ACROFAN

Interop Technologiesが世界初のGSMA Universal Profile 2.0 A2P RCS認定を達成

記事公開日時 : May 22, 2019, 8:06 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【フォートマイヤーズ(米フロリダ州)、ダブリン2019年5月22日PR Newswire=共同通信JBN】高度通信ソリューションとクラウドベース・マネジドサービスで世界をリードするプロバイダー、Interop Technologies(TM)は22日、GSMAの最新Universal Profile (UP) 2.0 Application-to-Person(A2P)認定を達成した最初のRich Communication Services(RCS)ソリューションプロバイダーになったと発表した。これは、フレームワーク、メッセージング、エンリッチトコーリングにおけるInterop TechnologiesのUP 1.0トリプル認定に基づくものであり、業界標準、世界クラスのモバイルメッセージングソリューション、モバイルオペレーター向けのグローバルな相互運用性に対する同社の継続的なコミットメントをいっそう強調するものである。

Interop Technologiesは、大手ハンドセットメーカーのサムスン電子とLGエレクトロニクスとともに厳しいテストプロセスの完了に成功して、このRCS UP 2.0認定(RCS UP 2.0 accreditation )を受けた。RCS UP 2.0 A2P仕様は、API、チャットボットインテグレーション、認証の強化、セキュリティーなどのメッセージング・アズ・ア・プラットフォーム(MaaP)向けの重要なイネーブラーを導入した。A2Pメッセージング、リッチカード、プライバシーコントロール、スパム防御に対するサポートもこの仕様に導入されており、これによってA2P RCSビジネスメッセージングの業界採用の加速を実現、Juniper Researchのアナリストは2022年までにオペレーターの収益が91億ドルに達すると予測している。

Interop Technologiesのジョン・ドワイヤー社長兼最高経営責任者(CEO)は「RCSはサブスクライバーのモバイルライフの中心に正当な地位を取り戻すために必要とするツールをモバイルオペレーターに提供する。さらにRCSは、非設備ベースのオポチュニストによるネットワーク投資を収益化する寄生虫的行為を阻止するものである。これは、そうした行為を阻止できる最後で最高のチャンスであり、われわれの業界の変革時期を妨害する規格順守の欠如と利害関係者間の不均衡を放置することはできない。Interopでは、オペレーターがいるべき所、すなわちモバイル領域のど真ん中に戻ることを支援し、そこでの地位確立の支援を、われわれの使命の中核に据えている。このため、われわれは当社製品のライフサイクル全体において、規格、技術上の卓越、顧客の目標との完全一致に全面的にコミットしている」と語った。

Interop TechnologiesのエンドツーエンドRCSソリューションのすべてはインハウスで開発、製造されており、クラウドネイティブIMSコア(IMS core )ネットワーク、RCSアプリケーションサーバー(RCS application servers )、RCS Interconnect Hub、RCS Business Messaging Platform(RCS Business Messaging Platform )、ネイティブないしはダウンロード可能なRCSアプリケーション、規格順守のクライアントおよびデバイスへのサポートを含んでいる。

ドワイヤー社長はさらに「われわれはさまざまな商業および技術上のコンフィギュレーションで多様な展開オプションを提供しており、オペレーターの製品ライフサイクル管理を全面的にサポートすることができる。これは、オペレーターがオンサイト無期限ライセンス、クラウドホステッド、プライベートクラウド(オンサイト全面マネージド)を選択することを可能にするとともに、オペレーターのニーズの変化に伴いこれらの間を移行できるオプションも提供することを意味する。われわれにとって重要なことは、オペレーターが必要とするものを必要なときに獲得することを容易にすることである」と語った。

RCSは、機能の強化、高度な顧客ケア能力、さらにエンタープライズ、ブランド、企業とのパーソナライズされたサブスクライバー・エンゲージメント機会によって、標準SMSメッセージングの能力を向上させる通信プロトコルである。GSMA UP認定プロセスはすべてのRCS市場ソリューションの相互運用性を実現し、そのソリューションの世界展開を加速する標準規格を定義するために形成された。GSMAが実施する一連のテストイベントはRCSクライアントとソリューションプロバイダーを結び付け、商用発売に先立ってテクノロジーの品質と準備状況を実証する。

▽Interop Technologiesについて

Interop Technologiesは、Rich Communication Services(RCS)のグローバルリーダーである。同社はGSMA認定のエンドツーエンドRCSソリューションによって、最高レベルの展開柔軟性およびライフサイクル管理を伴う業界トップの標準化されたテルコグレード・テクノロジーを提供し、モバイルオペレーターをサブスクライバーのモバイルライフの中心に戻すことにコミットしている。Interop Technologiesはフロリダ州フォートマイヤーズに本社、テキサス州アービングにオフィス、アイルランド・ダブリンにEMEA地域本部を置いている。Interopは北米、欧州に地理的冗長ネットワークオペレーションセンターを所有し、運用している。業界をリードする同社のモバイルオペレーター向け通信ソリューションに関する詳細はウェブサイトwww.InteropTechnologies.com を参照。

ソース:Interop Technologies

▽問い合わせ先

Lisa Murray

APR, Senior Manager, IMC

Tel: +1 (239) 425-9079

Mobile: +1 (239) 357-3442

media@interoptechnologies.com

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/540536/Interop_Technologies_Logo.jpg

Related Links :

https://www.interoptechnologies.com



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved