ACROFAN

Sunlineが見識を共有し、HiFS 2022でJoint Cloud Native Digital Loan Solutionを立ち上げ

記事公開日時 : July 26, 2022, 2:26 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【シンガポール2022年7月26日PR Newswire】「Shaping Smarter, Greener Finance(よりスマートで環境に配慮した金融の構築)」をテーマにシンガポールのマリーナベイ・サンズで開催されたファーウェイ インテリジェント金融サミット2022(Huawei Intelligent Finance Summit 2022)は、世界の金融業界の主要人物、KOL(キーオピニオンリーダー)、学識経験者、パートナー数百人を招集し、今後の金融業界の発展動向を踏まえ、環境に配慮したデジタル金融をどのように構築するかについて話し合った。

ファーウェイ(Huawei、華為技術)の金融業界の重要なエコシステムパートナーであるSunlineとファーウェイは、joint cloud native digital loan solutionを正式に立ち上げた。Huawei Cloud上に構築されたこのソリューションは、2020年にSunlineによってリリースされたエンタープライズレベルのマイクロサービス・バンキングフレームワークEDSPを採用し、斬新なエクスペリエンス、機能、速度、アーキテクチャーおよび基盤を備えたソリューションを生み出す。

国家経済の基礎である金融機関は、特に現在のポストパンデミックの状況の中で、非接触型、デジタル、オンラインの金融サービスを実現する必要性が高まっている。世界規模の銀行はデジタルトランスフォーメーションの過程で、レガシーシステムを置き換えるための莫大なコストとリスク、トランスフォーメーションに関連する予算の制限と不確かな投資利益、オープンなビジネス・技術経験の欠如、激しさを増す競争、パンデミックによる非接触型サービスの需要の高まりなどによって、同様の課題に直面しており、従って、デジタル金融サービスに関して、FI(金融機関)とその顧客の両方からの緊急のニーズと要求に迅速に対応できるソリューションを持つことが不可欠である。

SunlineとファーウェイのJoint Cloud Native Digital Loan Solutionはオープン戦略を採用しており、これにより、金融機関は、オンラインローン商品キャンペーン、顧客E-KYC(電子本人確認)、リスク評価、資金支払い、ポストローン処理など、広範な非接触型サービスを開始することができる。このソリューションは、ビジネスとシステムの両方の要求に応じた高速かつ動的な水平スケーリングをサポートし、金融機関の高まるアジャイル開発の要求を満たすためにDevOpsの継続的デリバリー・アセンブリーラインを提供する。最終的には、銀行業務をはるかに便利にすると同時に、引き続きユーザーフレンドリー、タイムリー、プロフェッショナルであり、より優れた顧客満足、顧客維持、顧客ロイヤルティーにつながる。

Sunlineとファーウェイは、この業界での実装成功例を増やすことでマルチレベルの綿密な協力を確立している。今後、Sunlineとファーウェイのさらなる協力は市場にさらに大きなイノベーションをもたらし、世界の金融業界がデジタルトランスフォーメーションを加速するのを支援する。



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved