ACROFAN

Range Rover Velar R-Dynamics SE D300 試乗記

記事入力 : September 30, 2017, 12:52 am
ACROFAN=權 容滿 | yongman.kwon@acrofan.com | SNS
全世界の自動車市場で最近最も関心が高い領域ならやはりSUVの部分を挙げられるだろう。下には超小型CUVとクロスオーバーから、上はRVに挑戦するほどの高級大型SUVに至るまでSUV市場はさらに広くて細分化されている。これとともにSUV形式から来る長所を全て取りながらもオフロード走行よりはオンロード走行での性能と安らかさを追求した、オンロード型SUVが現在SUV市場から完全に主流に位置している姿だ。

最近このような市場の動きは多くの自動車製造会社の戦略に影響を及ぼした。SUVと距離を置いていたブランドもオンロード中心のSUVとクロスオーバーにこの市長に接近しようとしており、伝統的にSUVを扱っていたブランドはオンロード中心の新しいモデルと細分化されたセグメントに力量を拡大していく姿だ。そしてこのような市場の変化は危機と機会を同時に持って来ることもあるが、ジャガー・ランドローバーの立場からこの変化は両ブランドの両方に機会として作用したものとみられる。

Range Rover Velarは従来のRange RoverブランドのラインアップでRange RoverイヴォークとRange Roverスポーツの間に位置する中型SUVモデルで、Range Rover特有のオフロード性能も備えているが、オンロード中心の性格を標榜している。このモデルはRange Roverのヘリテージを明確に受け継ぎながらも最新のトレンドと技術が会ってRange Roverの過去と未来を一気に示すモデルで、Range Roverファミリーラインアップを完成するモデルでもある。

 
▲2017ソウルモーターショーで国内から初めて姿を現した「Range Rover Velar」

ラテン語で「隠す」または「カーテン」という意味の「Velare」に起源を置いた「Range Rover Velar」という名前は1969年、わずか26台のみ作ったRange Roverプロトタイプの開発名でもあり、約50年ぶりに再び世の中に姿を現した。これに Range Rover VelarはRange Roverのヘリテージを継いで受けながらもこれからの時代を開く、全く新しいレベルのRange Roverを標榜しており、Range Rover特有のデザインDNAを引き継ぎながらも現代的な再解釈が適切に加味されていることが見つけられる。

Range Rover Velarは従来のRange Roverイヴォークとスポーツと同じように慣れたとすれば慣れたRange Roverの最新デザインの要素を基盤にディテールをもっと整えた。フローティングループとクラムシェル形のボンネットは従来Range Roverの主要要素を継承し、力強く昇天するウエストラインはオフロードなどでの機能性とともに特有のシルエットとバランスの取れたエクステリアを完成する要素だ。側面のデザインも簡潔を維持しているが、キャラクターラインにあるフェンダーベントを通じて車両の躍動性の面を際だたせている。

ホイールベースは2,874mmで、全長4,803mmの中で前方オーバーハングを短く、リヤオーバーハングを長く設定することで全体的なバランスを取り、全長から来る存在感をさらに強調する効果を収めている。19インチから21インチに達するホイールもまたこの割合をもっと刺激的にする。また、ヘッドライトとテールライトはLEDを活用して高くなったデザインの自由度を十分活用したりもしたが、LEDヘッドライトはスリムなデザインでも以前より高い光量を提供しLEDテールライトもまた精巧な形象でデザインの完成度を高める。

一方、 Range Rover Velarのデザインで見つけられる独特な特徴としては自動展開式フラッシュドアハンドルがある。 Range Rover Velarで初適用されたこの自動展開式フラッシュドアハンドルは普段には入ってあるが、スマートキーを通じてドアの施錠を解除したり、ハンドルに隠されたボタンを押すと上がってドアを開けるようにする。そして車が閉まったり、8km/h以上の速度で走行を開始するとドアハンドルは再び元の位置に戻り、滑らかな側面のデザインだけでなく空気力学の効率性と燃費を向上させる効果も提供する。

 
▲インテリアはRange Rover特有の基調の中で新しいインフォテインメントシステムで雰囲気を変えた。

 
▲センターペシアにあるべきのボタンは静電式タッチインターフェースと二つのダイヤルで全て隠した。

インテリアはRange Rover特有の優雅で洗練された雰囲気とともに、新たなTouch Pro Duoインフォテインメントシステムを中心とした新しさを提供する。この新しいインフォテインメントシステムを基盤として従来センターペシアの方にあった様々な機能の操作部を二台の静電式タッチスクリーンに統合してとても滑らかなデザインを完成したのである。これとともに高級革などの題材で室内を締め切って、「Range Rover」に期待に値するほどの高級で豊かな空間を作り出した。

二つのタッチスクリーンを使用する「Touch Pro Duo」インフォテインメントシステムは上段のディスプレーではナビゲーションやインフォーテインメントなどの機能を、下段のディスプレーでは共助装置や電池型走行反応システムなどの車両制御機能を遂行する。下段ディスプレーには二つのアナログダイヤルでタッチスクリーンの操作性を補完しながら柔軟なタッチインターフェースを活用して極端に単純化された運転者インタフェースを実装することができた。一方、ステアリングホイールにも静電式スイッチを搭載して多様な機能を提供する。

Range Rover Velarはスポーツコマンドドライブポジション設計が適用され、性能中心のデザインと豪華な安らかさが調和をなす。S、SE、R-dynamic SEモデルは10方向の調節前席パワーシートとヒーティング及び運転席のメモリー機能を提供し、R-dynamic HSE及びFirst Editionモデルは20方向に調節可能な前席パワーシートとヒーティングやクーリング、マッサージ及びメモリー機能を提供する。また、後席にも暖房調整と電動式の背もたれの角度調節機能が提供され若干の角度調節を通じて少しは気楽な搭乗が可能である。

比較的長いホイールベースから出る広い空間は多様な機能でより楽に活用することができる。基本積載空間は448リットルで後席は4:2:4分割ポルディンが可能であり、最大1,731リットルの積載空間を提供する。一方、前席の方の分割スライディング機能が適用されたセンターアームレストとともに所々に実用的な収納空間が作成され、助手席では二つのUSBポートと3つの12V電源ソケットを活用することもできる。この他にも簡単なキックモーションを通じてテールゲートを簡単に開閉できる「ジェスチャーテールゲートシステム」も適用されている。

 
▲エンジンラインアップは三つ、命名基準は「出力」であることが特徴だ。

Range Rover Velarは計三つのエンジンラインアップを持っており、三つのエンジン全てインテリジェントストップ/スタート技術と共にスマート再生充電機能が搭載されてブレーキによる運動エネルギーを回収、都心での走行際の効率性を極大化した。エンジンラインアップは240馬力と51kg.mトルクを出すD240インゲニウム2リットル4気筒ツインターボチャージャーディーゼルエンジン、300馬力と71.4kg.mトルクを出すD300ディーゼル3リットルv6ツインターボチャージャーエンジン、380馬力と最大トルク45.9kg.mを出すP380 3リットルv6のスーパーチャージャーガソリンエンジンだ。エンジンの名前がすべて出力に合わせられて単純に命名されているのも特徴だ。

このうちD240エンジンは一般的な2Lディーゼルエンジンの対比性能がかなり高くなっていて、3L級エンジンに近い性能を出すのが目立つ。また、Range Rover Velarの主力エンジンになるD300エンジンも他の3Lディーゼルエンジンよりは高い出力を備え、0-100km/h 6.5秒の動力性能を提供することができる。変速機は全てのエンジン構成で8段自動変速機と組み合わされ、変速衝撃がほとんどないように設計されて変速戦略はドライビングスタイルと走行モードによって知能的に制御される。

駆動械は後輪基盤の知能型AWDシステム、全自動地形反応システム2(Terrain Response 2)と電池型プログレスコントロール(All Terrain Progress Control)が搭載され、オン・オフロードの両方で安定的な走行性能を提供する。また、知能型トルクーオンデマンドAWDシステムを通じてホイールで配分されるトルクを持続的に最適化し、ブレーキを活用するトルクバックトリングシステムを通じて高速コーナリング際にオンノステア現象を未然に防止し希望する走行ラインを維持できるようにする。

サスペンションは前輪ダブルウィッシュボーン、後輪インテグラルリンクを使用してハンドリング性能と乗り心地をともに高い水準で確保し、D300及びP380モデルには走行モードや状況に応じて性格を調節できる電子制御式エアサスペンションシステムを基本仕様で適用した。これとともに電動式パワーステアリング(EPAS)で滑らかな走行感性と直観的なステアリング回答を提供し、セルフセンタリング効果を促進するアクティブリターンシステムやステアリングホイールの操作によって応答力を調節する可変比率システムなどが適用されている。

 
▲軽量アルミ二ウム構造のプラットフォームは同じグループにあるジャガーのモデルとも繋がる。

Range Rover Velarのアルミニウムインテンシブモノコックボディーは多様な先端素材で構成されたモジュラー型構造で、約82%以上を先端のアルミニウム素材で構成した。特に車両の側面を6000シリーズの高強度アルミニウムで構成しながら、強度を維持しつつパネルの厚さを減らしたりもした。 オンロード中心の性格に合わせてループにもアルミニウム素材を活用し、車両の重心を下げて各パネルの接合部にはセルフピアスリベットを使用して、エクステリアの所々にマグネシウムクロスビーム、炭素複合素材など多様な先端素材を複合的に活用して車体の軽量化と優れた衝突保護能力を実現した。

安全関連技術ではアダプティブクルーズコントロール及びキューアシスト、アダプティブ速度制限など高級運転者補助システムと6つのエアバッグなどさまざまな安全装置が結合された。車線離脱警告システムは運転者が車線を離脱した場合、ステアリングホイールを通じたハプティック警告でこれを知らせながら車線維持補助システムはカウンターステアリングを通じて車線離脱を防止する。また、運転者状態モニタリングは運転者の車両操作状態をモニタリングして居眠り運転をしていると判断すれば運転者にしばらく休憩を取るように勧告する。このほかにも死角地帯モニタリングシステム、接近車両感知機能も搭載されている。

駐車補助機能で360度駐車補助機能は車両のカメラを通じてスクリーンに車両のオーバーヘッドビューを表示して、障害物がどれほど近付いたかどうかを知らせてくれて狭い空間での駐車を助ける。 また、「パークアシスト」は超音波センサーを使用して適切な平行や垂直駐車空間を把握して、運転者が駐車位置を受け入れれば車両が自動的にステアリングしてくれて運転者はギアと加速ペダル、ブレーキだけ操作すればいい。このほかにも牽引状態のための半自動先端牽引の補助機能はトレーラー牽引状態で後進を助け、ヒッチ補助機能は車両をトレーラーにより簡単につなげることができるよう支援する。

一方、Range Rover Velarは「InControl Remote」アプリを通じて車を遠隔でロック及び解除し、残りの燃料量を確認したり、車両の駐車位置を確認することができ、遠隔でエンジンをかけて温度調節システムを設定することもできる。この他にもスマートフォンに設置されたランドローバーのアプリを使用して盗まれた車両を追跡できる「セキュアトラッカー」技術と自動衝突監視及び最適化されたアシスタンスサービスが提供されるSOS緊急出動機能も使用できる。

 
▲試乗モデルは主力モデルとして期待されるR-Dynamics SE D300

ACROFANはRange Rover Velarのメディアの試乗会行事を通じて、Range Rover Velar R-Dynamics SE D300モデルを試乗した。3Lエンジンを搭載したこのモデルはRange Rover Velarの主力モデルとして挙げられ、試乗コースは主に高速道路などでオンロードを中心に構成された。今回の試乗を通じては、主に日常走行での安らかさと高速走行での性能面を確認することができた上、特にRange Roverモデルが提供する高級な安らぎ側面がRange Rover Velarでも依然として強調されているという点を確認することができた。

車に上がれば室内全般の構成は安らかでとてもきれいだ。これはホワイト中心のインテリア色とともに、「Touch Pro Duo」インフォテインメントシステムで物理的な操作ボタンを最小化したため可能な雰囲気でもある。計器盤もまたディスプレーの解像度が上がっており計3つのスクリーンを使用して多様な情報を確認できる構成である。ただこの新しい操作方法は機能転換と操作などで少しわずらわしさが感じられることもあり、好みによって好き嫌いが分かれる可能性もあるという気もする。

全般的に振動と騒音はよく抑えられていて初めて出発する時から中高速の領域に上がるまでとてもスムーズに速度を上げていく。この滑らかさを確保するため序盤の柔らかい出発では少し窮屈な感じがしたりするが若干の余裕を持てば得られる快適な側面がもっと大きい。序盤の1,500rpm程度から手ごわいトルクを入れて出すとは言うが、これを運転者が窮屈に感じないように柔らかくすることが印象的だ。そして騒音と振動が抑制され、挙動が安定的なので実際のスピードより体感される速度感が少し低いのもこのような感じを与える理由でもなる。

 
▲走行モードは様々な状況とともに車が自動的に状況を設定する「自動」もある。

 
▲ダイナミックモードでは車両の性格だけでなく照明の設定なども変わる。

日常でコンフォートモードで高速道路を走行するときは路面がよくない所でも騒音や揺れなどをほぼ排除する。電子制御エアーサスペンションは路面状態を持続的にモニタリングし変化に機敏に対処しながらほとんどの状況で落ち着いた動きを見せる。スピード違反防止段差を越える時もある程度予測範囲内では衝撃をかなり多く選び出して、防止段差を抜けるとすぐに姿勢を取る。ただこの予測範囲を超えることになればこれでは対応になるが後ろではおくような感じを与える時もあった。

Range Rover Velarはオンロード走行性能に集中したSUVであるだけ、高速クルージングの感じは本当に感嘆するほどだ。路面から上がってくる騒音や衝撃はもちろん、エンジンの回転数が高くなってもほとんど感じられず、風折音もかなり高速領域に達しなければ聞こえるほどよく取れている。これはcd 0.32の低い空気抵抗と徹底した防音対策に起因した部分と見られる。そしてエアーサスペンションは高速でも車両の動きの揺れを減らしながら落ち着いて、滑らかに維持する。8段変速機のギア比 もまた、クルージングで安らかさを維持するのに寄与し、100km/h前後では1,400rpm程度の回転数に止まるほどだ。

ダイナミックモードではエンジンと変速機、サスペンションの性向がもっとダイナミックに調節され、もっと高いエンジン回転数を使用しながら出力と反応性の側面をさらに引き出す。しかし、この中でもスポーティーなサウンドが目立ちよりは冷静さと静粛性を維持しながらスムーズに出力を引き出す感じがかなり立派だ。トルクが充実したディーゼルエンジンだが、3,000rpm以上の回転領域で出力を引き出す感じも立派で、どんなスタイルで走ってもRange Roverという感じを受けるほどだ。 そして急激な車線変更などの状況でも大きな偏りなどがなく落ち着いた動きを見せる部分は感嘆すべきであった。

電動式ステアリングは路面の情報をほとんど取り除いて高速コーナリングの時にはかなり独特な踏力設定で運転者に自信を与える感じを受ける。サスペンションまで落ち着いただけまるでこの車がスポーツ性向のセダンやクロスオーバーのほどによく走るような感じもする。しかし、この感覚を全部信じたら少し危険かも知れないが、限界が高いように感じられるけど思ったより早くタイヤが崩れる姿があるからだ。もちろんこのような場合にもトルクベクトリンが急速にラインを中に巻いて入れるが、車両の状況よりフィードバックが少し誇張されたと感じられる時もたまにあった。

 
▲韓国の状況に合わせたナビゲーションにはそれなりにセンスのあるコメントが出たりもした。

 
▲メリディアンサラウンドサウンドシステムも車両の高級な感じとよく似合っていた。

一方、車両内部のインタフェースのほとんどがタッチを基本とする部分では、基本的な認識率や画面の明るさなどは非の打ち所がなかったが、手に汗や水気があったりしたら少し困り可能性もありそうだ。また、補助に使用する多目的なロータリースイッチの場合に作動感じが不明確して、使用時遅い反応や誤認識などはちょっと残念な部分だ。インフォテインメントシステムも性能が強化された最新のシステムであるが、インタフェースがそれ以上に派手になって使用での快適さは少しすれすれに感じられることもある。一方、インタフェースのハングル化の面はかなり立派に揃われている。

試乗車の運転者支援機能としてはクルーズコントロール機能、車線離脱警告システムくらいを体験することができるけど、車線離脱警告システムは車線をかなり正確に認識して警告するが、振動を通じた警告の際にドアのガラスまで震えるような感じが高級感を少し落としたりもした。そして運転者支援機能と車両、計器盤の設定のためのステアリングでの操作部はタッチとボタン形式が組み合わされているが、タッチ部分の操作感は指の状況によって多少残念な気持ちが感じられる時もあった。

一方、Range Rover Velarの「高級感」は素材とデザインだけでなく相当なレベルのオーディオ性能でも感じることができた。試乗車ではMeridianのサラウンドサウンドシステムが使用されたが、825Wのシステム出力とともに防音処理がうまくできている車内で使用する時に中高音の鮮やかさがかなり目立つ設定だった。全般的に静粛性、安定性という側面が目立つRange Rover Velarの性格にこのような高級オーディオシステムはかなり立派な組合ともいえるだろう。

 
▲イヴォークとスポーツの間で、自分の位置と性格を確固に探していくたRange Rover Velar

Range Rover Velarはいろいろ登場から「絶妙なバランス」が要求される位置にある。Range Roverの過去と未来につなぐモデルであり、Range Roverイヴォークとスポーツの間に入るポジショニング側面でバランスを守りながら、強力な競争者たちの間で「Range Rover」らしい性格と競争力をすべて備えなければならないというのはかなりややこしいことである。しかしRange Rover Velarはこのような難しい課題を新しい時代の流れに合わせてそれなりに「Range Roverらしく」立派に解決したような感じを受ける。

Range Rover Velarはさまざまな意味で「Range Roverらしい」モデルだ。最近、オンロード性能が強調される状況に順応しながらも頑なにオフロードのための配慮を残し、鋭く絞られた性格よりはもっと柔らかいながらも高級な方向を志向した姿が見える。また、Range RoverイヴォークとRange Roverスポーツの間で、Range Roverスポーツに近い姿だが両モデルとの間にぎこちなく入っていこうとした多くの悩みがあちこちで見えたりもした。

Range Rover Velarは鋭く感を立てて乗るための車ではないだろう。むしろ洗練されたデザインと今まで伝えられてきたRange Roverブランド特有の高級感を感じながら車と運転者みんな余裕を残して、この余裕を楽しみながら乗るのがこの車の魅力を全部感じられる方法ではないかと思われる。もちろんオン・オフロード全て水準級の性能を備えた万能の姿だが、片方に特化されたとはいえない相当なレベルの万能「ジェネラリスト」のような存在がこの「Range Rover Velar」ではないかと思われる。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved