ACROFAN

Formula EソウルE-Prix 2020開催記念記者懇談会

記事公開日時 : July 10, 2019, 9:16 pm
ACROFAN=權 容滿 | yongman.kwon@acrofan.com | SNS
Formula E Koreaは7月2日、ソウル中区新羅ホテルで「ABB FIA Formula EチャンピオンシップソウルE-Prix 2020」の開催記念記者懇談会を開き、「ABB FIA Formula Eチャンピオンシップ」の紹介と今後の国内開催日程について紹介した。この場では「ABB FIA Formula Eチャンピオンシップ」6番目のシーズンの第10ラウンドレースが2020年5月3日、ソウル蚕室総合運動場一帯で行われる予定だと発表された。

「ABB FIA Formula Eチャンピオンシップ」の6番目のシーズンの第10ラウンドレースは、2020年5月3日、ソウル蚕室総合運動場一帯で行われる予定である。特に中国のメーデー、日本のゴールデンウィークなど主要アジア諸国の連休期間である4月25日から5月5日まではソウル国際フェスティバルを一緒に開催することで、様々なエンターテイメントを同時に楽しむことができるレーシングフェスティバルの場にすると発表した。そして「ABB FIA Formula Eチャンピオンシップ」の国内開催と付帯行事を介して取得することができる経済効果の規模は4000億ウォン以上になると予想されていると付け加えた。

「ABB Formula Eチャンピオンシップ」は、純粋電気エネルギーのみで構成されたモータ動力が使用される電気自動車のレース大会だ。既存の他のモータースポーツシリーズとは異なり、騒音や公害が少なくて専用競技場ではなく、都市中心地の公道で環境にやさしいレースに進行可能なのが特徴である。過去2014年9月に北京で初大会を開いてから毎年開催されており、2020年には6回目を迎える。シーズン6には全世界の4つの大陸、12都市で、合計14個のレースが行われる予定であり、参加企業もアウディ、ジャガー、日産、DS、BMW、ベンツ、ポルシェなど11社に拡大されした。

▲ABB Formula Eチャンピオンシップソウル大会の成功的な開催のためのセレモニーがあった

▲イ・ヒボムSeoul E-Prix 2020大会運営委員長

イ・ヒボムSeoul E-Prix 2020大会運営委員長はこの席で、大会開催の肯定的な効果として、未来成長動力の一つに数えられる電気自動車市場を韓国が先導していくことで、成長動力の確保と雇用創出などが期待できるだろうと紹介した。また、電気自動車はpm2.5や気候変動などに対応するための最善の方法の一つであり、pm2.5発生のかなりの部分を占める輸送部分が電気自動車に変わるのは時代の大勢と強調した。これと共に、大会の開催予定日である5月3日は、日本の「ゴールデンウィーク」、中国のメーデー連休などがある大型連休期間で、この期間中に国際フェスティバルを一緒に開催することで、様々なエンターテイメントを同時に楽しむことができるレーシングフェスティバルの場にすると発表した。

Formula Eは電気自動車をベースにした都心型レースで、専用競技場ではなく都市中心地の公道で進行可能である点が特徴として選ばれた。また、2014年9月に中国北京で初大会を開催したが、北京は輸送部分から出てくるpm2.5の割合が45%に達するほどで、電気自動車ベースの都心型レースというFormula Eのコンセプトによく符合する、初の大会地として格別な意味を持ったと付け加えた。今まで5つのシーズンが進行され、6回目のシーズンは2019年11月から2020年7月までに、全世界の4つの大陸、12都市から合計14個のレースで進行される予定だ。

一方、2019-2020シーズンは、サウジアラビアから始めチリ、メキシコ、香港、中国、イタリアとフランスを経た後、韓国でのレースを持って、またベルリンを経てニューヨーク、ロンドンで仕上げられる。そして韓国大会を控え、欧州と韓国を行き来する動線上の負担があるが、韓国市場の重要性とアジア地域の主要国家の連休日程を考慮したと付け加えた。これと共に、4月25日から5月5日まではソウル国際フェスティバルを一緒に開催することで、様々なエンターテイメントを同時に楽しむことができるレーシングフェスティバルの場にすると発表した。

▲「ABB FIA Formula Eチャンピオンシップ」ソウル大会の主な概要

▲都心で繰り広げられる電気自動車ベースのレース「Formula E」は電気自動車に対する認識転換のきっかけでもある

「ABB FIA Formula Eチャンピオンシップ」の6番目のシーズンの第10ラウンドで繰り広げられるソウル大会は、2020年5月3日蚕室総合運動場の一帯で構成されたトラックで行われる予定だ。また、大会を前後した4月25日から5月5日まではソウル国際フェスティバルを一緒に開催することで、様々なエンターテイメントとレースを一緒に楽しむことができる祭りの場に作ろうとすると発表した。そして大会が行われる期間には毎日K-POPスター公演が予定されており、電気自動車の国際展示会やセミナー、電動自転車と電動ボート大会なども用意して、電気輸送手段のブームを披露する予定だと付け加えた。

Formula Eチャンピオンシップのレースは、今後新成長動力として挙げられる「電気自動車」への転換への関心を喚起することができる機会にも挙げられる。世界的に電気自動車市場は急速に成長しており、それぞれの国の電気自動車産業育成政策も活発に実施されている。これと共に、pm2.5や気候変動など様々な環境問題が対応されながら、これを克服するための方案として電気自動車への転換が提示されていることもある。そして、電気自動車の核心に選ばれる「バッテリー」の関連技術では韓国と中国、日本の3カ国が世界市場の83.5%を占めており、今後電気自動車のバッテリー市場は、半導体市場以上の重要性を持つようになると予想した。

これと共に、来年ABB FIA Formula Eチャンピオンシップの国内開催は4千億ウォン以上の経済効果をもたらすことができると予想されると紹介した。大会実施と祭りが一緒に合わせられる場合の波及効果は大会の生産誘発効果が最大2,082億ウォン、付加価値誘発が最大1,114億ウォンほどと予想され、K-POP公演や観光消費支出に発生する経済効果は生産誘発効果は最大1,990億ウォン、付加価値誘発効果が最大917億ウォン程度と推算された。そしてこれらが一緒に合わせられたら、生産誘発効果は最小約2,100億ウォンから最大4,072億ウォン、付加価値誘発効果が最小約1,020億ウォンから最大2,032億ウォン水準であり、雇用誘発効果は最少1,474人から最大2,843人まで達するものと見通した。

▲Alejandro Agag Formula E会長兼代表取締役

▲蚕室総合運動場とその一帯で構成されたコースはFormula Eレースの性格を反映している

Alejandro Agag Formula E会長兼代表取締役はこの席で、もうFormula Eは全世界で会うことができて、多くのチャンピオンシップとスポンサー、ファンを集めて、すべての人々が愛するモータースポーツに成長したと発表した。そして「Formula E」のミッションとしては、シンプルで他の種類のモビリティを通じて、我々が住んでいる世界をより良いものにしようとすることを挙げており、Formula Eレースを通じて取得することができる効果には電気自動車に対する認識を転換するきっかけの提示、そして時代を変える技術を開発するきっかけとなることができると述べた。

まず、電気自動車に対する認識の転換点では、まだ電気自動車が日常で使用するに十分ではないという一般的な認識を、より安らかに近づくようにする機会になることができると紹介した。また、技術の開発面では、Formula Eの「Gen2」マシンは前世代に比べバッテリ容量が約2倍に増加し、より速い移動と長い走行距離など、さまざまな技術的発展が適用されたと紹介した。そして電気自動車においても、新しいバッテリー技術の登場は人生を大きく変えることができるものであり、韓国はこのようなバッテリー技術の面で大きな役割をすることができるものと期待して、今回の大会の開催はこれらの革新の機会になることができると付け加えた。

一方、この場ではABB FIA Formula Eチャンピオンシップの韓国大会で使用されるトラック構成が披露された。蚕室総合運動場の一帯で構成される約2.8kmほどのトラックは、メインスタジアムに入って出て、運動場内部の道路と外部の道路を使用する。そして主競技場の内部にトラックが構成されながら、多くの人が競技を観戦をすることができるものとも期待した。また、ソウル大会の計画段階で議論された「光化門」一帯での開催は、混雑度が高い都心地域での交通制御などの現実的な問題があったと明らかにして、今回の大会の開催でソウル市とも緊密に協力していると付け加えた。

▲ Sweeseng Lee ABBコリア代表取締役社長

Sweeseng Lee ABBコリア代表取締役社長はこの席で、ABBは多様なポートフォリオを持っているが、特に気候変動を減らす技術に関する売上高が全体の57%に達し、2020年までにこれに対する売上貢献を60%まで高めようということを目指していると明らかにした。ABBは2018年1月、Formula Eと7年間のタイトルスポンサーパートナーシップを結んでおり、ABBはこれにより電気自動車の充電関連技術とインフラなどで全般的サービスを提供すると紹介した。また、ABB Formula EのサポートシリーズであるジャガーI-フェイスeトロフィーでABB製品、カスタマイズ小型テラ直流急速充電器が適用されるなど、公式充電インフラをサポートしたと付け加えた。

ABBはデジタル産業のための包括的なサービスを提供する先駆的技術リーダーであり、電気化、産業オートメーション、モーション、ロボットやディスクリートオートメーションなど4つの主要な事業を運営しており、これは共通プラットフォームABB Abilityによってサポートされる。特に電気化および電気自動車の充電ソリューションにおいて高い専門性を保有しており、全世界で11,000個以上の急速充電スタンドを供給した。そしてABBのカスタマイズ小型テラDC充電器は、ABB Formula EのサポートシリーズであるジャガーI-フェイスeトロフィーレースに使用されている。一方、ABBは韓国が「自動化準備指数」1位に挙げられており、デジタル化などに積極的に取り組んでいて、自動化などが経済に及ぼす影響にも全世界で模範的な姿を見せていると明らかにした。

Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved