ACROFAN

Thousand Cities Strategic Algorithms がパンデミック後の経済問題に回答

記事公開日時 : October 22, 2020, 3:21 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【ワシントン2020年10月22日PR Newswire】

RBWCの IMF/世界銀行会合
RBWCの IMF/世界銀行会合

*RBWCのIMF/世界銀行会合で画期的なデータ主導マクロ経済解決策を提案

Reinventing Bretton Woods Committee (ブレトンウッズ協定再建委員会、RBWC)は先ごろ、「The Economics of Pandemics: The Role of Data( パンデミックの経済学:データの役割)」と題して、IMF/World Bank Fall Meetings(IMF(国際通貨基金)/世界銀行秋季会合)の第1回を開催した。Thousand Cities Strategic Algorithms(TCSA)はパネリストおよびソブリン通貨技術分野の著名な専門家として招かれた。

1週間にわたるIMF/世界銀行秋季会合には、国際決済銀行の統計責任者や、日本、カナダ、シンガポール、スペイン、チェコ、アルメニア、南アフリカ、ブラジル、メキシコ、ペルーの中央銀行総裁や代表など、世界の中央銀行当局者が出席した。出席者はパンデミック後に高まっているデータ主導による政策立案の重要性を討議し、金融および技術面のイノベーションを通じた経済回復力の構築のためのそれぞれのビジョンを共有した。

こうした世界の当局者によって共有されている世界的な経済問題を前にして、TCSAの最高アルゴリズム責任者のAdkins Zheng氏は、革新的なマクロ経済理論と世界経済問題へのデータ技術解決策を提案した。

拡大する混乱と闘い、持続可能で内生的成長を可能にする世界的な経済枠組みを構築するために、TCSAの研究チームは世界の政策立案者のための国家的「経済データブレーン」追求で2つの重要かつ基本的なブレイクスルーを達成した。

第1にTCSAは、国の経済、財政データと金融/財政データシステムを同期させ、統合することができる完全にデジタル化可能でアルゴリズム的なマクロ経済枠組みを開発した。この枠組みは「SNA(国民経済計算)、GFS(政府財政統計)、MFSMCG(金融財政統計マニュアル作成ガイド)」といった従来からの国際統計基準を刷新している。

第2にTCSAは、膨大な量の粒状の国家規模データセットを計算する技術的な障壁を克服した。多くの国が国家的「経済データブレーン」の概念を提案しているが、処理能力と設備投資コストの不足を克服することができない。TCSAのデータシステムは、極めて効率的で理論型、かつコスト効率の優れた次世代のデータネットワークの基礎を形成するより簡素なアルゴリズム的構造を生み出した。

伝えられるところでは、TCSAの国際部門はこのほど、様々な経済主体に対して画期的なコンサルティングサービスを提供するために、英語、ロシア語、スペイン語、アラビア語の多言語タスクフォースを設立した。

ソース:Thousand Cities



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved