ACROFAN

VCNCタクシーコラボレーションモデル「TADAプレミアム」発表記者懇談会

記事入力 : March 4, 2019, 2:24 am
ACROFAN=柳 在庸 | jaeyong.ryu@acrofan.com | SNS
▲VCNCのイ・ジェウン代表がモビリティ産業の漸進的な進化を図る手順でTADA事業戦略を紹介した。

総合モビリティプラットフォームTADAがタクシー業界と力を合わせて準高級タクシーサービス「TADAプレミアム」を4月から開始する予定だと発表した。年内1,000台を目標にして最初始めの100台を対象に初期支援プログラムも用意して推進する。

つまり市民が4月からTADAプラットフォームでタクシーが参加する「TADAプレミアム」サービスを呼び出して利用できるようになること。既存産業との協力でより大きなモビリティ生態系と持続可能なイノベーションを作るというTADAのビジョンが、昨年10月に開始して以来6ヶ月ぶりに可視化されて市場のサービスに発売されたものである。

「TADAプレミアム」は準高級タクシーサービスとして法人タクシーと個人タクシーの両方参加が可能である。移動の基本を考慮するTADAプラットフォームのサービス基準を守りながらもより合理的な価格のプレミアムサービスを提供して従来にはない新たな移動市場を創出するという計画である。価格は既存「TADAベーシック」に比べ高い水準を考慮しており、まず4月からソウルから100台をはじめ、年内全国1,000台まで拡大することが目標だ。最初100台を対象に初期支援プログラムも提供してより速い速度で市場の反応が予想されている。

これは去る1月にタクシー運輸事業者6社と一緒に始めたプレミアムVAN予約サービスである「TADA VIP VAN」に続く第二のコラボレーションモデルとして、直接パートナー企業や運転手を募集することで既存の移動産業と本格的な協力に乗り出す計画だ。TADAはプラットフォームの企画段階から絶えずにタクシー業界との対話とコラボレーションモデルの構築を議論してきて、新たな試みと革新を考慮する既存の移動産業とこれをさらに積極的に拡大していく予定である。

▲TADAは3月中に高齢者や障害者顧客のためのサービスを披露し、高付加価値事業に移る。

▲「TADAプレミアム」は高収益性を持つ市場からコラボレーションモデルをはじめ安定性を図る形で運営される。

TADAは昨年10月に開始と同時に市場の爆発的な呼応を出しながら既存にない新しいプレミアム移動サービスへの需要と市場可能性を証明した。すでに高度なサービスが可能な移動市場と会員を確保して「TADAプレミアム」サービスに拡大が可能できるという判断である。TADAはサービス開始後、初期比約200倍の成長を記録しており会員数30万、再搭乗率89%という記録を立てている。

ここに移動サービスで最も重要な需要と供給を接続する最適化技術を蓄積した経験は新たにコラボレーションするタクシー事業者や運転手が試行錯誤なしに「TADAプレミアム」のような新たな移動市場領域に軟着陸するのに役立つことと期待される。

TADAを運営するVCNCのパク・ジェウク代表は「TADAはVIP VANを数字てタクシー会社との初期コラボレーションモデルを構築した。TADAプレミアムはここからさらに多くのタクシー会社、運転手さんと協業することでモビリティの革新事例になると思う。」と述べた。

▲最近各種事件事故によってメディアの関心が集中されたTADA「新事業」発表現場であった。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved