ACROFAN

Generationがパンデミックの発生以降の修了生2万5000人の節目を達成

記事公開日時 : July 29, 2022, 1:24 am
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

GenerationThe BlackRock Foundation、マッキンゼー・アンド・カンパニー、マイクロソフト、ベライゾンと協力して世界の失業への取り組みに成功し、これまでに14000万ドル以上の給与所得を生み出した数多くの人たちを職に就けた。

ワシントン, 2022年7月28日 /PRNewswire/ --世界規模の非営利雇用ネットワークGenerationは28日、2020年3月にCovid-19パンデミックが始まって以降の修了生が16カ国で2万5000人に達し、新たな節目を越えたと発表した。7年以上前の立ち上げ以来、数多くの人を職に就け、修了生は合計6万5000人となった。

The BlackRock Foundation、マッキンゼー・アンド・カンパニー、マイクロソフト、ベライゾンと一体になった取り組みであるGenerationのGlobal Jobs Recovery(グローバル・ジョブ・リカバリー)連合によってGenerationは、この取り組みがなければ到達できなかった職業に就かせるために、あらゆる年齢層の人たちを訓練、あっせん、支援してきた。2万5000人のパンデミック時の修了生は既に、こうした新しい職で合計1億4000万ドルを超す給与所得を手にしている。

GenerationのMona Mourshed創設グローバル最高経営責任者(CEO)は「協力してくれた人たちとともに、この節目に達することができて喜んでおり、パンデミック期間中、われわれのプログラムを通じて自らの人生を変容させた数多くの人の努力と熱心さに感激している。われわれは、リモート環境にあっても人々がいかに新たな技能を学び、才能を実証し、職場で卓越することができるかを直接、目の当たりにしてきた。しかし真に包摂的な雇用は依然として多くの課題に直面しており、われわれは引き続き、雇用主、政府、それに実務者らと協力し、あらゆる人種、ジェンダー、民族集団、学歴を有する才能ある候補者のために機会を生み出していく」と語った。

特に、パンデミック中はGenerationのプログラムの大半が恒久的オンライン、またはオンラインと対面式が混合したやり方で行われたとはいえ、その結果は引き続き好調だった。修了生の74%はプログラム修了後の3カ月以内に職に就き、6カ月以内ではこの率は85%に上昇した。この人たちはGenerationに参加する前に比べて3-4倍の収入を得ている。就職してから1年後も78%が引き続き雇用されている。

Generationがプログラムを提供している人たちは通常、雇用プログラムへの参加以前にさまざまな問題に直面している。40%が6カ月以上の間、失業している。2020年修了生の場合、Generationのプログラム以前に生活必需品を購入できていたと報告したのは全体のわずか38%だったが、今では81%が購入できていると言っている。また彼らはさまざまなグループに属している。パンデミック時修了生グループの3分の2は、中等学校あるいは職業訓練教育しか終えておらず、53%が女性で、大半が過小評価された生活コミュニティーの出身であり、30%以上が扶養家族を抱えている。

GenerationがこれまでにGlobal Jobs Recovery連合から受け取った支援金1ドルにつき、これら2万5000人の修了生はこれまでに2.74ドルの収入を生み出した。Generationはこれらの修了生が2027年までにさらに4億7450万ドルの収入を得ると予想している。これはGenerationへの慈善支援の各1ドルが、このグループに5年間で11.85ドルの収入を生み出すであろうことを意味している。

2020年後半にGenerationはBlackRock、マッキンゼー・アンド・カンパニー、マイクロソフト、ベライゾンから2年間にわたる7700万ドルの新規資金拠出と5000万ドルの現物供与の約束を得た。これは現金拠出や現物供与、Generation修了生のエコシステムにおける雇用主とのつながりに及んでいる。現在までに、このサポートをはじめとして全国および現地の他の資金提供者の支援により、Generationは政府や他の労働力パートナーとの協力体制をグローバルに拡大できるようになり、大規模な既存制度にGenerationのアプローチを組み込むことに寄与している。

Generationのパートナーとの協力は続いている。Generationは2022年の修了生が昨年の約1万2000人から増えて、2万人になると予想している。

Generation修了生でRoyal Rehab AFEA Care Servicesで障害者支援に携わっているNasiraさんは次のように話している:

「息子がダウン症候群を患って生まれてきた時、働くことなど問題外だった。その直後にパンデミックに襲われ、私は家に閉じこもり、信じられないほど無力な気がした。深い孤立感に陥っていた時、Generationの障害者支援ワーカーのプログラムについての電子メールを受け取った。プログラム課程はすべてオンラインで行われ、これは私が息子の世話をしながら修了できることを意味した。これは家族生活の軌道を永遠に変え、私の養育方法を収益化し、それを職に変える知識をもたらしてくれた」

Generation修了生でセールスフォースのプログラマーをしているLucianoさんは次のように話している:

「Generationのデジタル経済と世界的パンデミックによって最も大きな打撃を受けた人たちに機会を提供するという使命を推し進める力は、非常に強力だ。コロナ禍が民間航空と観光業界に及ぼした影響は、パンデミックが始まった途端に私が職を失ったことを意味した。Generation以前に私はプログラミングの世界をよく知らなかった。しかし職業紹介チームの指導で、わたしはすぐにこれが継続的な課題と学習機会を有する魅力的な分野であることが分かった。これは私のスキルセットにとてもマッチしている」

詳細はgeneration.org を参照。



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved