ACROFAN

2022年の世界で最も多く富裕層が暮らす都市

記事公開日時 : September 14, 2022, 8:47 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

ロンドン, 2022年9月14日 /PRNewswire/ -- 2022年の世界で最も富裕層が多い上位20都市ランキングで、34万5600人の富豪が暮らすニューヨークが1位となったほか、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、ヒューストン、ダラスの米5都市が、上位を占めた。世界の富豪の移動傾向を追跡する最新のHenley Global Citizens Report(ヘンリー・グローバル・シチズンズ・リポート)(https://www.henleyglobal.com/publications/henley-global-citizens-report/2022-q3 )によると、100万ドル以上の資産を持つ個人富裕層が30万4900人いる東京が2位で、長年世界で最も多くの富裕層が暮らす都市だったロンドンは27万2400人で、サンフランシスコ・ベイエリアを下回り、4位にランクを下げた。

北京(9位)、上海(10位)の中国の2都市がトップ10入りした。スイスとオーストラリアは、シドニー(11位)、チューリヒ(15位)、メルボルン(17位)、ジュネーブ(19位)と、それぞれ2都市が辛うじて上位ランキング入りを果たした。シンガポール(5位)、香港(中国の特別行政区)(12位)、フランクフルト(13位)、トロント(14位)、ソウル(16位)、そして最後にパリが3つ順位を急激に下げて20位となり、2022年のランキングの残りを構成した。

このリポートは、世界の富豪に関する情報企業New World Wealth (https://newworldwealth.com/ )の独占情報を使用し、主要地域ごとに最も富豪の多い上位5都市と、富裕層の増加という点で最も急速に成長している上位25都市も含まれている。

Henley & Partners(https://www.henleyglobal.com/ )の最高経営責任者(CEO)Juerg Steffen博士(https://www.henleyglobal.com/publications/henley-global-citizens-report/2022-q3/global-insights/secure-residency-worlds-wealthiest-cities-investment-migration )は、上位20都市のうち14都市は、投資移住(https://www.henleyglobal.com/countries )プログラムを行っている国にあると指摘する。「国際的に主要な富の中心地であるニューヨーク(https://www.henleyglobal.com/residence-investment/united-states )、ロンドン(https://www.henleyglobal.com/residence-investment/united-kingdom )、シンガポール(https://www.henleyglobal.com/residence-investment/singapore)、シドニー(https://www.henleyglobal.com/residence-investment/australia )、トロント(https://www.henleyglobal.com/residence-investment/canada )での居住、就労、修学、投資の権利は、投資による居住を通じて確実に手にいれることができる(https://www.henleyglobal.com/residence-investment )。自分自身や家族、そして自分のビジネスをより好都合な都市に移動させたり、世界中で複数のさまざまな居住場所を選んだりするオプションを持てることは、個人の顧客の国際的な資産や遺産計画にとってますます重要な要素になっている」

New World Wealthの調査責任者Andrew Amoils氏(https://www.henleyglobal.com/publications/publications/henley-global-citizens-report/2022-q3/global-insights/20-wealthiest-cities-world-2022 )によると、ドバイ、ムンバイ、深センの富豪の数は、2030年までに最も富裕層が多い都市トップ20に入ってくると予想される。「リヤド、シャルジャ、ルアンダ、アブダビ、ドーハ、ラゴスなどを含め、強力な石油・ガス産業のある国は今年、特に好調だ。急速な成長リストには他に、裕福な退職者が集まるスイスのルガーノ、『インドのシリコンバレー』のベンガルール、中国で最も風光明媚な都市の1つである杭州が含まれる」

IMD World Competitiveness Centerの上級エコノミストJose Caballero博士(https://www.henleyglobal.com/publications/henley-global-citizens-report/2022-q3/global-insights/how-smart-are-wealthiest-cities-uncovering-regional-strengths )は、最新のHenley Global Citizens Reportについて、「生活の質が世界規模の流動性の推進役であり、経営幹部にとって、高度な生活水準と効率的な制度が都市の重要な魅力だ」とコメントした。

Steffen博士は「都市は、チャンス、イノベーション、富、文化の中心だ。より多くの富裕層の投資家が投資移住ソリューションを検討し、今年は記録的に増加した(https://www.henleyglobal.com/countries )。こうしたソリューションは居住やビジネスの場所の流動性と選択の幅を提供し、これにより広範囲のさまざまな法域や都市で暮らし、ビジネスを行うことが可能となる」と語った。

プレスリリース全文は以下を参照:

https://www.henleyglobal.com/newsroom/press-releases/henley-global-citizens-report-q3-2022

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved