ACROFAN

[CHINAJOY 2016] 韓国ゲームの新たな挑戦に会える「韓国共同館」現場スケッチ

記事公開日時 : August 4, 2016, 7:30 pm
ACROFAN=金 炯根 | hyungkeun.kim@acrofan.com | SNS
中国を代表するゲームの展示会である「CHINAJOY 2016」が28日、上海の新国際博覧センターでのイベントの幕を上げた。31日まで進行される「CHINAJOY 2016」では、中国のオンライン、コンソール、モバイルなど様々なゲーム産業の現在と未来を見ることができるイベントが行われる。

「CHINAJOY 2016」のB2B館に入るとすぐ見える「韓国共同館」は韓国のゲームメーカーたちが 実力を発揮するために設けた空間である。ここは韓国の文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院、ソウル産業振興院が一緒に運営しており、Pearl Abyss、L&K Logic Korea、Funigloo、Zepetto、Studio Domaなど35社が参加した。

参加したメーカーたちは、それぞれのゲームからソリューション、音楽、ゲームのアートまで代表製品を披露し、忙しくビジネス相談活動を行った。 「韓国共同館」を訪問した海外のバイヤーは各メーカーの製品を見て気になる点を担当者に聞いた。

また、「韓国共同館」と連携して開催される「第8回韓-中ゲーム文化祭」の一環として、参加メーカーのゲーム原画やゲーム中のキャラクターの衣装などを展示する「韓-中ゲーム広報館」も運営されていた。

 
▲「CHINAJOY 2016」のB2B館に「韓国共同館」が運営されている。

 
▲35社が「韓国共同館」に参加し、世界各国のバイヤーとのビジネスミーティングを進行する。

 
▲AIARAは拡張現実ベースの3Dペイント「Crayon Pang」を披露した。

 
▲Zepettoは新規FPSゲームをもって「韓国共同館」に参加した。

 
▲Nuri Worksは「Wild Buster」を披露した。

 
▲Studio Domaは、様々なゲーム音楽で中国でも有名だ。

 
▲Funiglooは、「Seal Mobile」を披露した。

 
▲「韓-中ゲーム広報館」にゲームキャラクターの衣装が展示されていた。

 
▲ゲーム原画やポスターも「韓-中ゲーム広報館」で見ることができる。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved