ACROFAN

トリナ・ソーラーがSBTイニシアチブに加入し、セ氏1.5度の排出量削減目標への支援を表明

記事公開日時 : July 13, 2021, 12:56 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【常州(中国)2021年7月13日】Trina Solar(以下「トリナ・ソーラー」)はグローバルなScience Based Targets(科学的根拠に基づく目標)イニシアチブ(SBTi)に正式参加し、Business Ambition for 1.5°Cの誓約に調印した。これは排出量削減に取り組むトリナ・ソーラー自身の行動を通し、世界の気温上昇をセ氏(C)1.5度までに抑えることに貢献するという同社の責任をあらためて示すものだ。トリナ・ソーラーは世界的なエネルギー変革のリーダーであること、そして世界的な持続可能な開発を促進し、カーボンニュートラルの目標を達成することに全力で取り組んでいる。

https://www.trinasolar.com/sites/default/files/20210712104017.jpg

トリナ・ソーラーのGao Jifan会長は「トリナ・ソーラーは『太陽光エネルギーをすべての人々と社会へ』のミッションをより良く果たすためにSBTiに参加した。われわれは、当社の戦略的な優位性、強力な製品開発力とイノベーション能力、そして世界的な事業展開を活用し、可能な限り迅速にカーボンニュートラルと持続可能な開発に向かって進む。今後、トリナ・ソーラーはあらゆる段階でセ氏1.5度の誓約に沿って行動し、カーボンフリーの世界を実現するために最大限の努力をする」と述べた。

1997年12月、気候変動枠組条約の京都議定書が調印された。これは全ての国が温室効果ガスの排出を抑制するための、初の国際的な行動だった。Gao Jifan会長は同議定書が調印されたこと、そしてビル・クリントン元米大統領の「ミリオン・ソーラールーフ・イニシアチブ」に触発され、世界初の太陽光モジュールメーカーの1つであるトリナ・ソーラーを創立した。

トリナ・ソーラーは、カーボンフリーの世界を創出するビジョンを掲げる世界的なPVスマートエネルギーソリューションの大手プロバイダーとして、世界の顧客に高効率モジュール、インテリジェント・トラッカー、発電所の運用・保守サービスから成る「スリー・イン・ワン」のPVソーラーソリューションを提供している。トリナ・ソーラーは2021年第1四半期までに70GWを超えるモジュールを出荷し、約900億kWhのクリーンエネルギーを作り出し、年間51億本の植林に相当する9422万トンの二酸化炭素排出量を削減した。

SBTiは世界自然保護基金(WWF)、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)、世界資源研究所(WRI)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)が2015年に共同で立ち上げ、地球温暖化をセ氏1.5度あるいはセ氏2度に抑えるため、炭素排出量目標を設定している。

トリナ・ソーラーは、より高い削減目標と、その達成のためにより強い行動を求めるセ氏1.5度イニシアチブに参加した。トリナ・ソーラーは、中国でより厳しいセ氏1.5度の目標を支持する僅か9社のうちの1社である。全世界の1500強の企業がSBTiに参加しており、それにはForbes Global 500企業の5分の1が含まれている。

トリナ・ソーラーに関し、より詳しくは以下を参照。

https://www.trinasolar.com/en-glb/about_trina_solar 

ソース:Trina Solar Co., Ltd 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved