ACROFAN

SoDAの最新調査で、企業におけるパーソナライズ予算の大幅増が明らかに

記事公開日時 : May 23, 2019, 7:00 am
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【サンフランシスコ2019年5月23日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界的な予算の大幅増にもかかわらず、企業のマーケティング担当者によるパーソナライズとAIの活用は依然として限定的

デジタルエクスペリエンス管理ソフトウエアで世界をリードするSitecore(R)社(Sitecore® )と提携し、SoDAは、デジタルエクスペリエンス・パーソナライズにおけるビジネスリーダーの課題とチャンスを明らかにした「SoDA Report On… Global Trends in Personalization」を発表した。「SoDA Report On」は、マーケティングの将来に影響を与えるダイナミクスを理解するため、現代の大手代理店やブランドに利用されている、より大きな年次動向出版物「The SoDA Report」から派生したホワイトペーパーシリーズである。

この最新レポートでSoDAとSitecore社は、デジタルパーソナライズの進化を探求、最も効果的な消費者体験を生み出すのに必要な戦略とツールを検討している。判明したのは、マーケティング責任者や経営幹部クラスの83%が2019年のパーソナライズへの投資を増やし、32%が今年の「大幅な予算の増加」を指摘していることである。

効果的に導入されれば、パーソナライズは顧客の暮らしを向上させ、顧客が本当に望んでいるものに最適化されたり、事前にそれを予測するメッセージを届けることで、エンゲージメントとロイヤルティーを高められる。しかし、マーケティング責任者や経営幹部クラスはパーソナライズの重要性を明確に認識してはいるものの、大多数は現在の能力を過大評価しているように見受けられる。デジタルエクスペリエンスのパーソナライズに関して、グローバルリーダーの67%は、自らの組織を、高いレベルのパーソナライズ機能を持つプロフェッショナル、またはエキスパートだと評価している。しかし、組織の成熟度で自社に高評価を付ける一方で、パーソナライズの最も基本的なターゲティング基準をクリアして活用できているのはわずか40%未満である。

SoDAのエグゼクティブディレクターであるトム・ベック氏は、次のように語った。

「デジタルエクスペリエンスのパーソナライズが、世界中のマーケティング責任者や経営幹部クラスにとって優先順位の高いものになっていくことは間違いない」

「当社のデータは機能向上に向けた支出の増加を示してはいるが、組織の大部分は、その進展を妨げる最大の障壁として依然、予算の制約、テクノロジープラットフォーム上の制約、データにまつわる課題を挙げている。全組織の約半数以上が、パーソナライズ機能化に向けた適切な戦略的ロードマップや投資計画を欠いていることにも注目すべきだろう」

Sitecore社の最高マーケティング責任者であるペイジ・オニール氏は、次のように語った。

「一人のマーケティングを担当する責任者として、パーソナライズ予算が増えているにもかかわらず、マーケティングに携わる我々自身が現在の機能を過大評価しつつ、パーソナライズを本当に実現するプロとして身につけておくべき本質的なものを過小評価することは、非常に怖いことである」

「マーケティング担当者の3分の1以上は、デジタルエクスペリエンスは大きな競争上の優位性をもたらしてくれると考えているにもかかわらず、ほとんどが基本的なターゲティングからAI機能まで、重要なパーソナライズ技術を活用するのに四苦八苦している。堅固な内部アーキテクチャーを構築し、Sitecore社の優れたプラットフォームのような外部リソースを活用しなければ、チャンスも、最終的には投資に対するリターンも失われてしまうだろう」

今回の調査結果は、デジタルパーソナライズの現状と今後の動向について貴重な洞察を提供しつつ、代理店の責任者とブランドのマーケティング担当者の双方が直面している様々な重要な問題を浮き彫りにしている。深い調査内容と要約に加え、レポートにはマイクロソフト、Perficient Digital、Dept、Deepend、Sitecore社、その他業界リーダーによる、パーソナライズの壁を乗り越えるための重要なガイダンスを提供するオリジナル記事が掲載されている。また、本レポートでは、投資の優先順位、コンテンツ制作、データ慣行、および予算配分について深く掘り下げている。

特に今回の調査では、パーソナライズ重視は普遍的なものであることも明らかになった。デジタルエクスペリエンス・パーソナライズの重要性と投資拡大計画は、地域やリーダーの役割、デジタル予算の規模によってほとんど変わらない。つまり、パーソナライズは一貫したグローバルな優先課題なのだ。

パーソナライズの世界的な動向についての詳細については、Sitecore社.comでレポート全文をダウンロード可能となっている(Sitecore.com )。

▽SoDAについて

SoDAは、デジタル代理店のリーダー、クリエーティブなビジョンの持ち主、そしてテクノロジーイノベーターのためだけの会員制ネットワークである。われわれのプログラムは、仲間とのコラボレーション、思考リーダーシップ、知識資本、リーダーシップ育成および業界の成功事例の強力かつグローバルなネットワークへのアクセスを代理店幹部に提供する。詳細については、www.sodaspeaks.com を参照。

▽Sitecore社について

Sitecore社は、コンテンツ管理、コマース、顧客分析を統合したデジタルエクスペリエンス管理ソフトウエアのグローバルリーダーである。Sitecore Experience Cloud(TM)は、マーケティング担当者が販売前、販売中、および販売後に、全チャンネルからパーソナライズされたコンテンツをリアルタイムかつ大規模に配信できるようにする。アメリカン・エキスプレス、Carnival Cruise Lines(カーニバルクルーズライン)、Kimberly-Clark(キンバリークラーク)、ロレアルなど5200以上のブランドから信頼されているSitecore社は、オーディエンスを楽しませ、ロイヤルティーを育み、収益を上げるパーソナライズされたインタラクションを提供している。

▽問い合わせ先
Shannon Lyman
Sr. Director, Communications at Sitecore
shannon.lyman@sitecore.com

Sitecore Media Relations
WE Communications
TeamSitecore@we-worldwide.com

(C)2019 Sitecore Corporation Sitecore(R)、Own the Experience(R)、および Sitecore  Experience Cloud(TM)はSitecore の登録商標または商標である。  

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/334493/sitecore_logo.jpg

Related Links :

https://www.sitecore.net



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved