ACROFAN

Bentley Systems、建設プロジェクト向けにMicrosoft HoloLens 2を使用する複合現実アプリを Mobile World Congressイベントにて発表

記事公開日時 : February 26, 2019, 11:58 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

建築、エンジニアリング、および建設(AEC)業界で複合現実を活用するための SYNCHRO XRを提供開始

米国ペンシルベニア州エクストン 2019227 /PRNewswire/ – インフラストラクチャの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedが、バルセロナで開催されたMobile World Congressにおいて、Microsoftが発表したMicrosoft HoloLens 2で4D建設のデジタルツインを可視化するための没入型アプリ、SYNCHRO XRを公開しました。

Bentleyは、建築、エンジニアリング、および建設(AEC)業界を代表するMicrosoft複合現実パートナーとして、HoloLens 2アプリのSYNCHRO XRを使用し、直感的なジェスチャによってデジタルモデルを操作しながら建設工程を計画、可視化、体験する方法を実演しました。

プロジェクトのデジタルツインデータは、Microsoft Azureを基盤としたBentleyのコネクトデータ環境を用いて、HoloLens 2で可視化されます。この複合現実ソリューションを利用すると、建設管理者、プロジェクトのスケジュール管理者、オーナーオペレータなどのプロジェクト関係者は、没入型の可視化を通して、計画作業、建設の進捗、現場の潜在的リスク、安全要件の詳細を把握できます。また、従来のように2D画面で3Dオブジェクトを描くのではなく、空間と時間の中でモデルを操作しながら4Dオブジェクトを体験することもできます。

Bentleyのプロジェクトデリバリ担当シニアバイスプレジデント、Noah Eckhouseは次のように述べています。「HoloLens 2用のSYNCHRO XRアプリは、インフラストラクチャプロジェクトにおけるデジタルツインの操作を一新します。ユーザーは設計に対する視点を変え、より詳しく迅速に、作業やプロジェクトのスケジュールを把握できます。マウスとキーボードを使って2D画面で作業する代わりに、自分の体を動かしてさまざまな角度からモデルを眺めることや、目の前の空間に表示されるデジタルオブジェクトに触れることが可能になるため、完了した作業のレビューや、建設現場で次の作業の準備を行う際に非常に便利です。」

Royal BAM Groupのデジタル建設担当ディレクター、Menno de Jonge氏は、次のように述べています。「現在、建設現場でSYNCHROとHoloLens 2の複合現実ソリューションを利用して、ロッテルダム市の大規模な美術館プロジェクトを進めています。この業界では、建設現場での手戻り作業を回避するために、デジタル変革が切実に必要とされています。この技術を使えば、建設スケジュールを簡単に可視化し、進捗状況を確認することや、潜在的な問題があれば注意を喚起し、検討して修正することができます。」

MicrosoftのAIおよび複合現実部門でテクニカルフェローを務めるAlex Kipman氏は、次のように述べています。「このたび発表したMicrosoft HoloLens 2は、ハンズフリーのヘッドセットでデジタルモデルを操作できる自己完結型のホログラフィックコンピュータです。HoloLensの革新的な技術をベースとし、没入感と快適性が一段と向上。Bentleyなどのパートナー製品をそのまま組み込んで、業界最高レベルの価値を生み出します。複合現実パートナーであるBentleyとの協力により実現したHoloLens 2とSYNCHRO XRのソリューションをAECプロジェクトに活用すれば、これまでにない創造性とチームワークを発揮することができるでしょう。」

Microsoftの複合現実パートナープログラムは、複合現実ソリューションの構築に取り組むソリューションプロバイダに資格を与え、支援することを主な目的としています。参加が認められたパートナーに対しては、Microsoftがトレーニング、技術支援、セールスおよびマーケティングの強化、事業計画の策定を行います。

Microsoftが2018年のCityNext Partner of the Year ( https://www.bentley.com/ja/about-us/news/2018/june/14/bentley-named-2018-microsoft-citynext-partner-of-the-year ) にBentley Systemsを選出

SYNCHROの詳細情報 ( https://www.bentley.com/ja/Perspectives-and-Viewpoints/Topics/Campaign/Synchro-and-Microsoft )

このトピックに関するMicrosoftのブログポスト ( https://news.microsoft.com/innovation-stories/hololens-2/ )

HoloLens 2の詳細情報 ( https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens )

キャプションと画像

BentleyのSYNCHRO XRとMicrosoft HoloLens 2により、建設現場に複合現実を導入 ( https://www.bentley.com/-/media/Images/Press%20Release%20Images/2019/SYNCHRO_Hololens_MWC_1 )

提供: Bentley Systems

Bentley Systemsについて

Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレータにインフラストラクチャの設計、建設、運用のためのソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。

Bentley Systems、170カ国以上に3,500人以上の従業員を擁し、年間売上高は7億ドルにのぼります。また、2012年以来、研究、開発、企業買収に10億ドル以上を投資してきました。1984年の会社創設当初から、5人のBentleyの創設メンバーが同社の過半数を所有しています。Bentleyの株式は、招待を受けてNASDAQ Private Marketで取引されています。戦略的パートナーのSiemens AGは、議決権なしの過半数未満の株を累積しています。www.bentley.com

Bentley、Bentleyのロゴ、SYNCHROは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

本件のお問い合わせ先: 株式会社ベントレー・システムズ, Tel.03-5992-7770(代), Twitterでフォロー, @BentleyJapan

Related Links :

https://www.bentley.com



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved