ACROFAN

エーザイ、第15回アルツハイマー・パーキンソン病学会(AD/PD2021)においてアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表

記事公開日時 : March 5, 2021, 4:00 pm
ACROFAN=ACNNewswire | tokyo@acnnewswire.net | SNS

TOKYO, Mar 5, 2021 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、2021年3月9日から14日に バーチャルで開催される「第15回アルツハイマー・パーキンソン病学会 (International Conference on Alzheimer’s & Parkinson’s Diseases: AD/PD2021)」において、抗アミロイドB(AB)プロトフィブリル 抗体lecanemab(開発品コード:BAN2401)を含む当社のアルツハイマー病/認知症パイプラインに関する最新データを発表することをお知らせします。

Lecanemabについて、早期アルツハイマー病(AD)を対象として実施した臨床第II相試験(201試験)の非盲検継続投与期におけるアミロイドPETデータの予備的解析結果を口頭発表します。

米国、欧州および日本において承認申請中のアデュカヌマブについて、バイオジェン・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、以下バイオジェン)が臨床第III相試験(EMERGE/ENGAGE試験)におけるアミロイドPETと脳脊髄液(CSF)バイオマーカーの相関、また早期AD当事者様における  アデュカヌマブの有効性および安全性の評価について口頭発表を行います。

当社は、lecanemabとアデュカヌマブについて、バイオジェンと共同開発しています。

また、シスメックス株式会社(本社:兵庫県、以下 シスメックス)と当社が共同開発している血液を用いた簡便なAD診断法の創出に関して、シスメックスが全自動免疫測定装置HISCL(TM)*による血漿AB測定結果にApoE4ステータスを加味した際のアミロイド病理予測に関する新たなデータについて口頭発表を行います。

最新データの発表に加えて、当社とバイオジェンは、ADの病態生理におけるABの役割に焦点を当てたシンポジウム「ADにおけるABパスウェイの裏に潜む科学」の開催を予定しています。この分野において著名な4名の研究者/臨床医であるDr. Jeffrey Cummings、Dr. John Hardy、Dr. Colin Masters、Dr. Philip Scheltenより、アルツハイマー病の連続する病勢進行(AD Continuum)の初期に生ずる病態生理に関する話題提供やABのバイオマーカーに関する最新技術の発表を予定しています。

当社は、アルツハイマー病/認知症領域分野における35年以上の創薬活動の経験を基盤に、多元的かつ包括的なアプローチによる創薬研究を通じて、認知症の予防と治癒の実現をめざしています。革新的な治療薬を一日も早く創出し、アンメット・メディカル・ニーズの充足と認知症当事者様とそのご家族のベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2021/news202112.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved