ACROFAN

[レビュー]キム・ウニ作家とNetflixとの出会い。時代劇ゾンビ物の新しい地平開いた「キングダム」

記事公開日時 : January 27, 2019, 11:44 am
ACROFAN=辛 承羲 | seunghee.shin@acrofan.com | SNS
 

ドラマ「サイン」、「シグナル」などを製作した「ジャンルもの」の大家、キム・ウニ作家はキム・ソンフン監督と一緒に様々なジャンルやプラットフォームを追求するNetflixを通じて25日、「キングダム」が公開された。6部作で構成されており、全世界で通じるゾンビ物に時代劇を加えた作品である。主演俳優では皇太子のイ・チャン役を務めるチュ・ジフン、医女のサビ役を務めるペ・ドゥナ、領議政のチョ・ハクジュ役を務めるリュ・スンニョンが出演する。

2019年初の韓国Netflixのオリジナルコンテンツである「キングダム」を制作したキム・ウニ作家はNetflixプラットフォームを通じてより自由にドラマ製作をすることができた。Netflixで可能な背筋が寒くなる約15秒ほどのモーションポスターでドラマ開始前から緊張感を与えて4Kドルビーアットモスの適用を通じてドラマの完成度を上げた。

「キングダム」はNetflixを通じて全世界190カ国で27種類の言語字幕と12種類の言語吹き替えを支援する。ゾンビ物というジャンルを通じて大韓民国の作品性のあるコンテンツを全世界に知らせ、韓国コンテンツの位相を高めてくれるものと予想される。


「キングダム」は一話一話が映画のように内容がしっかりして演出力がすごかった。赤黒い光を帯びてあちこち深い傷がいっぱいなゾンビや死体の扮装のような鮮やかな表現力はもちろん、泥が飛び散って腐っている木の柱とどこに行っても便所の臭みがする庶民の住み所の演出は視聴者を作品にハマれるようにするのに十分だった。

優れた演出力に迅速かつ水が流れるように和やかに続くストーリー展開と俳優たちの演技は作品の開始から終了まで一刻の緊張も逃せないようであった。人がゾンビに変わる疫病の最初目撃者であり職業の使命感がある医女のサビ(ペ・ドゥナ)はひどい現場を目撃したにもかかわらず、冷徹で能動的に対応する強い女性の姿を見せた。

皇太子イ・チャン(チュ・ジフン)は反逆者に追い込まれ宮を離れて凄惨な現実と向き合い、否定していた父の状態に複雑な気持ちになる。しかし、領議政のチョ・ハクジュ(リュ・スンニョン)との対立のためどのような姿に発展していくのか期待される。たまに出てくる皇太子イ・チャン(チュ・ジフン)と護衛武士ムヨン(キム・サンホ)は朝鮮時代式のジョークやユーモアを見せてくれて緊張感のある映像前で硬直していた我らの体をほぐしてくれる。

また、今までコミック演技の大家であったリュ・スンニョンが新しく「キングダム」でカリスマ性のある実質的な権力の所有者である海員チョ氏の首長ジョ・ハクジュ役を務めて作品の深さを一層増した。ゾンビの姿をして取り組む王の前で一寸の乱れも見せないチョ・ハクジュ(リュ・スンニョン)は権力欲があふれる姿を見せた。

映画「猖獗」に続く第二の「朝鮮時代を背景にした時代劇ゾンビ物」としてさらにしっかりしたストーリーとともに優れた演出力、そして多彩な俳優たちの演技を盛り込んだ「キングダム」。Netflixを通じて韓国コンテンツをより知らせレベルの高いドラマの姿を見せてくれると期待してみる。

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved