ACROFAN

第2回韓国(山東)輸入商品博覧会が威海で開催

記事公開日時 : August 15, 2022, 1:32 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【威海(中国)2022年8月15日PR Newswire】

CRI(中国国際放送局)Onlineによるニュース報道:

第2回Korea(Shandong)Import Commodities Fair(韓国(山東)輸入商品博覧会、KSICF)が8月5日から7日まで、山東省威海市東部濱海新城の逍遥湖に近いWeihai International Economic and Trade Exchange Center(威海国際経済・貿易交流センター)で開催された。今年のKSICFのテーマは「Stable Development for a Common Sustainable Future(共通の持続可能な未来のための安定した開発)」である。展示面積は3万5000平方メートル。昨年開催された第1回博覧会の3倍の規模となる1300以上の国際基準ブースが設置されている。これまでに、20以上の国と地域の出展者と2000を超す登録バイヤーを引きつけた。

第2回韓国(山東)輸入商品博覧会
第2回韓国(山東)輸入商品博覧会

中国と韓国の国交樹立30周年に開かれたこのイベントは、間違いなく威海と山東のより広範な開放の強力なシグナルを発し、貴重な「暖かい春の流れ」を世界市場にもたらした。ある威海市関係者は「このイベントを開催することで、威海の4つの特徴的な都市のカード、すなわち、上質、開放性、革新性、海洋を世界に提示し、それにより、北東アジアに会議と展示会の都市を構築するというわれわれの開発ビジョンをより適切に実現し、威海と山東省の国際化に新たな章を開くことができたと思っている」と語った。

さらに、今回のKSICFにはより深い意味がある。「一帯一路」構想、包括的経済連携(RCEP)、中韓国交樹立30周年などの好機を捉えることにより、今回のKSCIFは黄河流域の生態系の保全と質の高い開発に焦点を当てており、「Dynamic City of Blue Economy, First Choice for Global Investment(ブルーエコノミーのダイナミックな都市、グローバル投資の第1候補)」としての威海のイメージを重視している。新たなテーマ別展示では「中韓外交関係樹立30周年記念」、「『一帯一路』と上海協力機構(SCO)」、「RCEP地域」、「中韓イノベーションインキュベーション」「黄河流域の質の高い開発」、「Weihai 1001 Coastal Drive(威海1001沿岸観光道路」などが紹介された。KSCIFはこの機会にフフホトや黄河流域の他の都市と戦略的協力協定を結んだ。この協定は、広報と宣伝にとどまらず、すべての参加者と共に「利益共同体」を形成し、黄河流域の生態系の保全と質の高い開発を促進するための省と省の協力の新たな道を切り開いていく。威海市人民政府、山東省商務部、在青島韓国総領事館が共同で構築したこのプラットフォームは、世界市場により大きな機会をもたらす。

そのため、「双循環」に基づき、威海市の意思決定者はこのKSICFを国内外の統合のための新しいプラットフォームにすることに注力している。国際的には、参加国が増え、日本、ロシア、ベラルーシ、東南アジア、中央アジア、アフリカからの出展者が招待された。国内では、China Linkshop Conferenceが導入され、Fresh Hema、イトーヨーカドー、Better Life Group、その他の有名なFMCG(日用消費財)チェーン、大手デパート、スーパーマーケットなどのハイレベルのバイヤーが招かれ、バイヤーの購買力を一層高めた。



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved