ACROFAN

Accorは壮大な新プロパティーを多種多様に取り揃え2022年を迎える

記事公開日時 : January 19, 2022, 9:10 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【パリ2022年1月19日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界中で発見する300を超す新たなデスティネーション

Accor(アコー)は、ゲストと世界の旅行者が2022年以降に訪れるのを心待ちにできる最新のプロパティーと、近く開業予定のデスティネーションの幾つかを公開した。ロンドン、ドーハ、モスクワなど、世界で最もエキサイティングなデスティネーションの多くは、今年、複数の新しいAccorホテルを迎える。一方、幾つかのAccorブランドは、インドネシアのパンカランブン、デンマークのコペンハーゲン、パナマ市のカスコビエホなど、エキゾチックな、予期せぬ、または新しい領域を探索した。

AccorのSebastien Bazin会長兼最高経営責任者(CEO)は「Accorは、従業員、顧客基盤、ブランドにおいて、多様性の力を強く信じている。われわれは、発見のための新鮮なコンセプトとエキサイティングな新しい場所を絶えず紹介している。2022年に300を超す新しいホテルとリゾートが開業し、世界中の常連ゲストの広大なコミュニティーの各メンバーが、彼らの次の旅への刺激を与えるユニークな場所を見つけることを確信している」と語った。

今年最も期待されている開業の1つは、Raffles London at The OWOである。この建築の傑作は、ウィンストン・チャーチルからイアン・フレミングまで、英国で最も有名な政治家やスパイが住んだ、ホワイトホールのアイコニックな建物である歴史的な旧陸軍省庁舎にあり、120の客室とスイート、85のユニークなブランドレジデンスと11のデスティネーションレストランとバーを作るための記念碑的な改修作業の仕上げ段階にある。一方、イングランド北西部では、Novotel Liverpool Paddington Villageがリバプールのホスピタリティーの標識として開業する。16階建て、220室以上の客室を備えた新たなフラッグシップホテルは、この活気に満ちた音楽、文化、傑出したパブの街で、観光客と地元の人々にとって最も高層の最も魅力的な集いの場の1つとして際立つ見通しである。

欧州全体でのAccorのネットワークの力は、最近および今後の開業によって引き続き強化される。幾つかの例を挙げると、Sofitel Barcelona Skipper、Mercure Amsterdam North、ibis Styles St. Margrethen Switzerland、イタリア・レッチェのMercure Hotel President、イタリアのMGallery Cagliari Palazzo Tirsoなどである。パリは、Accorの本社として、またパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain)サッカークラブのスポンサーとしてだけでなく、2024年の五輪・パラリンピック大会のサポートによっても、Accorの心に近い、大切な市場であり続ける。2022年に、AccorはMGallery Issy-les-Moulineaux Domaine de la Reine Margotとgreet Paris Vincennesなど新たなホテルをパリに迎える。

大西洋の向こう側で、北米は今年後半に大陸初のRaffles(ラッフルズ)を心待ちにしている。Raffles Boston Back Bay Hotel & Residencesは、ボストン市内の有名なバックベイ地区に位置する35階建ての建物で、146のレジデンス、147の客室、スカイバーやスピークイージーを含む6つの飲食店を備えている。印象的な3階建てのスカイロビーは、この種のものとしてはボストン初となる見込みである。

中東も、特に2022年ワールドカップカタール大会により、Accorにとって刺激的な拠点である。Accorはイベントの訪問者のための宿泊施設の公式プロバイダーに選定され、湾岸アラブ諸国全体のアパートとビラ6万室以上を管理および運営するチームメンバーを提供している。グループはまた、近く開業するRixos Doha Qetaifan、サウジアラビアのRixos Obhur Jeddah、およびアラブ首長国連邦(UAE)のドバイのRixos Jewel of the Creekにより、カタールと地域全体でRixosのポートフォリオを拡大する。Accorは、新しいRaffles Dohaと姉妹ホテルのFairmont Doha、サウジアラビアのアッシャーバレーにあるBanyan Tree AlUla、Fairmont La Marina Rabat-Saleなど、地域全体に多くの素晴らしい新ホテルも紹介する。

2022年のAccorのもう1つの注目すべき市場はロシアである。国内観光は特に、国際的なサービスと高水準の休暇体験に慣れているロシア人旅行者の間で成長を続けている。Accorは、Novotel Moscow ComCity、ibis Styles Kogalym Russia、Movenpick Resort and Spa Anapa Miracleonなど、多様なデスティネーションで全国的にポートフォリオを拡充している。

さらに、Accorはデンマークで最初の物件として、コペンハーゲンの端に位置するibis Styles Orestad Denmarkをオープンする。ホテルは、この美しいスカンジナビアの国でAccorの第1歩を記す。

最後に、ライフスタイルは世界のホスピタリティー業界で最も急速に成長しているセグメントの1つであり、AccorはEnnismoreとの合弁事業を通じて、Mondrian(モンドリアン)、SLS、The Hoxton(ザ・ホクストン)、Morgans Originals(モーガンズオリジナル)およびMama Shelter(ママ・シェルター)などの主要なライフスタイルブランドを成長させ続ける。このカテゴリー全体の優れた開業には以下を含む:中国で最初のMondrian Hong Kong Kowloonは、客室324室で遮るもののない港の景色を望む。最初のMaison Delano Parisは超シックな8区に位置し、伝説のフォーブール・サントノレ通りからほど近いところにある。TRIBE Phnom Penh Post Office Squareはカンボジアのホテルシーンに大胆なデザインをもたらし、Mama Shelter Dubaiは、アパート、プール、屋外映画館を備え、市の中心部にあるリゾートのアイデアを具現化した壮大なMamaである。

AccorのAgnes Roquefortグローバル最高開発責任者は「Accorの開発パイプラインは非常に堅ろうであり、2022年に極めて多くのプロジェクトを実現できることは喜ばしい。世界中の当ブランドのホテルエは、過去2年間よりもはるかに大規模な方法で、ゲストをお気に入りのデスティネーションに迎え入れるとともに、新しい場所を紹介することにも熱心である」と述べた。

Accorの2022年の最も注目すべき開業の、より広範なリストは以下の通り。

Accor

2022年の注目すべき開業

▽北欧

*Raffles London at The OWO(2022年後半から):ホワイトホールのランドマークでGrade II(2級指定建造物)に指定されている旧陸軍省庁舎にある壮大な新ホテル。建物は初めて一般公開され、120の客室とスイート、85のユニークなブランドレジデンス、11のデスティネーションレストランとバーを作り出す記念碑的な改修が行われた。

*The Emporium Plovdiv- MGallery(ブルガリア)(2022年初頭):かつては有名デパートであり、現在は古代のフォーラムの様式で設計されたホテルの物語は続いており、ゲストは壮観なChampagne Bar & Cocktail Loungeでくつろぎ、高級なウェルネスとフィットネスゾーンを満喫し、または、ホテルの3つの会議室でスタイリッシュな会合を行う。

*Movenpick Resort & Spa Anapa Miracleon(ロシア)(2022年初頭):夏が6カ月続く黒海のリゾートタウン、アナパでは、Movenpick(モーベンピック)のゲストは晴天を満喫し、リゾートの5つのスイミングプール、スポーツ、子供向けの遊び場、アドベンチャーパーク、コンサートステージ、ファミリーレストラン、魅力的なスパとウェルネス施設を楽しめる。

*Pullman Tbilisi Axis Towers(ジョージア)(2022年半ば):印象的なAxis Towers複合施設内にある客室226室の新ホテルは、屋上プール付きのスカイバー、賑やかなレストランとバー、市内中心部で最大の会議ホールを備え、トビリシに新しい基準を設定する。

*Mercure Amsterdam North(オランダ)(2022年半ば):地下鉄駅付近の活気に満ちたノールト地区に位置するホテル。設計者のCharlotte Emmerig氏は、地元の湿地を利用し、心地よい静けさに触発されたホテルを作り上げた。

*Mercure Szklarska Poreba(ポーランド)(2022年半ば):レジデンスが隣接する確かな地元の珠玉である。デザインは、素朴な山中の隠れ家に触発されたものでありながら、旅行者が切望する最新設備のすべてを提供する。

*Mercure Brasov Cubix(ルーマニア)(2022年初頭):Mercure(メルキュール)は、その歓迎のスタイルを57の快適でモダンなテーマ別の客室にもたらし、社交イベントや企業イベント用の最新の会議室、地元料理を提供するレストランとバーを備えている。

*Novotel Liverpool Paddington Village(2022年半ば):この16階建てのフラッグシップホテルは、リバプールで最高層のホテルとなり、比類のない音楽の遺産、文化的アトラクション、陽気な性質を備えた活気あふれる街の訪問者や地元の人々に活気のあるスポットを提供する。

*Novotel Living Tallinn(2022年後半):バルト海地域でこの種の最初の長期滞在プロジェクトである124の主要なレジデンスは、タリンの旧市街と港の間の魅力的な地区で旅行者を歓迎する。活気ある社交エリアを備えた施設には、共有ワークスペース、ジム、レストランが含まれる。

*ibis Styles Kogalym Russia(2022年半ば):ユグラで最初のibis Styles(イビススタイルズ)ホテルが提供する122室は、欧州クラスの快適さ、タイガ(針葉樹林帯)のモチーフ、北方の自然の色彩を備えている。

*ibis Styles St. Margrethen Switzerland(2022年半ば):スイスのボーデン湖地域に位置するこのホテルは、愉快な3本の松をテーマとし、人間工学に基づいたデザインで、精神をリフレッシュするように設計されている。

*ibis Styles Orestad Denmark(2022年半ば):コペンハーゲンの端に位置する186室のホテルは、Nest45プロジェクトにあり、オフィスや中小企業とスペースを共有している。商業地区や空港から車ですぐの距離にある。

*ibis budget Manchester Airport(2022年半ば):このホテルでは、ふんわりとした羽毛布団と枕を備えた262室の快適な客室と、美味しい朝食ビュッフェを提供する。

▽南欧

*Sofitel Barcelona Skipper(2022年半ばにブランド変更):ゴシック地区にあるこの愛されたホテルは、バルセロネータビーチに隣接する羨望のロケーション、素晴らしい海景、人気のタパスレストランTendiezで知られている。間もなくSofitel(ソフィテル)の旗を掲げるこのホテルは、心地よい垂直庭園、現代のエレガンス、フレンチラグジュアリーの退廃的なタッチで精神を高揚させる。

*MGallery Tel Aviv Elkonin(イスラエル)(2022年半ば):眠らない街にユニークで高級なブティックホテルの趣向をもたらす。ホテルは、1910年代にテルアビブで最初に建てられたホテルの当初の精神を保ちながら、モダンでエレガントなデザインを提供する。テルアビブの南にあるファッショナブルなネベツェデク地区の中心部に位置するホテルは、44室で開業し、ジョエル・ロブション(Joel Robuchon)氏による看板レストラン、屋外スイミングプール、クラランス(Clarins)スパ、屋上バーを備える。

*MGallery Issy-les-Moulineaux Domaine de la Reine Margot(フランス)(2022年後半):パリの門付近にあり、マルグリット・ド・ヴァロワ王妃がかつて所有した記念建築物であるJardin des Quieudes(高齢者入居施設)の中心部でゲストは洗練を見出す。Jean-Michel Wilmotte氏によって建築・設計されたホテルのスパは、旧世界の華麗さと現代的なシックさを融合させ、菜園と果樹園は豊かな屋外の美を提供する。

*MGallery Cagliari Palazzo Tirso(イタリア)(2022年半ば):カリアリにあるこのロマンチックなイタリアの宮殿の歴史は保存され、その一方で、旅行者や地元の人々の心に残る体験に新しい生活と現代のラグジュアリーを吹き込んでいる。ホテルには、85室の魅力的な客室、屋上ラウンジとバー、植物園とプール、2つのスタイリッシュなレストラン、広々としたスパ、広大な会議スペースがある。

*MGallery Troyes la Licorne(フランス)(2022年後半):トレボワ運河に面したダンピエール埠頭にあるこの壮大な建物は、素晴らしい景色を望む広々とした客室とスイートを提供する。舗装された魅力的な中庭に踏み入れると、ゲストは幸福の繭に包まれ、飲み物や軽食を楽しみながらリラックスしたり、ミシュランの星付きシェフが率いるダイニングルームレストランでくつろいだりできる。

*MGallery Cap d'Antibes Juan-les-Pins(フランス)(2022年半ば):アンティーブ岬の端に位置し、松林をわずかに見下ろす、海岸からほど近い場所にある。アールデコ様式のホテルは、プライベートプール付き4室とテラス付き4室の計8室のスイート、キャビン3室のスパ、レストラン、バー、屋上スイミングプールを含む64室の客室を備えている。ゲストは徒歩圏内にあるカジノやエンターテイメントのオプションも楽しめる。

*MGallery Theatron Jerusalem Hotel & Residence(イスラエル)(2022年半ば):ほとんどのエルサレムのホテルが位置する市内中心部とは異なり、Theatronは豊かな緑に囲まれた静かな住宅街にあり、松の木立とエルサレム南部一帯を眼下に見下ろしている。ホテルは76の客室と40のブランドアパートメント、レストラン、ロビーカフェバー、会議室、シナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)、プール付きスパ、フィットネスエリアで構成される。

*Niko Seaside Resort Crete Mgallery(ギリシャ)(2022年半ば):ミラベッロ湾の素晴らしいパノラマの景色を望むモダンでスタイリッシュな大人専用のリゾートには、143室のユニークなデザインの客室とスイートがあり、そのほとんどに専用のプランジプールがある。

*Swissotel Bat Yam(イスラエル)(2022年半ば):このホテルは、感化された健康的な生活を目指した多目的ライフスタイル生活プロジェクトの一部になる。そびえ立つリゾート複合施設は、地中海の壮大な景観を最大限に活かしたバルコニーを持つ236の客室に旅行者を迎え入れる。

*Mercure Benidorm(スペイン)(2022年半ば):コスタブランカ沿いにあるMercure Benidormは、ポニエンテとレバンテのビーチを散策し、美しい教会や通りのある旧市街を発見するのに理想的な場所である。

*ibis Styles Dreux(フランス)(2022年初頭):ドルーの中心部にある60室のホテルは、近代建築とミッドセンチュリースタイルの巨匠であるル・コルビュジエに敬意を表している。イエロー、ブルー、パウダーピンクの客室は、1950年代に忠実な家具やアート作品で気分を高める。テーブルサッカーのあるゲームエリア、コワーキングエリア、夜はバーに変わる朝食エリアのすべてが楽しい社交環境を作り出している。

*greet La Rochelle & greet Paris Vincennes(2022年半ば):ヴィンテージ品に第2の命を与えることは、greetのポジティブホスピタリティーの使命「良い行いで良い気分に」の一部である。このアプローチは、市内のロンプセイ地区の都市再開発の一環を成す再生された149室のホテルであるgreet La Rochelleと、新たなgreet Paris Vincennesで実現している。

▽インド、中東、アフリカ、トルコ

*Banyan Tree AlUla(サウジアラビア)(2022年半ば):アシャール渓谷内の砂漠のオアシスに位置するこの美しいテントキャンプは、平和なベドウィンコミュニティーの中で共存しながら、環境に配慮したラグジュアリー体験と健康回復の聖域を提供する。

*Raffles Doha(2022年後半):ルサイルのアイコニックな塔の中にある豪華な6つ星のRaffles Dohaは、専用ジム、スパ、マジュリス(サロン)、ゲームルーム、ヘアサロンを備えた33階と34階の豪華なロイヤルスイートを含む132室のスイートのゲストに、伝説的なラッフルズバトラー(執事)サービスを提供する。

*Fairmont Doha(2022年後半):壮大なボールルーム兼イベントスペースでRaffles Dohaに接続されている豪華な5つ星ホテルでは、特権的な「ホテル内のホテル」体験であるFairmont Goldが含まれるとともに、カタールの豊かな文化と街の現代的な変革を反映している。

*Fairmont La Marina Rabat-Sale(2022年半ば):高級ホテルと川沿いのレジデンスはラバトとサレの歴史地区を眼下に望み、川、海、ハーバーフロントの景色を広く見渡し、優れたショッピングスペースと屋外スペースを潤沢に提供する。ゲストとレジデンスオーナーは、Fairmont Spaに戻り、バランスと静けさを取り戻す。

*Fairmont Tangier Tazi Palace(2022年後半):タンジール郊外のTazi Palaceの謎と策略が、この新しい5つ星の高級リゾートの魅力をさらに高めている。当初は1940年代に国王の顧問によって建てられた広大なリゾートには、134の客室、2つのVIPビラ、1つのロイヤルビラがある。

*Sofitel Agadir Royal Bay Resort(2022年半ば):フランスのラグジュアリー、カスバ建築、ビーチフロントスタイルが魅惑的に融合されたホテルは、アガディールからわずか10分の場所に位置する。上質なフランス料理、アジア料理、モロッコ料理が提供され、ゲストはリゾートのカクテルバーで生演奏を、So Funナイトクラブで世界のDJを楽しめる。

*Rixos Jewel of The Creek Dubai(2022年半ば):Jewel of the Creek開発の「ジュエル」として設計された新しいRixos高級リゾートは、豪華なプール、造園、噴水と、ブティック、レストラン、バーが並ぶウォーターフロントの遊歩道、80バースのマリーナなどアウトドアの楽しみを豊富に備えている。

*Rixos Doha Qetaifan Island(2022年後半):カタールで最初にオープンするRixosは、ワールドカップ2022にちょうど間に合い、地元文化とエンターテイメントのランドマークになる見通しである。ゲストは、広大なスーク(商業地区)、ビーチクラブ、テーマパーク、ウォーターパークとアラビア湾のパノラマ景観を楽しむことができる。

▽東南アジア

*The Admiral Hotel Manila - MGallery(2022年半ば):フィリピンで最初のMGallery(Mギャラリー)は、地元の文化、祭り、英雄、民族舞踊、デスティネーション、固有の産品、伝統的なゲームを紹介する6つのユニークなテーマ別フロアを備えている。巧みにデザインされた客室とスイートは、BoseサウンドバーやAPPELLESバスアメニティーなど、配慮の行き届いたラグジュアリーを備えている。

*Orchard Hills Residences - MGallery(2022年半ば):シンガポールで最初のMGalleryの所在地は、世界的に有名なオーチャードロードのショッピング地区にある。この168のサービス付きレジデンスは、受賞歴のある日本のスタジオ、日建設計によって設計され、没入型の空間、細心の注意を払ったキュレーションと、ラグジュアリーなホスピタリティー、ヘルスケア、ウェルネスの熟慮された統合を通じて、ゲストを個人的な自己発見の旅にいざなう。

*Naru Hotel Seoul - MGallery(2022年半ば):麻浦区に位置するこの新しいMGalleryホテルでは、漢江が眼下に広がり、汝矣島の景色を望む。196室のホテルは、ブランドの特徴である、特注のミクソロジーと近隣の文化が溶け込んだ魅力的なストーリーの融合を提供する。

*Pullman Singapore Orchard(2022年半ば):スタイリッシュな改装を経て、オーチャードロードのショッピング地区の中心部にあるホテルは、Appleの旗艦店などの商業店舗と小売店が呼び物の複合用途開発の一部となり、市内で最高のモールの幾つか、シンガポール植物園、クラークキーのエンターテインメントの飛び地から徒歩わずかの場所にある。

*Pullman Lombok Mandalika Beach Resort(2022年初頭):この5つ星リゾートは、クタマンダリカの人里離れたビーチにあり、257の客室、スイート、ビラを提供し、紺碧のインド洋を見下ろすアクアマリンプールが点在する。ゲストはビジネスセンターで創造性を発揮し、チルアウト(リラックス)スペース&ウェルネスセンターを利用し、会議室や最大800人収容可能なボールルームで社交を楽しむことができる。

*Movenpick Phan Thiet(2022年後半):ホテルには2つのレストラン、エグゼクティブラウンジ、充実したウェルネス施設がある。

*Grand Mercure Bali Legian Resort(2022年半ば):バリで最初のGrand Mercureリゾートは、レギャンビーチの白い砂浜で、家族、カップル、ビジネス利用のゲストにトロピカルなラグジュアリーとビーチフロントの体験をもたらす。269の客室を備えたホテルは、国際空港から車でわずか45分の距離にあり、さまざまなレストランとバー、イベントスペース、ウェルネスエリアがある。

*Novotel Phnom Penh Beung Keng Kong(2022年半ば):プノンペンの市内中心部で、王宮と独立記念塔にほど近いこの253室のホテルは、ビジターと地元の人々が楽しめるように設計され、3つのレストラン、複数の会議室、スイミングプール、フィットネスセンター、スパを備えている。

*Mercure Pangkalan Bun(2022年半ば):Accorの新しいデスティネーションであるこの4つ星ホテルは、9階建て150室の客室を提供し、8階建てのオフィスビルに接続している。インドネシアの中部カリマンタン州の中心業務地区という理想的な立地のこのホテルは、品質へのこだわりを堅持し、地元に根ざしたオーセンティックな体験を提供する。

*Mercure Miri City Centre(2022年半ば):ボルネオ島の見事な沿岸都市ミリにある新しいMercureホテルは、市内中心部と空港に近い便利なロケーションにある。160の客室、ボールルーム、会議室、ダイニング会場、スイミングプール、ジムを備えており、ゲストは、本物のマレーシア文化の温もりと魅力の中であらゆる重要な快適さを体験できる。

*Mercure Living Putrajaya(2022年半ば):ビジネスやレジャーでの長期滞在を求める向きには、活力を回復するモダンな体験が待っている。終日営業のダイニング、エグゼクティブラウンジ、52メートルの海水インフィニティスイミングプール、フィットネスセンター、テニスコート、スパがあり、ゲストはダイニングとリビングエリア、ワークスペースを備えた広々としたモダンなスイートで真のくつろぎを得る。

*Mercure Rayong Lomtalay(2022年初頭):ラーヨン県の壮大なレームメーピム岬にあるのは、タイで最も新しい、トレンディなデスティネーションビーチリゾートで、高級なビーチフロントの客室から海の見えるビラまでさまざまな宿泊施設を備えている。

*Mercure Da Lat Resort(ベトナム)(2022年半ば):市内中心部の旧駅エリアにある緑豊かな庭園に囲まれた歴史的建造物であるMercure Da Lat Resortは、文化的、歴史的な街とベトナム中部地域の雄大な高地を探索するのに理想的な出発点である。

*ibis Styles Bangkok Silom(2022年半ば):バンコク中心部のシーロム通りに位置し、BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅へのアクセスが容易なホテルで、家族向けのコネクティングルーム、フィットネスセンター、会議室を備えている。

▽太平洋

*The Porter House Hotel, Sydney - MGallery(2022年初頭):1870年代の遺産に登録されたシドニーのPorter Houseは、新しい36階建てのタワーに接続し、ホテルとレジデンス、プールとフィットネスセンター、2つのレストラン、巡回アートギャラリーのある4階のバー、会議施設、プライベートダイニング施設、ビジネスセンターの組み合わせを提供する。

*Hotel Morris(シドニー)(2022年初頭):1929年に建造された歴史的なWest End Hotelは、大規模改修を経てHotel Morrisとして再開される。82室のホテルには、ピット・ストリートに面する1階のレストラン・バー、壮大な屋上バーがある。

*The Sebel Wellington Lower Hutt(ニュージーランド)(2022年半ば):ハット川を見下ろすスタイリッシュなアパートメントスタイルのホテルには、60のフルサービスのスタジオルームと1ベッドルームのアパートメント、活気あるレストラン・バーのBiscottiがある。

▽大中華圏

*Raffles at Galaxy Macau(2022年初頭):世界クラスの統合型高級リゾートのGalaxy Macau(TM)への素晴らしい追加となるRaffles at Galaxy Macauは、客室を個人的なキャンバスとして特徴付け、各部屋にSamsung The Frame Hospitalityテレビを備え、ブランドの名高いラッフルズバトラーは、控え目なオーダーメイドのサービスを提供する。

*Sofitel Shanghai North Bund(2022年後半):有名な上海のスカイラインの素晴らしい景色を望む300の豪華な客室とスイートを備えた見事な25階建てのランドマークホテルでは、フランスのアール・ド・ヴィーヴル(暮らしの芸術)が輝きを放っている。ゲストは、Club Millesime、豪華なSofitelスパ、超近代的なSofitelフィットネスジムで、モダンフレンチスタイルを楽しめる。

*Guiyang Art Centre Hotel, Emblems Collection(2022年後半):Accorの最新のラグジュアリーブランドであるEmblems Collection(エンブレムコレクション)は、貴州省の省都にある有名なGuiyang Art Centre(貴陽アートセンター)で最初のホテルをデビューさせる。当初は個人の豪邸として建てられたEmblemsは、ラグジュアリーの新鮮でモダンな表現をもたらし、このエキサイティングで成長し続けるユニークなホテルとリゾートのコレクションの基準を設定する。

*The Silveri Hong Kong - MGallery(2022年初頭):ランタオ島の銀山と島を取り巻くきらめく海を想起させる名前を持つ香港初のMGalleryは、緑豊かな都会のオアシスである。屋外テラスがたくさんあり、シティーホテルでは思いがけない癒しの隠れ家を体験できる。

*AKI Hong Kong - MGallery(2022年半ば):特徴ある湾仔地区の歴史的なファサードは、都会の探索で忙しい1日を過ごした後でゲストがくつろげる高級で落ち着いた雰囲気を醸し出している。最上階にある品の良いウイスキーバーでは、ミクソロジーがクリエーティブな精神と文化的な会話と融合している。

*Swissotel Beijing(2022年半ば):大規模改修を経て、香港マカオセンター内のSwissotel Beijingがかつてないほど美しくなった。健康、フィットネス、幸福に細心の注意を払い、環境に配慮した、中心部に位置するホテルのゲストは「Live it Well(良く生きる)」よう後押しされる。

▽北米・中米

*Raffles Boston Back Bay Hotel & Residences(2022年後半):北米でのRafflesの最初のプロパティーは、洗練されたエレガンスの都会的表現を約束し、特徴ある多目的ホテルとピエダテール(セカンドハウス)スイート、ベッドルーム1~3室の住居、壮大なペントハウスのユニークなコレクションで構成される。

*Sofitel Legend Casco Viejo(パナマ)(2022年半ば):国連教育科学文化機関(ユネスコ)の保護地域と国連指定の世界遺産地内に位置するホテルは、手付かずのウォーターフロント沿いにあり、歴史的な場所でラグジュアリーな体験を求めるレジャーとビジネス利用のゲストに理想的である。

*Novotel Mexico City Insurgentes WTC(2022年半ば):メキシコ市で最も活気のあるビジネス地区の1つである世界貿易センター(WTC)メキシコシティーの正面という理想的な場所にあるホテルは、ブランドの特徴的なGourmet Bar(グルメバー)とMeet Nワークスペースを備えている。

Ennismore

業界で最も急速に成長しているカテゴリーの1つであるライフスタイル・ホスピタリティーにおけるAccorの比類のない地位は、目的中心の起業家精神と創業者が築いたブランドのグローバルポートフォリオを持つクリエーティブなホスピタリティー企業であるEnnismoreが率いている。以下のブランドと物件はEnnismoreの一部である。

▽北欧

*25hours Hotel Indre By(2022年初頭):スカンジナビア初の25hoursホテルになる。市内中心部に位置し、K?bmagergade(クブマゲーデ、歩行者専用道路)に直接アクセスできる複合施設で、ラウンドタワーに隣接しKongens Have公園とKongens Nytorv広場に近く、4棟243室の客室で構成されている。25hours Hotel Indreには、スカンジナビア初のNENIレストラン、The Boilerman Bar、Caf? Duseが入る。

▽南欧

*Maison Delano Paris(2022年後半):超シックな8区の中心部アンジュー通り4番地にある18世紀の中庭の建物にあり、伝説のフォーブール・サントノレ通りにほど近いホテルは、56の素晴らしい客室とスイート、世界的に有名なシェフのDani Garcia氏による新しい食のコンセプトを提供する。Maison Delano ParisはMaison Delanoブランドの立ち上げとなる。

*The Hoxton, Poblenou(2022年初頭):ゲストに地元の生活の真の味わいを提供することを約束するThe Hoxton, Poblenouは、240の客室、屋上プールとタケリア(タコス料理店)、明るく広々としたロビー、日当たりの良いピザテラスとスライスショップ、多機能イベントスペースを備え、バルセロナを探訪するのに最適な拠点である。

*SO/ Paris(2022年半ば):4区のセーヌ河岸に構えるSO/ Parisは、パノラマのレストランテラス、息を呑むような美しい景色、エレガントな客室とハンサムなスイート、ワールドクラスのフィットネスとスパ設備を備えており、パリのエキサイティングな新住所である。

*Mama Shelter, Lisbon(2022年1月):イベリア半島の最初のMamaの住所は、活気あるプリンシペレアル地区と記念碑的なマルケス・デ・ポンバル広場の間にあり、屋上から全市の息を呑むような景色を一望できる。130の客室と、伝統的なフランスのブラッスリーを新たに解釈したレストランで、ゲストをリスボンのダイナミックな雰囲気に没入させ、真のリスボエタ体験に導く。

▽インド、中東、アフリカ、トルコ

*Mama Shelter, Dubai(2022年後半):197の客室と192室のアパートメント、さまざまな飲食店、4つのプールのあるテラス、屋外のCineMamaなど多くを備え、真の砂漠の真珠になる。それは市の中心部にあるリゾートのアイデアを具現化した壮大なMamaで、Mama Shelterグループを設立し、クラブメッドを共同設立したTrigano家の起源を思い起こさせる。

▽東南アジア

*TRIBE Phnom Penh Post Office Square(2022年初頭):最新のテクノロジー、スマートデザイン、特徴的なベッドとアメニティー、上質のリネン、衣類スチーマー、レインシャワー、特製スウェットローブ、ネスプレッソコーヒーマシンを備え、カンボジアのホテルシーンに大胆なデザイン編集をもたらす。

*Mondrian Hong Kong Kowloon(2022年後半):香港の活気ある九龍の賑やかな旺角地区に位置するこのホテルは、中国初のMondrianであり、世界で7番目のMondrianホテルになる。40階324室のホテルは、香港の起源に遊び心を加え、遮るもののない港の景色と39階のCarna by Dario Cecchiniでの高級ダイニング体験を提供する。

▽北米・中米

*21c Museum Hotel St. Louis(2022年後半):ブティックホテル兼現代美術館でシェフ主導のレストランは、10階建ての旧YMCAビルにある。このビルは1926年にゴシック様式の要素を含むルネッサンス・リバイバル様式で建設され、米国国家歴史登録財に指定されている。

▽南米

*SLS Puerto Madero(アルゼンチン)(2022年初頭):SLSは、有名なイタリア人デザイナーで建築家のPiero Lissoni氏により設計された58の客室とスイートを備え、都市のダイナミックなエネルギーに新鮮でモダンな雰囲気をもたらす。ゲストや地元の人々は、日本の味に着想を得たダイナミックなアルゼンチングリルであるLeyniaに集まる。大きなイベントルームは企業の会議や個人の祝事のためのスペースを提供する。

*JO&JOE Medellin(コロンビア)(2022年初頭):JO&JOEの共有、自発性、個人的な体験の文化は、旅行者を集め、ホステルの楽しさとホテルの快適さを融合させ、世界を探索する人々の幅広い国際的なコミュニティーにアピールする。JO&JOE Medellinは、市の有名なストリートアーティストの何人かを際立たせる、活気のある共用スペースが呼び物である。

▽ACCORについて

Accor(Accor )は、世界110カ国で5200件を超す施設と1万件以上の飲食店を擁する世界最大級のホスピタリティーグループである。グループは業界で最も多様かつ完全に統合されたホスピタリティー・エコシステムの1つで、40を超すラグジュアリー、プレミアム、ミッドスケールおよびエコノミータイプのホテルブランド、エンターテインメント、ナイトライフの会場、レストラン、バー、ブランドのプライベートレジデンス、共有宿泊施設、コンシェルジュサービス、コワーキングスペースなどを網羅している。業界で最も急速に成長しているカテゴリーの1つであるライフスタイル・ホスピタリティーにおけるAccorの比類のない地位は、目的中心の起業家精神と創業者が築いたブランドのグローバルポートフォリオを持つクリエーティブなホスピタリティー企業であるEnnismoreが率いている。Accorはまた、独特のブランドの比類のないポートフォリオと全世界約26万のチームメンバーを誇る。6800万を超すメンバーは、Accorの包括的なロイヤルティープログラムALL - Accor Live Limitless(ALL - Accor Live Limitless )の恩恵を享受している。このプログラムは広範な特典、サービス、体験へのアクセスを提供する日々のLifestyleコンパニオンである。AccorのPlanet 21-Acting Here、Accor Solidarity、RiiSEおよびALL Heartist Fundの各イニシアチブを通じて、グループはビジネス倫理、責任あるツーリズム、環境の持続可能性、コミュニティー関与、多様性、包含性によりポジティブな行動を推進することを重視している。1967年創設のAccor SAはフランスに本社を構え、ユーロネクスト・パリ証券取引所(ISINコード:FR0000120404)と米国店頭市場(ティッカー:ACCYY)に上場している。詳細な情報はウェブサイトgroup.accor.com(group.accor.com )を参照するか、Twitter(Twitter )、Facebook( Facebook )、LinkedIn(LinkedIn )およびInstagram(Instagram )でAccorのフォローを。

▽メディア問い合わせ先

Charlotte Thouvard
charlotte.thouvard@accor.com  

Mike Taylor
mike.taylor@accor.com  

Line Crieloue
line.crieloue@accor.com



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved