ACROFAN

温江の住民は、よりグリーンな雰囲気を楽しむ

記事公開日時 : December 17, 2021, 3:48 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【成都(中国)2021年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】温江政府は、住民のためにより良い生活環境を作ることを目的として、緑道(グリーンウェー)の建設、河川生態系の整備、孔子廟を中心とした文化保護の強化に重点を置いている。

雪山風景は、中国南西部四川省の省都、成都の温江区の魅力の1つ)(撮影:Zhang Zhiqiang氏)
雪山風景は、中国南西部四川省の省都、成都の温江区の魅力の1つ)(撮影:Zhang Zhiqiang氏)

一方、唐代(618-907年)の詩人・杜甫は、成都の眺めを「窓含西嶺千年雪(窓からは千年の雪を頂いた西嶺が見える)」と表現した。

環境保護を強化するための政府の継続的な取り組みが奏功し、成都の温江区では今も同じ風景を目にすることができる。

277平方キロメートルに広がる温江は、温暖な気候、河川と緑地、農業および工業生産量で「黄金の温江」として知られている。

温江は、農村の活性化を支援し、この地域の観光、創造性、スポーツ、レジャーなどの分野で産業開発を促進することを狙いとして、全長698kmの緑道システムを構築している。

温江区政府(Wenjiang District Government)は、緑道の北部の一部で長さ65kmのBeilin Greenway(北林緑道)で、国際マラソンや自転車レースなどのイベントを主催している。

Jiang'an River(江安河)とJinma River(金馬河)は、温江を流れる2つの川である。温江政府は、文化・観光開発を促進するために、2つの河川沿いの地域を整備することを決定した。地域の生活水準を向上させるために、公共サービス施設と湿地公園が作られる。

Lujia干潟は、かつて温江の金馬河の低開発部分だったが、開発され公園になった。公園には、サイクリング、ジョギング、観光、写真撮影、キャンプなどのアクティビティーを楽しむために、年間100万人近くの来訪者がある。

新しいインフラストラクチャーと風景の作成とは別に、温江は古いコミュニティーの一連の整備計画を開始した。

1世紀に及ぶ長い歴史を持つ古い車線の1つであるTuanjie Laneは、整備の過程を経ても伝統的な外観を維持している。石細工、豆腐店、古い茶屋などの伝統的な文化とライフスタイルの要素により、来訪者は古代の温江を体験することができる。

孔子廟は温江の歴史を示す特別なハイライトである。地方政府は、廟を中心とした文化的地区を開発することを決定した。

今後、温江は、住民との交流を強化し、社会・経済開発においてより高い目標を達成するために文化的開発を促進する。



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved