ACROFAN

イートンの車両グループ施設が新しい技術やシステムで環境への影響を低減

記事公開日時 : April 24, 2022, 2:41 pm
ACROFAN=Businesswire | webmaster@businesswire.com | SNS

米ミシガン州ゲールズバーグ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- パワー・マネジメント企業のイートンは本日、当社の車両グループがグローバル施設の88%を「埋立廃棄物ゼロ」(ZWTL)として認定し、2019年以降、埋め立て地に運ばれる廃棄物の量を55%削減したことを発表しました。イートンはZWTLの定義を、再利用、堆肥化、リサイクル、焼却によって埋立廃棄物転換率98%を常に達成することとし、焼却によって発生した熱を回収して焼却工程で使用された以上のエネルギーを作り出すために使用した場合のみとしています。



イートン車両グループのグローバル運用担当バイスプレジデントのスニル・バンダリは、次のように述べています。「私たちが、エネルギー効率を高め、環境への影響を最小限に抑え、カーボンフリーの未来に近づけるよう製造施設をアップグレードすべく協力してきたことを大変誇らしく思っています。持続可能性への当社の取り組みは、現在および今後数十年にわたって当社を信頼する人たちの生活の質と環境を改善するという当社の中核となる使命の一部です。」

廃棄物を削減するために、車両グループは、再利用、リサイクル、廃棄物のエネルギー化、廃棄物の埋め立ての4つの主要分野に焦点を当てています。

削り屑を水から分離してリサイクルすることにより埋め立てを回避

このような取り組みの中で重要なプロジェクトの1つが車両グループの研削屑プロジェクトであり、研削工程を行っているすべてのグローバル拠点で導入が進んでいます。

削り屑は、金属切断行程で、オイル、冷却剤、水などの液体が金属微粒子や濾過材と混合する際に生成される副産物です。削り屑は最もリサイクルが難しい廃棄物の1つですが、車両グループは切削屑廃棄物の埋め立てを回避することに関して大きな成果を上げています。

車両グループは、業者と提携して、材料を分離する可搬式遠心分離プロセスを導入しています。その後、液体は製造工程で再利用され、金属粒子はリサイクルされるため、コスト削減が実現します。2019年に行われた削り屑のリサイクル試験では、500トンの埋め立てを回避しました。そして、ZWTLの進捗を促進すべく、このソリューションを拡大する作業が進行中です。

車両グループでは、金属含有物を再利用して埋立処分の必要性をなくすことによって、メッキ工程で発生する汚泥をなくすための再利用の機会を探っています。また、汚泥を除去して水をメッキに再利用するための効率的なろ過プロセスの開発にも取り組んでいます。

さらに、一般ゴミの分別も大きく進展しています。ゴミは通常、リサイクルの機会に関する知識の欠如やリサイクル不可能な素材の使用から生まれます。紙、金属、リサイクル可能なプラスチックがゴミとなってしまうのを防ぐため、車両グループはリサイクルの機会や手順に関する教育の改善に取り組んでいます。これと同様に、車両グループは、使用するすべての梱包材がリサイクル可能であることを徹底し、サプライヤーにも同じ取り組みを行うよう働きかけています。

「これらの取り組みが最大限の可能性を発揮するよう、私たちは正しいリサイクル方法についてチームを教育しています。また、問題点や新たな機会を特定する方法について意見を求めています」と、バンダリは述べています。

グローバル拠点で大きな効果を上げている節水活動

いくつもの革新的な取り組みを実施することによって、車両グループは2019年以降、グローバル拠点における水の消費量を14%削減し、2030年の水排出量ゼロ目標の達成に向けて順調に歩みを進めています。

車両グループは、水消費量を削減し、汚染物質を削減するため、数カ所の施設で限外濾過技術と逆浸透技術を備えた廃水システムを設置しています。このシステムは、水資源を処理して工業用水として再利用します。また、一部の施設では、土地の浸透性を高め、流出率を下げて侵食を減らし、水やりが不要な在来種の植栽を行って豪雨時の雨水を管理しています。さらに、車両グループのグローバル施設では、自動フローセンサー付き蛇口を設置し、日常業務で使用する冷却水の再利用を可能にしています。

イートンの持続可能性への取り組みの詳細は、最新の持続可能性報告書をご覧ください。

お客さまの資源保護とカーボン・フットプリント削減をイートンがどのように支援しているかについては、こちらをご覧ください

イートンは、あらゆる場所の人々の生活の質を向上させ、環境を保護することに専心するインテリジェント・パワー・マネジメント企業です。当社を導いているのは、適切にビジネスを行い、持続可能な事業運営に当たり、お客さまが今日および将来もずっとパワーを管理できるよう支えるとの約束です。電化およびデジタル化という世界的な成長トレンドを生かしながら、社会全体の再生可能エネルギーへの移行を加速させ、世界で最も喫緊のパワー・マネジメントの課題の解決を支援し、当社のステークホルダーと社会全体にとって最善のことを行っています。

イートンは1911年に設立され、1世紀近くにわたってNYSEに上場しています。2021年には196億ドルの売上高を計上し、170カ国以上のお客さまにサービスを提供しています。詳細情報については、www.eaton.comをご覧ください。ツイッターとリンクトインで当社をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Thomas Nellenbach
thomasjnellenbach@eaton.com
(216) 333-2876 (cell)



Copyright ⓒ Acrofan/Business Wire All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved