ACROFAN

ソニー、人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境「Neural Network Console スターターパック」を提供開始

記事公開日時 : September 18, 2018, 2:00 pm
ACROFAN=ACNNewswire | tokyo@acnnewswire.net | SNS

TOKYO, Sep 18, 2018 - (JCN Newswire) - ソニーはディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」を習得できる研修とテクニカルサポート、クラウド版サービスの利用料金がセットになったパッケージサービス「Neural Network Console スターターパック」の法人向け提供を本日より開始します。

人工知能(AI)の市場は急速に成長し、多種多様な産業に応用対象が拡大しています。このような環境のなか、多くの事業者においてAI関連の開発や事業化に携わる人材の育成が課題となっています。

ソニーは、2017年6月にディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries」をオープンソース化、同年8月にコンソールソフトウェア「Neural Network Console」の無償提供を開始しました。また同年11月にはクラウドサービスのオープンβ版の提供を開始し、2018年5月からは複数GPUによる高速学習サービス「Neural Network Console クラウド版」の提供により、ウェブブラウザーでアクセスするだけで、最新の機能とGUIベースの直観的なユーザーインターフェースやクラウド上のリソースを使用した本格的なディープラーニングのプログラム開発ができる統合開発環境を提供してきました。

この度、ディープラーニングの活用を検討したい、AI分野の人材育成をはじめたい、という法人事業者のニーズに対して、複数のサービスメニューで手頃に導入できる「Neural Network Console スターターパック」を提供します。

ディープラーニングとは、人間の脳を模倣したニューラルネットワークを用いた機械学習の一手法であり、プログラム開発においてはニューラルネットワークの設計作業が重要となります。

開発者は画像認識や音声認識などに応じて最適なニューラルネットワークを構築し、性能向上へ試行錯誤を 繰り返して、ニューラルネットワークを最適化した後、製品・サービスに搭載します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201809/18-076/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved