ACROFAN

WIP がビジネスによる投資誘致で優れた成果を達成

記事公開日時 : August 30, 2022, 8:39 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【威海(中国)2022年8月30日PR Newswire】

CRI Onlineの報道:

Marquardt Automotive Electronic System and Switches Project Phase II(Marquardt自動電子システムおよびスイッチ・フェーズ2プロジェクト)の調印式が2022年4 月11日に山東省のWeihai International Port Economic and Technological Development Zone(威海国際港湾経済技術開発区)(WIP)で開催された。これは、スイッチおよび制御システムの分野で世界をリードするMarquardtとWIPの2回目の協力となる。最初の協力は5年前に行われた。

WIPは2022年の最初の7カ月で26の質の高いプロジェクトに署名しており、投資誘致における優れた実績を示した。この成果は決して偶然ではない。投資誘致は一進一退を繰り返す時間のかかるものであるとみられているが、WIPはこの傾向に逆らって、毎月、驚異的なペースで投資契約を獲得している。その秘訣とは?

▽作る前に考える

成功はハードワークによって実現する。これらの輝かしい成果の裏には、投資誘致に携わるすべての関係者の尽力がある。投資誘致における一様な競争がますます激化しているため、WIPはより多くの投資を誘致する独自の方法を模索してきた。それは、ビジネスによって投資を誘致することである。具体的には、産業チェーンを強化・拡大し、産業集積開発に注力することで投資を呼び込むことである。このコンセプトは、この開発区が達成した目覚ましい投資成果の背後にある秘密のソースとなっている。

2017年5月以来、この開発区は、フェーズIプロジェクトに関するMarquardt Groupとの契約を受けて、投資誘致の絶好のチャンスに備え、計画を立ててきた。この準備を受けて、開発区は直ちにMarquardt Groupに招待状を送り、同グループとの2回目の協力となるフェーズIIプロジェクトのために土地を用意した。

2021年、Marquardt Groupは中国での事業拡大のための用地選定を開始した。WIPは、グループのフェーズIプロジェクトで成功を収めた経験があり、同グループの第1選択地になった。

これに続いて、開発区は、Marquardtプロジェクトの助けを受けて投資誘致の範囲を拡大する取り組みを強化し、より多くのプロジェクトの誘致を目指してきた。ビジネスによって投資を誘致する戦略の下で、産業チェーンの触媒的役割が徐々に目に見えてきた。

▽招致前の投資

WIPは、企業が居住する前に有利な環境を提供することにコミットしている。Sino-Japanese (Weihai) Cooperation Industrial Park(中日(威海)協力工業団地)には、高水準の日本の工場と従業員アパートが集まっている。従業員はわずか 2-3分で徒歩で帰宅できる。

市場経済では、投資誘致の成果は大きな投資によってのみ実現可能である。 WIPは、自然公園だけでなく、アイスホッケーホールやインターナショナルスクールなどの国際支援施設にも投資が反映されている。結果として得られる包括的な競争力により、このゾーンは多くの外国人投資家の「第2の故郷」になっている。

▽質問する前に答える

今後も大型案件を誘致していくためには、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドやコリアーズ・インターナショナルなどの「世界トップ5の商業コンサルティング企業」との提携が必要となる。これらの企業は、多国籍企業にプロジェクトの用地選択やその他の分野に関する専門的なコンサルテーションを提供でき、これは都市が大企業の選択範囲に含まれるかどうかを判断する上で非常に重要となる。

高度な専門性を備える組織と競争するため、われわれはプロフェッショナルになる必要がある。 WIPは長年にわたり、「世界のトップ5の商業コンサルティング企業」の調査結果に基づいて、水および電力供給、地質学、生態環境などのさまざまな分野における200以上のデータを含む独自の特徴を持つ調査票を作成してきた。



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved