ACROFAN

エジプトが黄金のファラオのパレードで世界を魅了

記事公開日時 : April 5, 2021, 5:43 am
ACROFAN=Businesswire | webmaster@businesswire.com | SNS

カイロ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 土曜日の夜、22体のファラオのミイラが見事な王家の行列を成し、カイロの街の中をタハリール広場のエジプト博物館からフスタートの新しい国立エジプト文明博物館(NMEC)まで歩きました。これは、NMECの正式な開館を記念するイベントとなりました。

花火を背景に、18人の王と4人の女王のミイラが年代順に、振動を吸収するエア・ライド・サスペンション・システムを備え、載せたミイラの名前をアラビア語、英語、ヒエログリフで冠した専用の金色のファラオの車で移動しました。紀元前1600年頃に上エジプトを統治したセケンエンラー・タア2世がパレードを率い、紀元前12世紀に統治したラムセス9世が最後尾を飾りました。遺物の輸送に係る厳格な国際基準に従って、王族の遺体は完璧な保存を保証するために、最先端の無菌展示ケースに収められました。



60台のオートバイ、150頭の馬、エジプトの著名な音楽の巨匠ネイダー・アバッシが指揮するファラオの楽団が、ミイラに同行しました。行列は21発の祝砲と共に始まり、すぐ近くのタハリール広場のオベリスクの周りを回った後、ナイル川に沿ってNMECへと進みました。そこではエジプトのアブドゥルファッターハ・エルシーシ大統領自らが、ミイラをフスタートの新しい永住の地である国立エジプト文明博物館へと迎えました。40分間のパレードには12人のエジプトの著名人が参加し、200局を超える世界中のテレビ・チャンネルで放映されました。

この非常に貴重な遺物は、今後2週間NMECのラボラトリーに留まり、王家の谷をモデルとしたロイヤル・ミイラ・ホール内への設置に向けて準備が整えられます。ロイヤル・ミイラ・ホールは、世界遺産デーである4月18日に来館者に向けて公開されます。

開館の宣伝のために、NMECは4月4日から17日まで、すべての来館者に中央展示ホールへの入場券の料金の50%割引を提供します。さらに、地元メディアと国際的なメディアの代表者は4月4日と5日に、中央展示ホール内の遺物の写真と映像を無料で撮影することができます。

バビロン要塞の近くにある歴史的都市フスタートの中心部にあるアイン・アル・シラを見渡せるNMECは、世界で最大かつ最も重要な考古学博物館の1つであり、エジプト文明全体に及ぶ初の博物館です。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

APCO Worldwide
Shady ElGohary
Account Director, +971552424797
selgohary@apcoworldwide.com

 



Copyright ⓒ Acrofan/Business Wire All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved