ACROFAN

チョ・ムンオク常務、「汎現代家ブロックチェーン企業Hdac、漢江の奇跡に続き4次産業革命でも産業報国リードする」

現代重工業など汎現代家企業とブロックチェーン商用化の足場作り...今年中ブロックチェーンベース簡単決済サービスを発表予告「ブロックチェーン市場はヘゲモニーの戦いになる...業界でリードの位置射手のためには制度的支援伴うべき」
記事公開日時 : April 25, 2019, 12:06 pm
ACROFAN=Bora Kim | bora.kim@acrofan.com | SNS
ブロックチェーンが第4次産業革命を導いていく核心技術として挙げられて長い時間が流れたが、まだ韓国内ではブロックチェーン技術に対して相反する見解が対立している。サムスン、カカオ、SKTなどの大企業はすでにブロックチェーンの専門組織を組んで独自的なビジネスモデルを発表するなど積極的な動きを見せているが、まだ政府からの奨励政策設けは不十分状態である。

このような国内状況をかき分け、一番最初にブロックチェーン業界にグローバルプレーヤーとして進出した地元企業がある。汎現代家3世のチョン・デソン現代BS&C社長は過去2016年12月、ピンテック企業である現代ペイ(HYUNDAI PAY)を設立し、翌年10月にはスイスのクリプトバリーにブロックチェーン技術企業Hdac Technology(以下Hdac)を設立してITトレンドにいち早く対応している。

2018年5月、メインネットを公開したHdacは簡単決済サービスやスマートホームのように一般ユーザーが簡単に使用できるブロックチェーンベースB2CサービスからIoT、AI、ピンテック、ビッグデータなどの革新技術との融合を通じて産業現場に革新をもたらす企業用ブロックチェーンソリューションまで、商用化を優先した技術開発戦略に基づいて市場や産業のあちこちに染み込むことができるブロックチェーン技術企業を標榜する。

Hdacは3月の記者懇談会を通じてブロックチェーンベース簡単決済サービスとP2P資産取引サービス開始計画を明らかにした。また、Hdacエンタープライズブロックチェーンソリューションはスマートホームなど建設・不動産分野、電子契約・購買、生産履歴管理などの製造業分野、会員ポイントと送金などの金融・流通分野まで様々な分野に渡って適用できるものと紹介された。

このように多方面に渡ってブロックチェーン革新の風を吹き込み始めたHdacで操舵手の役割を担っている戦略・技術総括のチョ・ムンオク(趙文沃)常務(CTO兼CSO)が本紙とのインタビューを通じてブロックチェーン生態系のためのビジョンを力説した。

 
Q1。国内ブロックチェーン産業の現状についてどう思うか。

いわゆる「キムチ・プレミアム(国内暗号貨幣の相場が海外取引所の相場に比べて高い現象)」という言葉が作られるほど、国内暗号貨幣市場がひときわ過熱されたことは事実です。ブロックチェーン技術とコインエコノミーが持つ難解さが詐欺師と投機勢力を呼んできたし、ついに各種の弊害が発生しました。ブロックチェーンがまだその効用性を証明する前に開始されたこの投機ブームによって暗号貨幣に対する否定的な世論はもちろん、ブロックチェーンと暗号貨幣を同じ概念で眺める誤解も固まったのです。

それでも幸いなのは国内企業が宣伝しているという点です。全世界のブロックチェーン業界が韓国市場に注目する理由は単に「キムチ・プレミアム」だけではないでしょう。友好的でない環境でも起業家精神(entrepreneurship)をもとに挑戦する企業があり、これらの企業の努力と意志こそ韓国をブロックチェーン大国の仲間入りに置く原動力だと思います。最近では国内の大企業でもブロックチェーン専門組織を構成するなど、関連ビジネスを育成しようとする動きを見せており、これは非常に励みになる現象です。

Q2。まだブロックチェーンの波及力について懐疑的な見方が多いが?

ブロックチェーンは取引情報をデータブロックに作ってこれを接続する技術であり、分散コンピューティング方式を通じてデータの偽造・変造を防止します。したがって金融や決済サービスなどに適用することがブロックチェーンの技術的特性を最もよく生かす方向なのです。しかしこれらの領域は国家経済と政府のガバナンスと密接に関連しており、それだけに国家レベルで厳しくコントロールしている部分です。政府が関連法と規制を用意するのに時間がかかることもそのような理由だと思います。

しかし企業の立場では制度的な基盤が用意されるまで関連事業の展開に制限を受けざるをえない状況です。金融や決済サービス分野以外にブロックチェーンの技術的特性を生かすことができる領域としてはコンテンツ著作権や法律文書、契約書などの重要文書を管理するサービスや物流、貿易などの産業分野があります。特にSCM(Supply Chain Management)の領域にブロックチェーンが適用される場合、供給網の参加者全員に回ってくる効用価値が非常に大きいものと期待されます。

供給網には原材料から製造者、小売業を経て最終消費者に配信されるまでの過程に多くのプロセスが存在して様々な役割の参加者が介入されますが、ここで発生されるデータへの信頼性、保安性、透明性、拡張性などすべての要素を一度に保障できる唯一の技術がこのブロックチェーンです。不必要な検証手順とマニュアル(手動)作業の簡素化による費用削減効果が核心で、IoT、クラウド、人工知能などの技術と結合されたブロックチェーンがもたらす波及力はものすごいです。

Q3。Hdacが2017年ICOを通じてかなりの資金を集めてから結構時間が流れているが、まだ具体化された事業はないか?

ICOで3千億ウォンを集めたという話が荷札のようですが、これはビットコインの価格が2,000万ウォンを超えていた当時相場の基準であるだけで、泡が抜けた今は毎歩みにもっと慎重を期すべき時期です。いくつかの他のブロックチェーンプロジェクトのように人々の目と耳を魅了させる「見せる」式の広告を止揚しているので具体的な内容がないものと見えがちですが、実際は全くそうではありません。Hdacは「汎現代家所属」というタイトルが恥ずかしくないように正直で愚直に事業を推進しており、募集された資金を無駄に浪費しないよう慎重に予算を執行しております。

3月の記者懇談会を通じて明らかにしたかのようにHdacは、様々な産業分野で汎現代家の企業を対象に複数の概念実証(POC)事業を完了か実行中であります。公共部門でも2月に釜山広域市と現代ペイのMOU締結を皮切りに事業具体化議論が現在進行中であり、この他にもまだ公開していない部分がたくさんあります。この場を借りて一つだけ申し上げますと、Hdacは現代重工業と協力して既存の電子契約システムにブロックチェーンを適用させるPOCを完了して現在本事業契約を協議中です。

 
Q4。政府ではまだ対応方向を決定していないようだが?

ブロックチェーンが暗号貨幣発行機能を提供する限り、政府がこれに対して慎重な態度を堅持することは実に望ましいです。国内で暗号貨幣投機ブームにもたらされた弊害があまりにも大きいものもありますが、IT業界で秒読みに与えられる時間は非常に短いです。国境も昼夜もなく全世界がリアルタイムで競合しており、ややもすれば「ゴールデンタイム」を逃すがちです。慎重だとして長考が必ず伴わうべきの理由はないと思います。

今全世界中のほとんどのスマートフォンにインストールされているオペレーティングシステムはGoogleで開発して2008年に初めて正式発表されたAndroid、または2007年iPhoneと一緒に登場したAppleのiOSです。今更来て優れた性能の国産オペレーティングシステムを開発するとしてもこの二強構図を押し分けて入ることは不可能に近いと思います。使用できるアプリがないオペレーティングシステムを使おうとする人や、ユーザーがいないオペレーティングシステムのためのアプリを作る開発会社もないでしょう。ブロックチェーンでも同じような状況になるかもしれません。

巨大グローバルIT企業であるOracleのブロックチェーン開発グループ副社長は、最近のメディアインタビューを通じて3年以内に全世界の企業の半分以上がブロックチェーン技術を使用するものと見通したそうです。ブロックチェーンはもう逆らえない時代の流れであるため、避けることができない場合はむしろ制度圏に置くことで副作用を事前防止することがより良い方法かもしれません。さらに長期的な観点から育成政策を設けて国内企業が世界市場をリードすることができるよう積極的支援すれば、「ポストアンドロイド」は韓国企業が開発したブロックチェーンプラットフォームになることもあると思います。

Q5。今後5年間のブロックチェーン市場のトレンドをどう見ているか。

IT分野では国際標準も重要ですが、De Facto標準がもっと重要な時代です。IEEEやW3C、GSMA、ISOなど数多くの国際標準組織がありますが、これからはここで国際標準を作るのではなくオープンソースプロジェクトとこれをベースにした企業、例えばGoogleやAmazonなどが作る技術とサービスが標準にされます。つまり、実際の市場で多くの人が使用するとそれが標準になるのですが、このDe Facto標準をリードする必要があります。

現在はイーサリウムが最もDe Facto標準に近接していると思います。ERCで始まる様々な技術標準を自主的にプロジェクト化し、ここに自発的に多くの開発者が集まることで自発性に基づく強力な生態系が作られるのです。イーサリウムが持っている技術的な優秀性も原因ですが、「多くの人が使用すること」が持つ利点は大きいです。ユーザーが多いほど関連情報を得ることも容易で、情報が多ければ新しいユーザーが簡単に流入されることができます。このような生態系が短い時間内に形成されるのは難しいです。

このような観点から見ると今後のブロックチェーン市場は誰がヘゲモニーを取るかの戦いになると思われます。しかし特定のブロックチェーンが技術的にどのくらい優秀なのかの問題よりは、いくら多くの人が使用するかについて勝敗が分かれるのでプラットフォーム競争でフォロワー(follower)が主導権を握ることは決して容易ではありません。それだけに政府次元の長期的で積極的な育成策が必要です。

今年の初めにバルセロナで開催されたMWCに行って来ました。5Gをはじめ、IoTとAIがメインでしたが、あちこちでブロックチェーン技術を準備する企業もすぐ見つけることができたし、遠くない時点でブロックチェーンがIoTやAIと共にIT産業の全般に出ることになれると思いました。たまたまスポットライトを少し早く受けるようになっただけで、ブロックチェーンは今からが始まりです。現代グループの創業者である故チョン・ジュヨン(鄭周永)会長は生前「おい、試しはやってみた?」という言葉をよく言ったそうですが、今私たちみんなが再び刻むべき時代精神だと思います。

###

 
インタビューを進行したチョ・ムンオク常務はHdac Technologyと現代ペイの戦略・技術責任者であり、SK telecomの簡単決済サービスである「T pay」を総括した韓国を代表するピンテック専門家だ。2010年代初、高麗大学のイン・ホ教授(現高麗大学ブロックチェーン研究所長)を通じてブロックチェーン技術を初めて接してブロックチェーンとピンテックが結合されたサービスモデルの可能性に魅了されたと回顧する彼は、サムスンSDS在職当時SOA( Service Oriented Architecture)を国内に持ち込んだ第1世代アーキテクトである。開発者としてIT業界に最初の一歩を踏み出したチョ・ムンオク常務はブロックチェーン技術の核心属性であるITと金融の両方について誰よりも高いレベルの理解度と経験値を保有しており、最近にはHyperledger開発関連書籍を執筆して出版を控えている。

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved