ACROFAN

BRI、強固な資本と株主資本利益率で優れた業績を達成

記事公開日時 : September 26, 2023, 5:12 pm
ACROFAN=PRNasia | hkcs@prnasia.com | SNS

【ジャカルタ(インドネシア)2023年9月26日PR Newswire】2023年上半期、PT Bank Rakyat IndonesiaBRIPersero Tbk.IDXBBRIは好調な業績を維持し、強固な資本と健全な自己資本利益率(ROE)を誇りました。2023年9月12日に南ジャカルタのBRILian Stadiumで開催されたBRIメディアの集いで、BRIのSunarsoプレジデントディレクターは、インドネシアの経済的・社会的価値に大きく貢献している国有機関としての同行の重要な役割を強調しました。BRIの2023年上半期のROEは20.01%で、26.76%の堅固な自己資本比率(CAR)によって補完されました。

Sunarso, President Director Bank BRI
Sunarso, President Director Bank BRI

Sunarso氏は、CARへの的確な対応の必要性を強調しました。CARは、高い資本を持続可能な生産性に転換することで質の高い成長を達成する上での課題となるからです。「資本が特別に強い場合、資本の大きさゆえにROEが低くなるのが普通です。しかし、私たちの場合はどちらの指標も高い。BRIは、その強大な資本基盤によってこの難題に立ち向かい、銀行の強固な資本健全性を示しています。この強固な資本は、20.01%のROEによって証明されるように、収益と素晴らしいリターンを生み出すために活用されています」。

ROEは前年同期の17.48%から約2.5%上昇し、CARは25.06%から1.6%上昇しました。その結果、Sunarso氏は、BRIは世界的に卓越した地位を持つ銀行であると自信を持って断言しました。投資家の信頼が厚く、上場している以上、この業績を維持することへのBRIの献身を強調することが不可欠です。「私たちのコミットメントは、BRIの潤沢な資本を効果的に活用することにあります。したがって、BRIの成長能力を示すことが不可欠です」と同氏は述べました。

さらに、BRIは不良債権(NPL)比率を2.95%と、質を維持することができました。NPLが抑制され、適切に管理されていることは、銀行の強固なバランスシートに寄与し、結果として収益性をもたらしています。2023年上半期、BRIの純利益は29.6兆インドネシアルピアに達し、前年同期比18.8%増となりました。

「流動性は良好に管理されており、預貸率(LDR)は87%です。流動性は確保されていますが、まだ最適化の余地があります。最適なLDRの範囲は90%から92%の間であるため、90%前後の最適レベルに達するまで、さらに高める必要があります。流動性に問題はなく、成長を維持し、成長の質を保つことに重点を置いています」とSunarso氏は述べました。



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved