ACROFAN

[CHINAJOY 2016] COGマイケル・チェン代表-ケビン・チェン副代表インタビュー

記事公開日時 : August 4, 2016, 7:30 pm
ACROFAN=金 炯根 | hyungkeun.kim@acrofan.com | SNS
中国を代表するゲームの展示会である「CHINAJOY 2016」が28日、上海の新国際博覧センターでイベントの幕を上げた。31日まで進行される「CHINAJOY 2016」では、中国のオンライン、コンソール、モバイルなど様々なゲーム産業の現在と未来を見ることができるイベントが行われる。

中国のゲームムメーカーCOG(China Online Games)は「CHINAJOY 2016」のB2Bブースに参加する。COGは中国と世界のゲームメーカーと中国のサービスや海外サービスの可能性を発見するため相談する。

COGは2006年からオンラインゲーム、ウェブゲーム、モバイルゲームなど、さまざまなプラットフォームのゲームを開発したり、世界各地にサービスをしてきた企業だ。特にモバイルゲーム分野で100個以上のゲームのグローバルサービス関連事業を進めており、2014年からは香港、マカオ、東南アジア、アメリカ地域の海外サービスも直接実施している。

韓国マーケットでも「タイタン・シーズ」などのゲームをサービスし、多数の韓国ゲームの海外マーケット投入にも関与した。マイケル・チェン代表自らも韓国のオンラインゲームを直接楽しんできたと自慢するほどの韓国のゲームの熱烈なファンである。

では、COGは中国のゲームマーケットと海外のゲームマーケット、そして韓国ゲームについてどのように考えているかを聞くためにCOGのマイケル・チェン代表とケビンチェン副代表に会った。

 
▲COGのマイケル・チェン代表とケビン・チェン副代表のインタビューが行われた。

「COGは、さまざまなプラットフォームを介してゲームを制作およびサービスしながら、何よりも世界マーケットの重要性を認識し、韓国をはじめ、海外のゲームマーケットとの出会いを維持しようと努力しました。おかげで、現在は海外のゲームをパートナーと一緒に中国マーケットにサービスしたり、中国のゲームを海外マーケットに紹介するビジネスモデルで成果を収めています。」

マイケル・チェン代表の紹介によると、COGを通じてサービスされている自社開発のゲームとパブリッシングゲームの割合が6:4で、この中にはWebゲーム「War of Glory」が海外で月の売上高は約100万ドルを記録しており、クライアントベースのオンラインゲーム「Titan Siege」も多数の国でサービスが行われ、COGの名を広めた。

彼はCOGの過去と現在のビジネスモデルなどを紹介し、ゲームの開発及び海外サービスにおいての強みを3つ挙げた。まさに「サービスエリアの文化」、「サービスエリアのユーザの性向」、「サービスエリアに合わせた現地化」だ。
特にゲームの選定段階から現地化、サービス計画などすべての過程が決して一つの方法で簡単に決定することができないことを強調して、同様の傾向を示す国たちを縛って、マーケットの変化と需要に敏感に反応しながら積極的に対応していることを強調した。

また、今後の目標について独自の開発と共同開発などに参加する人数を200人水準に拡大、より高いクオリティのゲームを開発し、中国と世界の主要マーケットにリリースするという計画も明らかにした。

 
▲マイケル・チェン代表は地域の文化やユーザーの傾向、ローカリゼーションが最大の強みだと紹介した。

これを自分で韓国のゲームのファンだと明らかにしたチェン代表とチェン副代表は、韓国のゲームと韓国のゲームメーカーの話も忘れなかった。

チェン代表は、「韓国のゲーム会社の場合、オンラインゲームの時代には、アジアオンラインゲームの父と呼ばれるほど絶対的な位置に上がったが、モバイルゲームの時代には、中国マーケットに大きく影響を与えていません。」と言いながら 「状況を見回すと韓国の開発会社と中国のパブリッシャーとの間で文化などの理解の差で問題がしばしば起きますが、今でもオンラインゲーム時代の方式を固守しようとする姿を見せて残念です。」と指摘した。

続いて韓国のモバイルゲームがグラフィッククオリティと表現力が優れて、コンテンツ企画などにおいて優れた創造性を持っていると話しながらも、サービスの部分が韓国内のサービス、またはグローバルサービスだけに集中しており、中国マーケットの現実とは合わないと述べた。彼は韓国のゲームメーカーが中国のゲームマーケットでは過去のオンラインゲーム時代の栄光を取り戻すためには、ゲームシステムやコンテンツを中国マーケットに合わせる過程を甘受するほど切迫感を持つべきだと明らかにした。

続いてケビン・チェン副代表も「韓国の企業が中国マーケットの特殊性を甘く見てはいけません。韓国ではいくつかのマーケットだけを管理したら終わりますが、中国では200以上のマーケットが運営されており、その中で中心マーケットと呼ばれるマーケットも約20に達します。」と話して 「この特殊性への理解が行われた状態からサービスが行われるとそれだけ成功の可能性も開かれるところがまさに中国のゲームマーケットです。普遍的のアプローチではなく、切実な心を持って現地マーケットのニーズに応える熱意が必要です。」と述べた。

一方、「CHINAJOY 2016」B2B館に参加し、ビジネスミーティングを行うチェン代表は「中国と海外の両方を合わせて200以上のゲームメーカーとの相談が予定されています。新しい会社を見つけるより戦略的な提携に関して深い話を交わしたいと思います。」と言いながら「韓国のゲームメーカーともより積極的な話をして良い機会を作ることができると期待しています。」と期待感を示した。

 
▲ケビン・チェン副代表は中国マーケットに進出する際に、特殊性を理解しなければならないと強調した。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved