ACROFAN

Sunarso取締役社長をThe Asset Triple Aの最優秀中小企業向け銀行家に指名

記事公開日時 : July 11, 2022, 2:49 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【シンガポール2022年7月11日PR Newswire】Bank BRI(Bank Rakyat Indonesia)(IDX: BBRI)は2022年7月6日、シンガポールでThe Asset Triple Aから2件の国際賞を受賞した。BRIのSunarso取締役社長は最優秀「SME Banker of the Year(今年の中小企業向け銀行家)」を、インドネシア唯一の受賞行であるBRIは「The Best Treasury & Working Capital – SME(中小企業向け最優秀基金・運転資本)」をそれぞれ受賞した。

2022年7月6日にシンガポールでThe Asset Triple Aから受賞するBRIのSunarso取締役社長
2022年7月6日にシンガポールでThe Asset Triple Aから受賞するBRIのSunarso取締役社長

他の受賞者では、UOBのLay Hua Soマネージングディレクター兼グループトランザクション・バンキング責任者とBNPパリバ銀行東京支店の長谷川真琴(Makoto Hasegawa)トランザクション・バンキング本部長が「Transaction Banker of the Year」、Deutsche Bank(ドイツ銀行)のChintan Shahアジア太平洋(APAC)資金管理責任者、HSBC APACのYvonne Yiuグローバル流動性・資金管理地域共同責任者、Deutsche BankのErin Huang中国資金管理責任者がそれぞれ「Cash Management of the Year」を受賞した。

受賞は、最高の成果を挙げ、インドネシアに多大な貢献をしてきたBRIの全行員と、インドネシア経済の主力であるBRIの中小零細企業顧客のおかげだとするSunarso氏は「インドネシアの中小零細企業顧客は、擁護されるのではなく、教育と情報提供を受ける必要がある。だから、当行がこれまでやってきたあらゆることは自立する力を与え、教育することが重点であり、今後もやっていく」と述べた。

賞は、信頼できる外部関係者の評価、The AssetのChito Santiago編集長とDarryl Yu副編集長によるインタビュー前の複数の段階を経て決まった。

BRIの信用分配は2022年3月に前年同期比で全国平均の6.65%を上回る7.43%増の1075兆9300億インドネシア・ルピア(IDR)に達した。中小零細企業への融資分配は13.55%増、消費者向けは4.56%増、中小企業向けは3.96%増だった。

BRIの中小零細企業貸出債権は、2021年3月の826兆8500億IDRから2022年3月は9.24%増の903兆2900億IDRに増加、BRIの総融資額に対する中小零細企業融資の比率は83.95%となり、2024年には85%になると予想される。

パンデミック中に中小零細企業の自立に焦点を当てたBRIは、12兆2200億IDRの純利益を記録した。2022年第1四半期末のBRIの資産は1650兆2800億IDRに達した。

BRIは中小零細企業にさらに重点を置き、2025年までに「東南アジアで最も価値のある銀行グループで金融包摂のチャンピオン」になることを目指している。

詳細は次を参照: www.bri.co.id



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved