ACROFAN

ファーウェイのPeng Song氏:C.A.Fモデルがネットワーク競争力構築と成長促進への鍵

記事公開日時 : October 20, 2021, 4:23 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2021年10月20日PR Newswire=共同通信JBN】第7回Ultra-Broadband Forum(UBBF 2021、超広帯域フォーラム)が19日ドバイで開幕した。このイベントでは、ファーウェイ(Huawei、華為技術)のグローバルキャリアマーケティング&ソリューションセールスのPeng Songプレジデントが、「Extend Connectivity, Drive Growth(コネクティビティーの拡張、成長の促進)」と題する基調講演を行った。同氏はファーウェイのC.A.F(Coverage Architecture Fusion)モデルを定義して詳しく説明した。Peng氏は、「コネクティビティーには大きなチャンスがある。通信事業者がCAFモデルに基づいてネットワーク競争力を構築することが重要である」と強調した。

基調講演を行うPeng Song氏
基調講演を行うPeng Song氏

昨年は困難と機会の両方に満ちていた。コネクティビティーに対する需要は、家庭と企業の両方で大きな変化を遂げつつある。家庭は教育、仕事、売買の中心となっている。企業はもはや、コネクティビティーのための帯域幅だけに注力しているわけではない。エンタープライズコネクティビティーは、通信技術(CT)から運用技術(OT)に変化した。コネクティビティー拡張とクラウドとの統合が、コネクティビティーに関連する主要テーマとなっている。今日、世界中の国々がデジタル化を加速しており、コネクティビティーの価値が再定義されている。事業者はどのようにして産業のデジタル化を加速し、コネクティビティーの価値を最大化し、新たな成長を達成することを支援できるのか?

Peng氏によると、C.A.Fモデルが重要である-「C」はcoverage(カバレッジ)を表し、「F」はfusion(フュージョン)を、「A」はarchitecture(アーキテクチャー)を表している。

Coverage:現在、家庭や企業へのコネクティビティーを拡張して、新しい需要に対応し、ビジネス価値を実現する方法を探求する。コネクティビティーに対する需要は、家庭と企業の両方で変化しつつある。より広いカバレッジが利用可能になれば、事業者は企業内のすべての部屋、すべてのデバイス、およびすべての本番システムへのコネクティビティーを拡張する必要がある。これにより、接続回数が増え、ユーザーの定着率が高まり、最終的にはより多くのビジネスチャンスが生まれる。

家庭シナリオでは、Peng氏は家庭へのコネクティビティーを拡張する2つの方法を提案した。1つは、ファーウェイのフルサービスファイバーグリッド計画と業界をリードするAirPONおよびデジタルクイックODNソリューションを使用して、ファイバーカバレッジを加速し、ファイバーを家庭に拡張することである。もう1つは、FTTH(Fiber to the Home)からFTTR(Fiber to the Room)へ、ホームネットワーク用にファイバーを部屋までさらに拡張することである。これはわれわれの想像を超えた経験をもたらすだろう。ユーザーの定着率を高めながら、さらに重要なことに、デジタルホームに足場を提供し、スマートサービスの開発を可能にする。

エンタープライズシナリオでは、Peng氏は、競争力を維持するために専用回線が差別化された製品を提供する必要があると強調した。さらに重要なことに、コネクティビティーは企業内でCTからOTに拡張される必要がある。このようにして、鉄鋼会社のリモートPLC制御のように、企業が直面する多くの問題を解決することができる。これにより、生産効率とユーザーエクスペリエンスが向上する。

Fusion:将来、コネクティビティーがクラウドとどのように統合され、デジタル化が可能になるかを探求する。デジタル化はICT業界にとって最大の機会である。それはもはや概念ではなく、現実だ。間違いなく、クラウドはデジタル化の中核であるが、コネクティビティーも重要な役割を果たす。Peng氏によると、コネクティビティーはクラウド中心であり、企業のクラウドへの移行をサポートする必要があるため、「Fusion」は重要である。コネクティビティーとクラウドを統合する必要がある。通信事業者はこの過程で大きな役割を果たすことができる。

Peng氏は講演の中で、融合に関する2つのフェーズに言及した。最初のフェーズでは、コネクティビティーはクラウド中心である必要がある。このフェーズには、以下の3つのキーワードが含まれる。「クイック」とは、エンタープライズ側にインテリジェントクラウド端末を展開して、高速なクラウドアクセスを実現することをいう。 「マルチクラウド相互接続」には、バックボーンネットワークのSRv6が単一の接続を介してマルチクラウドアクセスを実装できるようにすることが含まれる。「決定論的」とは、決定論的であり続けるためのネットワークスライシング機能を提供することを意味する。

第2フェーズでは、コネクティビティーがクラウドに収束し、エコシステムを構築する必要がある。これは最も難しい部分だが、最も価値のある部分でもある。ネットワーク選択クラウドとクラウドスケジューリングネットワークを実装するには、ネットワーク機能の原子化と開放性が必要である。

Architecture:現在および将来のビジネスの成功を達成するために必要なネットワークアーキテクチャーの特性を調査する。Peng氏は、ネットワークの進化を促進するには、ネットワークアーキテクチャーをより柔軟にするためにスパインリーフモードが必要であることを強調した。また、ネットワークサービスをより環境に優しいものにするためには、PONやOXCなどのテクノロジーが必要である。O&Mの観点からOPEXを最適化するには、自動運転ネットワークを導入する必要がある。OXC、SRv6、ADNなどの新しいテクノロジーを探求するファーウェイの継続的な取り組みにより、アーキテクチャーの基盤が強化されている。

Peng氏は「行動は果実であり、言葉は葉っぱに過ぎない」というアラビアのことわざを引用し「われわれが直面している過酷な環境にもかかわらず、ファーウェイはコネクティビティー技術のイノベーションに引き続き注力している。 当社は、現在も将来もビジネスの成功を達成するため、自社の役割を果たし、顧客をサポートしてゆく」と述べ、基調講演を締めくくった。

Related Links :

https://www.huawei.com/cn



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved