ACROFAN

ACE Green Recyclingがテキサス州で北米最大のグリーンバッテリーリサイクルパーク建設へ

記事公開日時 : May 11, 2022, 5:01 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【ベルビュー(米ワシントン州)2022年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】

*鉛蓄電池とリチウムイオン電池両方のリサイクルに独自のエミッションフリーバッテリーリサイクル技術を導入予定

リサイクル技術会社のACE Green Recycling (ACE)(https://www.acegreenrecycling.com/)は、米テキサス州に北米最大のエミッションフリーで持続可能なバッテリーリサイクルパークを建設し、運営する計画を発表する。施設は40万平方フィートで、フル稼働時には鉛蓄電池とリチウムイオン電池の両方がリサイクルできるようになる。これらの電池は、自動車、電力貯蔵、電気通信産業、携帯電話やノートパソコンなどの携帯機器において重要な要素となっている。

この施設は、2023年第3四半期に第1段階の操業を開始する予定で、まずACE独自のエミッションフリーバッテリーリサイクル技術による鉛蓄電池のリサイクルを行い、その後、近接したリチウムイオン電池リサイクル施設を稼働させる予定だ。ACEは施設をフル稼働後、2025年までに年間最大10万メートルトンの使用済み鉛蓄電池と2万メートルトンの使用済みリチウムイオン電池を処理・リサイクルすることを見込んでいる。

従来、バッテリーリサイクルは、高価で汚染度の高い化石燃料を燃焼させ、しばしばセ氏1000度以上の超高温で操業し、大量の温室効果ガス(GHG)を発生させ、労働者を危険な労働環境にさらすといった製錬行程を経ていた。製錬に比べ、鉛蓄電池とリチウムイオン電池のリサイクルのためのACEの独自技術では、炭素排出ゼロで完全に電化され、より安全な職場環境を提供しながら、より高い電池材料収率を実現している。ACEはまた、同施設のスコープ2の排出量を削減するために、同社の主要な工場稼働のほとんどを太陽エネルギーで運用する機会を模索している。

ACEは、米国で主力のバッテリーリサイクル施設の設立をテキサス州とした。人口が増加し、自動車やその他の産業からの使用済みバッテリーを大量に入手できることから、テキサス州はACEの新工場にとって自明の選択である。

現在、十分なリサイクル能力がないため、米国は大量の廃棄バッテリーをメキシコやアジアに輸出する一方、バッテリーの材料を輸入して新しいバッテリーを製造しており、価値の大きな損失となっている。ACEは、テキサス州に大規模な事業所を設立することで、グローバルなサプライチェーンの不利な問題にさらされることが多い海外サプライヤーからの電池材料や電池の輸入に対する米国の依存度を下げたいと考えている。

ACEの共同創立者兼最高経営責任者(CEO)であるNishchay Chadha氏(https://www.linkedin.com/in/nishchay-chadha-9855475/)は「テキサス州は、多くの優れたエンジニアや技術者にアクセスできる世界的なエネルギー革命の中心地である。ACEの新しい施設は、この革命の一翼を担い、より環境に優しく、より持続可能な米国の未来を築くことを目指している」と述べた。

ACEのテキサス鉛蓄電池リサイクル施設は、段階的に規模が拡大される予定だ。フル稼働後は、500万個以上の鉛蓄電池をリサイクルし、5万メートルトン以上のGHG排出を抑制し、1000万ポンド以上の有害固体廃棄物の埋め立てを削減し、年間1500万ポンド以上のプラスチックをリサイクルすると計画されている。また、この施設は、地域経済に直接・間接的に最大100人の高収入の米国人雇用を創出する予定だ。ACEはリチウムイオン電池のリサイクル事業の詳細について、今後数カ月以内に発表する。

このグリーンテクノロジーソリューションのスタートアップは、構想中のテキサス州のバッテリーリサイクルパークを建設するために、自己資金を活用し、また複数の戦略的投資家および金融投資家と提携する予定だ。ACEの共同創立者兼最高技術責任者(CTO)であるVipin Tyagi博士(https://www.linkedin.com/in/vtyagiverdeen)は「テキサス州に北米初の施設を設立することをうれしく思う。この施設は重要な地域の経済活動を生み出すだけでなく、より地球に優しい環境フットプリントに貢献するだろう。われわれは、米国のバッテリーリサイクル能力に貢献することで、米国のエネルギー自立を強化し、米国のより強じんな未来を築くことを目指す」と述べた。

ACEはすでに同社の技術を商業規模で展開しており、直近ではインドの大手リサイクル業者であるPondy Oxides & Chemicals Ltd(BSE: 532626)との契約を発表し、2023年初頭までにアジア、欧州、中東での新しい施設の発表を予定している。

▽ACE Green Recycling Incについて

ACE Green Recyclingは、東南アジアとインドでグローバルな事業を展開する米国のグリーンリサイクル技術会社である。同社は温室効果ガスを排出しない使用済み鉛蓄電池向けの独自のリサイクル工程の商業化を開始し、現在、リチウムイオン電池をリサイクルするためにゼロエミッション技術を高めている。ACEはまた、他の金属廃棄物の流れに対するクリーン技術ソリューションにも同時に取り組んでいる。ACEのチームは、数十年にわたるリサイクル、テクノロジー、スクラップサプライチェーンの経験を持っており、世界的なリサイクルのリーダーになる準備ができている。

▽メディア関係問い合わせ先

Ikram Zainy
Superminted Pte Ltd
ikram@superminted.com
Tel: +(65) 96553441

▽問い合わせ先

ACE Green Recycling
communications@ace-green.com



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved