい機能は独自のデータサイエンス・モデルを活用し、進化する消費パターンに基づく実用的なサジェスチョンを提供する

モバイルマーケティング自動化プラットフォームのCleverTapは28日、新製品Recommendation Engine(レコメンデーション・エンジン)のリリースを発表した。これは、コンバージョンを最大70%推進することが実証されているタイムリーで関連性のあるコンテンツによって顧客にリーチするデータサイエンス駆動型の方法を提供する(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2415377-1&h=1894680971&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D2415377-1%26h%3D2770250942%26u%3Dhttps%253A%252F%252Fwww.emarketer.com%252Fcontent%252Fthe-impact-of-product-recommendations%26a%3D1&a=1 )。これは、急拡大するCleverTapの顧客ライフサイクル管理能力のリストに加わる最新の機能である。

この新機能によって、グロースチームはこれまで個別の活動だったエンゲージメント戦術を統合することができる。例えば、顧客がカートに何かを追加した場合、マーケターは、頻繁に検索され、一緒に購入されているハイマージンの商品をレコメンデーションする単一の自動インアプリ・メッセージを送信することができる。

グロースチームはプッシュ、インアプリ、ウェブフック、SMS、アプリ・インボックスなどを通じたレコメンデーションによって顧客をターゲットにできる。CleverTapのRecommendation Engineの主要な利点は以下の通り。

*数カ月ではなく数分でレコメンデーションを設定:CleverTapのRecommendation Engineは数カ月ではなく数分で設定可能で、開発チームの支援を必要としない。Recommendation Engineはマーケター向けに設計されており、レコメンデーションを開発しテストする専門知識は必要ない。

*コンテクストに集中:レコメンデーションは購買サイクルにおけるユーザーの段階に沿ってリアルタイムで変化する。ユーザーは閲覧、商品選び、さらにはチェックアウト段階でも異なるレコメンデーションを目にすることになる。例えば、シューズを探していれば、閲覧中に異なるブランドのシューズを見ることになる。商品選びの段階で、ユーザーは選択したブランドのさまざまなタイプのシューズを見るし、チェックアウト段階では、シューズバッグあるいはシューズのクリーニングキットなどのレコメンデーションを見ることになる。

*平均注文額を増加:購買行動、購入パターン、使用傾向に基づく関連性のある1:1レコメンデーションは、レコメンデーションがなければ顧客が見逃す可能性がある製品の注文額を増加させる。

*製品発見を最適化:CleverTapはデータサイエンスを使用して、顧客が関心を持つような新製品をレコメンデーションし、これによって関心の低い商品を顧客に注目させ、製品販売に割り振る。

*オムニチャンネル・オーケストレーションによってつなぎ留めを向上:顧客フィールドを使用して、ビデオ、イメージ、ディープないしは外部リンクなどのリッチメディアを含むマーケティング・コミュニケーションをパーソナライズし、レコメンデーションをよりインタラクティブかつ関連性があるものにし、長期のつなぎ留めを増加させる。

*使用に影響を与え習慣を確立:関連性のあるレコメンデーションは、もう1本のビデオを鑑賞する、もう1つの商品を購入する、もう1つの記事を読むなど、顧客に次の最善の行動を取る気にさせることによって、顧客がより多くを求めて戻ってくるようにする。

CleverTapのスニル・トーマス最高経営責任者(CEO)は「グロースチームおよびリテンションチームは、企業成長に長期的な影響を与える関連性のある体験を提供することに努力している。データサイエンス駆動型レコメンデーションをマーケティング・キャンペーンに直接組み込むことによって、われわれの顧客は消費者のインタラクションをパーソナライズすることができる。これは最終的に、売上高とブランドロイヤルティーを向上させることになる」と語った。

▽CleverTapについて

CleverTapは、消費者ブランドがユーザーを生涯つなぎ留めて置けるよう支援している。グロースチームはCleverTapのオートメーション、AI/ML、パーソナライゼーション能力を利用し、すべてのタッチポイントで最も一貫性のある体験を提供することによって顧客のライフサイクルを管理、向上させる。統合データプラットフォーム、自動セグメンテーションおよびインサイト、オムニチャネル・エンゲージメントを独自に組み合わせることによって、CleverTapはブランドがリアルタイムかつ大規模に顧客体験を最適化することを可能にする。

ボーダフォン、SonyLiv、ドミノピザ、DC Comics、Go-Jek、Cleartrip、BookMyShow、DealsPlusなど8000を超えるグローバルなアプリ、ウェブサイトがCleverTapを信頼し、より高いユーザーの生涯価値をもたらす体験を生み出している。さまざまな規模の企業がいかにして、より意味のある顧客関係を構築しているかを確認するには、当社カスタマーページ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2415377-1&h=3774988186&u=https%3A%2F%2Fclevertap.com%2Fcustomers%2F%3Futm_source%3Dpr%26utm_medium%3Dref%26utm_campaign%3Dproductreco&a=customers+page )を参照。

CleverTapは、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、ムンバイ、ベンガルールから運営されている。CleverTapは、Accel、Sequoiaなどの大手ベンチャーキャピタルから支援を受けている。詳細については、https://www.clevertap.com にアクセスするか、LinkedIn(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2415377-1&h=442473424&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fclevertap%2F&a=LinkedIn )、Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2415377-1&h=1562210360&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fclevertap&a=Twitter )でフォローを。

▽報道関係問い合わせ先

Ketan Pandit

PR for CleverTap

ketan@clevertap.com

ソース:CleverTap

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/559274/CleverTap_Logo.jpg

Related Links :

https://www.clevertap.com



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved