ACROFAN

TopOnがMeta Audience Networkのアプリ内入札オープンベータに移行

記事公開日時 : April 20, 2022, 5:26 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【広州(中国)20224月20PR Newswire=共同通信JBNTopOnMeta Audience Networkとのクローズドベータを終了し、正式なオープンベータ入札パートナーになったことを発表した。Meta Audience Networkとの入札をより広く利用できるようにすることで、すべてのパブリッシャーは手動承認なしですぐにMeta Audience Networkの入札システムに参加できるようになり、アプリ内入札のメリットをより早く、簡単に体験できる統合が実現した。

 

TopOnHarry Yang最高マーケティング責任者(CMO)は「Meta Audience Networkはオープンでフェアなエコシステムへの移行をサポートし、パブリッシャーがビジネスに最適な方法で入札を導入できるよう、さまざまな入札統合オプションを提供している。今回の新しいパートナーシップは、業界最大の入札パートナーであるMeta Audience Networkで当社の入札デマンドソースを拡大するため、TopOnと当社のパブリッシャーの両方にさらなる価値をもたらすと考えている。これは、パブリッシャーが広告収益の最大化と運用効率の向上をシームレスにするための重要な一歩である」と述べた。

MetaThe New Era in Ad MonetizationHow App Bidding is Transforming Businesses広告収益化の新時代アプリ入札はどのようにしてビジネスを変革しているかリポートによると、入札の導入後、いくつかのパブリッシャーは、1日のアクティブユーザーあたりの平均収入ARPDAU13%から27%の上昇を記録し、大幅な収益増加を経験した。その上、ウオーターフォール型の集約的な収益化手法とは逆に、パブリッシャーを支援して、代わりに個々のインプレッションの価値を高めることで、ポストIDFAの世界の潜在的な影響を排除することができる。

TopOnでは、常に製品の継続的な開発に注力している。今回の入札への自動統合により、すべてのデマンドソースがオープンで公正なリアルタイムオークションに入札することで顧客の在庫への競争が激しくなる。つまり、すべてのインプレッションの単価が高くなる。さらに、複雑なウオーターフォールを維持する負担を取り除くことから、入札によってビジネスに大きなインパクトを与える案件の推進に集中できる。その上、入札ではより多くのデマンドソースを簡単に追加できるため、待ち時間への影響を最小限に抑え、運用リソースを解放して在庫の競争を高めることができる。

その上、TopOnは開発者やパブリッシャーに対して、常に公正で透明性の高いアプリ内入札ソリューションを提供している。広告プラットフォームごとに異なる入札の状況を踏まえ、各プラットフォームの特性や実際のコミュニケーションに応じて柔軟に戦略を設定することで、インプレッションごとの収益を最大化するIntelligent Hybrid-Sortingソリューションの提供を始めた。

重要なMetaの広告エコシステムは、MintegralmyTargetInMobiPangleTencent ads、バイドゥ(Baidu)など同社の他の入札パートナーに加わり、より多くのパブリッシャーの在庫をめぐる競争の促進に貢献する。Advanced Biddingのメリット活用に関心があれば、アカウントチームまたはbusiness@toponad.com に連絡を。


 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved