ACROFAN

STAYING OR GOING?

記事公開日時 : January 26, 2022, 8:45 am
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

変化する旅のスタイルが

観光エコシステムにどのような影響を与えるのか?

【香港2022年1月26日PR Newswire】

DTC(Direct-to-consumer)・ブランド・小売業界におけるIoT関連のビジネスを専門とする経営コンサルティング会社praxis(プラクシス) 。自社発行のウェブマガジンappraisal. at present.の最新号 "STAYING. GOING. & TOURIS" では、変化をする旅のスタイルについて考えます。

国は閉鎖され、旅行も凍結。公共の場での活動が、一年以上にわたってほぼ停止しています。

観光に依存している経済は困難に陥っています。文化施設、見本市や会議、旅行代理店、宿泊施設、レストラン、小売店など、観光のエコシステム全体が、一夜にしてその活動を「ひっくり返された」のです。

その後、2021年の夏には希望が生まれ、一時的に休暇や旅行が復活。現在は、まだ新しい旅のカタチは見えてきません。

この不安定な状況の中で、観光産業に従事する多くの労働者は解雇され、自分のキャリアを再考する人も増えています。彼らは、米国で始まった「大量離職」の現象の多くを占め、伝染病への不安、低賃金での不本意なシフト勤務、業種の変更、家族やプライベートな時間への再認識など、複数の要因により世界的に拡大しています。

その一方で、旅行者は自分たちの夢や希望を見つめ直しています。  ソーシャルディスタンスを置いたり、誰とも会わずに時間を過ごしたり、運の悪い人はストレスを抱えて仕事をしています。ひらめきとまではいかなくても、少なくとも人生や優先順位に対する新しい認識が生まれ、自由な時間の過ごし方、リモートワークの選択、休暇の取り方などに必然的に影響を与えています。

次のビジネスチャンスや休暇、恋人との時間のバランスにお割れながら、人々は現在の状況にどのように反応しているのだろうか?短期的の反応とは、そして長期的な影響とは?

appraisal. at present. 本号では、新しいローリング形式で、業界の課題である「人」に焦点を当てます。旅行やホスピタリティを理解し、再構築するための多様な方法を、学際的、地理的、文化的に多様な立場から、これらの専門家やオペレーターとともに提案しています。Cathy Hsu, Buathon Thienarrom, Akira Mitsumasu, Jose Santos, Maria Porro, Peter Hydebrand, Elena Stella, Lucy Long, Roberta Garibaldi, Mark Hennebry, Simone Gibertoni, Sara Roversi, Ludovica Rubbini, Manda Foo, Sara Magro, Stefania Paxhia, Hugh Mc Cloy, Shizue Ishibashi, Neha Tiwari, Roberta Moncada, Giulio Contini, Priscilla Poon, Rocco Bova, Elena Lodola.

appraisal. at present. とは

顧客対応型ビジネスに関する研究と記事を集めたウェブマガジンです。

praxis社のクライアント業務に加え、自主的に多角的な視点、そしてコミュニティ主導で制作しています。

https://appraisalatpresent.com/

praxis. (プラクシス)は、DTC(Direct-to-consumer)・ブランド・小売業界のコネクテッドリテールのビジネスを専門とする経営コンサルティング会社です。

https://intopraxis.com/ja/about/

(日本語リリース:クライアント提供)



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved