ACROFAN

スタッフォードキャピタルパートナーズ、 4番目となるセカンダリーのインフラファンドの最終クローズを発表

記事公開日時 : August 31, 2022, 7:14 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

ロンドン, 2022年8月31日 /PRNewswire/ -- 国際プライベート マーケット投資・アドバイザリー の主要プレーヤーであるスタフォード・キャピタル・パートナーズ("スタフォード")は、インフラストラクチャー・セカンド ファンド・スタッフォードIV ("SISF IV") のクロージングを発表できることを嬉しく思います。

本件クロージングは、スタフォードの史上最大のファンドであり、ファンドは 13 か国の 33 人の投資家から 7 億 3,100 万ユーロのコミットメントを受け取りました。これらのコミットメントに加えて、スタフォードは地理に焦点を当てたインフラストラクチャのセカンダリー取引でさらに 1 億ポンドを調達しました。

スタフォードは、、13 件の取引を完了し、その他の 3 つのイクスクルーシブな取引を行っており、2022 年の第 4 四半期までにコミットした資金の 75% を達成したことになります。本ファンドのクロージングにより、スタッフォードは現在、17 億米ドルのインフラ資産を管理しています。

SISF IV は、スタフォードのインフラストラクチャーに特化した 4 番目のセカンダリー・ファンドです。主にヨーロッパ、北米、オーストラリアの既存のコア・インフラファンドに LP や GP が率いるセカンドカンパニーを通じて投資を行っています。

このファンドは、Sustainable Finance Disclosures Regulation第 8 条ファンドに分類されています。化石燃料関連のエクスポージャーを大幅に制限しながら、エネルギー変換資産を積極的にターゲットにしています。

SISF IV の終了について、スタフォードのリアル・アセット部門マネージング パートナーであるインゴ・マーテン博士は次のように述べています。

「SISF IVの終了を発表できることを嬉しく思います。特に、ヨーロッパ、北米、アジア太平洋地域で非常に多くの新しい投資家を獲得できたことを嬉しく思います。このファンドのために、私たちはSISFシリーズの成功戦略を追求してきました、有能なマネージャーによるセカンダリー取引に焦点を当てています。

スタフォードのインフラのマネージング パートナーであるウィリアム・グリーン氏は次のように付け加えています。「SISF IV のために構築した多様なポートフォリオは、魅力的で付加価値の高い取引を通じて取得した高品質の多様な資産からの強力なキャッシュフローの可視性を示しており、投資家に即効性がありかつ安定した利回りを提供します。」

スタフォード・キャピタル・パートナーズについて

スタフォード キャピタル パートナーズ ("スタッフォード") は、運用資産が 81 億ドルに上る独立したプライベート マーケット投資およびアドバイザリー会社であり、世界中の 150 を超える機関投資家にアドバイスを提供しています。2000 年に設立され、80 人以上の専門家からなるグローバル チームを擁し、インフラストラクチャ、森林、農業、食料、持続可能なプライベート エクイティに、セカンダリー、プライマリー、共同投資を通じて投資しています。スタッフォードは 2010 年から UN PRI に署名しており、「ネットゼロアセットマネージャー」イニシアチブに取り組んでいます。持続可能性を投資プロセスの中心に置き、すべての戦略にわたって明確に定義された ESG プログラムを実施します。英国では、スタフォードは金融行為監督機構 (会社参照番号: 225586) によって認可および規制されています。

この号は、スタッフォード ファンドへの売却の申し出や投資の勧誘を構成するものではありません。これは情報提供のみを目的としており、推奨事項ではありません。これは、提案または販売が禁止されている法域、または必要な投資家基準を満たさない人物に対する販売の提案または投資の招待を構成するものではありません。

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved