ACROFAN

三菱自動車、ジュネーブ国際モーターショーでコンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』の2020年モデルを世界初披露

記事公開日時 : February 12, 2019, 5:00 pm
ACROFAN=ACNNewswire | tokyo@acnnewswire.net | SNS

TOKYO, Feb 12, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、3月5日(火)から3月17日(日)まで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショー*1で、コンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』の2020年モデルを世界初披露します。

『ASX』は2009年の発売以来、北米、欧州、豪州、中国など約90カ国で累計約132万台を販売しており、現在、三菱自動車において3番目に販売台数の多い世界戦略車です。

今回の改良では、当社のブランドメッセージである「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィ「Robust & Ingenious」に基づき、エクステリアデザインを大幅に刷新しています。

商品概要

『ASX』は日常生活からレジャーまで幅広い用途に応える都市型コンパクトSUVです。軽量でコンパクトなボディとSUVならではの見晴らしの良いアイポイントにより、取り回しが良く運転し易いことを特長としています。

今回、新たに欧州向けとして、パワートレインは2.0L MIVEC*2 SOHC 16バルブエンジンを搭載し5速マニュアルトランスミッション、またはINVECS*3III6速スポーツモード付CVTを組み合わせ、2WD/4WDともに動力性能と環境性能をバランスさせました。

また、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]などの予防安全機能や、衝突安全強化ボディRISEで、確かな安心・安全を提供します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5278.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved