ACROFAN

イクソペイ、グローバル決済の成長推進に向けて、ブレイディ・ハリスをCEOに任命

記事公開日時 : June 4, 2024, 5:11 pm
ACROFAN=Newswire | newswire@acrofan.com | SNS
イクソペイは本日、業界のベテランであるブレイディ・ハリスを新しいCEOに任命したことを発表した。同氏の任命は、イクソペイとトークンExの直近の合併に合わせたものであり、マルチプロセッサ決済モデルへの決済業界の大きな変化を強調している。これにより、小売業者とフィンテック企業は決済戦略を改善し、多様化することが可能となる。同社は、退任するCEOのマーク・オルセン (Marc Olesen) の指導と貢献に感謝の意を表している。

グラスドア (Glassdoor) で全国トップ3のCEOにランクされたブレイディ・ハリスは、フィンテック、決済、SaaSの分野で20年以上の経験と経営幹部のリーダーシップを持っている。同氏は、ドウォーラ (Dwolla) のCEOとして、年間決済額が100億ドル (約1兆5,732億円) から700億ドル (約11兆124億円) へと急成長し、毎月150万人の新規ユーザーを獲得するのを監督してきた。ドウォーラ以前は、ペイスケープ (Payscape) の社長としてペイロック (Payroc) との合併に尽力し、世界13ヵ所のオフィスに1,000人以上の従業員を擁するグローバルなフルサービス決済プロバイダーを創設した。合併後の企業は46ヵ国で事業を展開し、15万の企業にサービスを提供してきた。

イクソペイが決済業界のワンストップ・ソリューションとなるために、合併、買収、およびプライベート・エクイティ・スポンサーの下での企業の拡大と成功への出口に関する同氏の専門知識は重要となる。合併により、オムニチャネル・トークン化、決済オーケストレーション、カード・ライフサイクル管理を提供できるプラットフォームが誕生した。また、合併により、単一プロセッサ・システムに欠けている冗長性、地理的拡張、および料金交渉機能のニーズに対応していく。

ブレイディ・ハリスは以下のように述べている。「決済テクノロジーは急速に進歩しており、イクソペイはこの進化をリードすることになります」。「トークン化とオーケストレーションの統合により、マルチペイメント処理をサポートするだけでなく、革新的なサービスの開発を促進するプラットフォームを提供することができます」。

取締役会会長のヴィク・ヴェルマ (Vik Verma) は以下のように述べている。「ブレイディ・ハリスのリーダーシップの下、イクソペイは決済セクターに新たなベンチマークを設定する準備ができています」。「当社の大胆な戦略は、スケーラビリティ、セキュリティ、画期的な進歩を重視しており、ペイメント達成の再定義となります」。

ブレイディ・ハリスとイクソペイのチームは、今週アムステルダムで開催されるマネー20/20 (Money 20/20)に参加する。同イベントで、合併後の拡張されたサービス、つまり決済オーケストレーション、トークン化、リスク管理、カード・ライフサイクル管理の進歩を紹介する。RAIアムステルダム (RAI Amsterdam) のブース8a202にて、これらの開発がマーチャント・ペイメントの未来をどのように形作るかを探求されたい。

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved