ACROFAN

日本人の台湾での快適な生活

記事公開日時 : August 27, 2019, 5:00 am
ACROFAN=ACNNewswire | tokyo@acnnewswire.net | SNS

TAIWAN, Aug 27, 2019 - (JCN Newswire) - 日本各地が地方創生を行っている時に、近隣の台湾にも帰郷して農作業を行い、無毒の自然な方法で作物を生産し、農業体験活動を通じて地方に新しい活力を注ぎ込んでいた青年農民のグループがいる。これらの中で最も印象的なのは、7人の青年農家からなる「Have fun in the farm」というチームである。

チームメンバーのロ サイモン(Simon Lu)は、「現代の人はほとんどの余暇時間を3C製品で過ごしているが、大衆が純朴な生活を満喫させ、実際的に従事しながら農家の楽しさを味わい、最も原始的な感動を取り戻すことを望んでいる。団長ツバメが『人間の心から故郷の思い』を活動の中心として提案したが、予想外にたくさんの日本人観光客がこのような素朴な魅力に引き付けられた。

日本人観光客が初めに訪れたとき、私たちはリアルタイムの会話通訳機器を使って、日本語の掲示板を作った。それは言語の壁のため、全身的に参加させることだけではなく、致密なディテールを通じて、暖かく感じられることを期待している。観光客も無毒栽培のイチゴ、ルビーのようなアカザや手作りハーブ、花粉の材料で作った団子、有機カボチャ、環境保護養殖Grace Eggを味わることができる。」とインタビューされた時に話した。

台湾最高の卵
日本人観光客は台湾に住むと最も願うのは、食の安全性と故郷の味だと言った。Grace Eggは日本の技術を使用しているが、厳密な環境保護養殖方法及び天然の味「卵黄の甘さと蛋白の滑らかさ」で、すごく人気があり、台湾では最高の卵とは言える。

島の人々の特別な魅力を一緒に体験しましょう
近年、台湾農村部は積極的に有機農業を発展させ、自然の植栽方法は田舎の活力を取り戻せ、カブトムシ、ミミズ、コガネムシ、ホタルなどの豊かな生態も題材になっている。次回台湾に来るとき、島の人々のさまざまな風情と特別な魅力を一緒に楽しんでください。


子供たちは鶏に餌をやり、Grace Eggを味わい、シンプルな生活を体験し、自然に親しむことができる。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved