ACROFAN

慶尚北道の日本ソーシャルメディアアンバサダー第1陣の活動終了

記事公開日時 : January 7, 2022, 4:08 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【ソウル(韓国)2022年1月7日PR Newswire=共同通信JBN】慶尚北道の観光PR日本事務所は、日本のソーシャルメディアアンバサダー第1弾の活動が終了したと発表した。

慶尚北道の日本ソーシャルメディアアンバサダー第1陣の活動
慶尚北道の日本ソーシャルメディアアンバサダー第1陣の活動

アンバサダーは慶尚北道の観光に関心のある日本人25人で構成され、その目的は慶尚北道各地の美しい観光名所の魅力を日本にPRして広めることである。

アンバサダーは9月の開所式から4カ月にわたり慶尚北道の観光を強力にPRし、上映イベント2件、休日を祝う風呂敷包みイベント、また、料理教室2件、TV撮影地の観光プロモーションイベント計6件に参加した。

これらのイベントは計174点のコンテンツをつくって広げた。彼らのさまざまな活動はFacebookページ(https://m.facebook.com/gyeongbuk.jp )およびInstagram(https://www.instagram.com/accounts/login/ )で閲覧可能である。

12月10日に開催された「ソーシャルメディアアンバサダーのイベント」を最後に、2021年のアンバサダー第1陣の活動が終了した。イベントは慶尚北道観光PR日本事務所運営ディレクターで神戸コリア教育文化センター代表理事である金信鏞(Kim Shinyong)氏のあいさつで開会した。

それ以降、2021年に、アンバサダーイベントの結果は共有され、休日を祝う韓国風呂敷包みイベントのオンライン教室も開かれた。彼らはTV撮影地の紹介を通じても慶尚北道を宣伝した。さらに、慶尚北道の記念品がアンバサダーに授与され、高評価のアンバサダーが選定されて、その努力が感謝された。

慶尚北道観光PR日本事務所のHeo Young-cheol所長は「日本人の慶尚北道に対する愛情と関心は印象的である。アンバサダーの皆さんのコミットメントに心から感謝したい。慶尚北道の観光マーケティングのために、われわれはアンバサダーの活動支援に最善を尽くす」と語った。

▽問い合わせ先

EmpathySEEDS, JI HYUN PARK
053-257-8999
estour215@gmail.com

ソース:The Japanese office for tourism and promotion of Gyeongsangbuk-do



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved