ACROFAN

カナダ造幣局:伝説的なカナダ人ピアニストでジャズの巨匠、オスカー・ピーターソン氏をたたえる新1ドル流通コイン発行

記事公開日時 : August 12, 2022, 10:00 pm
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【トロント2022812PR Newswire】カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)は、オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson)氏の生涯とカナダの芸術的遺産を祝福する新1ドル流通コインを発行し、世界に類を見ない偉大なミュージシャンの1人をたたえる。ジャズの巨人で信奉者のルイ・アームストロング(Louis Armstrong)氏から「4本の手を持つ男」と呼ばれたオスカー・ピーターソン氏は、60年を超える電撃的なピアノ演奏と「自由への賛歌(Hymn to Freedom)」「ブルース・エチュード(Blues Etude)」「カナダ組曲(The Canadiana Suite)」など記憶に残る作曲を通じて、音楽界の頂点に上り詰めた。コインは12日、ピーターソン氏お馴染みの舞台、トロントのロイトムソンホール(Roy Thompson Hall)に集まった家族や友人に披露された。彼の誕生日に合わせ、815日に流通が始まる。

From left to right: Phyllis Clark, Chair of the Royal Canadian Mint (RCM) Board of Directors, Marie Lemay, RCM President and CEO, The Honourable Chrystia Freeland, Deputy Prime Minister and Minister of Finance, Kelly Peterson, Céline Peterson and Norman Peterson unveil a commemorative $1 circulation coin honoring Oscar Peterson at Roy Thomson Hall in Toronto, ON (August 11, 2022).
From left to right: Phyllis Clark, Chair of the Royal Canadian Mint (RCM) Board of Directors, Marie Lemay, RCM President and CEO, The Honourable Chrystia Freeland, Deputy Prime Minister and Minister of Finance, Kelly Peterson, Céline Peterson and Norman Peterson unveil a commemorative $1 circulation coin honoring Oscar Peterson at Roy Thomson Hall in Toronto, ON (August 11, 2022).

カナダ造幣局のMarie Lemay社長兼最高経営責任者(CEO)は「造幣局は、卓越したカナダ人の物語をコインでたたえることに情熱を傾けており、流通コインに初めて登場するカナダ人ミュージシャン、オスカー・ピーターソン氏が世界で最も尊敬され影響力のあるジャズアーティストの1人としてたたえられることをうれしく思う。ピーターソン氏の音楽と伝説的演奏はカナダと世界の大勢の音楽ファンに喜びをもたらしており、われわれはこのコインを通して、カナダの音楽と文化に絶大な貢献をなした彼をたたえることを誇りにしている」と語った。

オスカー・ピーターソン記念流通コインは、オンタリオ州エイジャックスのベテラン漫画家兼イラストレーター兼デザイナーのValentine De Landro氏がデザインした。彼のデザインは、両手をフルに動かしてピアノを弾くオスカー・ピーターソン氏を描いている。そこからは、有名な「自由への賛歌」最終2小節を示す流れるような音階が現れ、ピーターソン氏の名前でそのデザインが完結している。

ケリー・ピーターソン(Kelly Peterson)夫人は「オスカーはキャリアを通じて多くの賞や栄誉を受けており、それぞれが彼にとって大きな意味があった。死去からほぼ15年間さらに受けているが、その全てが身に余るもので誇りの源泉である。彼の似顔が施されたこの記念流通コインが加わったことは、彼も私も想像できなかったこと。現在と今後何世代ものカナダ人がこのコインを手にしてオスカー・ピーターソンを思い起こしたり、彼について初めて学ぶよう促されることは、説明しがたい感情を呼び起こす。大いに光栄に思う。オスカーは偉大なピアニストで作曲家だった。かれは確固たる人権支持者だった。とりわけ、彼は常に誇り高きカナダ人だった。彼の音楽が時代を超えるように、今でも彼は永久にカナダ人意識の一部になる」と話した。

モントリオール黒人コミュニティーのハブ、リトルバーガンディーで成長したオスカー・ピーターソン氏は、幼少のころから父親と姉のデイジー(Daisy)さんに音楽教育の価値を教わった。クラシックで育った彼はすぐにピアノをマスターし、ポピュラー音楽で腕を磨いて、史上最も評価の高いジャズミュージシャンの1人になった。60年を超えるキャリアで400回以上レコーディングし、名高いオスカー・ピーターソン・トリオは世界中で公演した。彼はグラミー賞を8回受賞、1978年にカナダの音楽の殿堂入りした。1977年ジュノー賞に初めてノミネートされ、1987年にOscar Peterson Fourとしてベスト・ジャズアルバム部門で受賞した。また、故ラモン・ナティシン(Ramon Hnatyshyn)総督からカナダ勲章も叙勲されている。

彼は1962年「自由への賛歌」を作曲したが、それは1960年代の公民権運動の賛歌になり、その音楽的、社会的影響は今もなお響き渡っている。彼の「カナダ組曲」は、彼が愛し、常に「ホーム」と呼んでいた国に対する壮大で感動的な賛辞だった。

オスカー・ピーターソン氏の作品と伝記は世代を超え、後に音楽アイコンになった無数のアーティストにインスピレーションを与え、なお新世代を彼の音楽と技能に引き付けている。数多くの音楽学校と奨学金が彼に敬意を表して設立された。ピーターソン氏は2007年に82歳で死去した。

セリーヌ・ピーターソン(Celine Peterson)さんは「父と世界旅行していた子ども時代、私は各国の通貨の形状に興味をそそられたことを覚えている。それは訪問先の歴史を学ぶ機会だった。私にとって常々重要だったのは、カナダ人としてわれわれが時間をかけ、歴史の全局面を探求することだった。家でカナダ人と海外から来た誰かを知ることは、彼らの手にある母国の手ごわい姿について学ぶ機会になり、私に計り知れない喜びをもたらした。カナダ造幣局にこのように認められた父は、私の想像もつかない何かである。私にとって彼は今もこれからもいつも父だから」と話した。

オスカー・ピーターソン流通コインは300万枚限定の鋳造で、このうち200万枚はオスカー・ピーターソン氏が好きだった色、紫のアクセントが付けられている。銀行支店や企業が1ドル流通コインの在庫を補充する際に、小銭としてカナダ市民に届けられる。

カラーおよび無色の流通コインは6枚のコレクター記念コインセットの一部としても購入できる。5セントから2ドルまで、現流通コイン各1枚を収納した豊富なイラスト付きコレクターカードにパックされている。オスカー・ピーターソン氏の伝説をたたえるものに加えて、コレクター製品はカラー版と無色版の1ドル流通コイン25枚特別ラップロール、流通コインデザインの1オンス純銀、純金版がある。

これらコレクター製品は本日以降、カナダの電話番号1-800-267-1871、米国の電話番号1-800-268-6468、または造幣局のウェブサイトwww.mint.ca/oscarpeterson から直接注文できる。また、オタワおよびウィニペグのカナダ造幣局ブティック、および加入社であるカナダ郵政公社のアウトレットおよびディーラー、販売店のグローバルネットワークを通じても入手できる。

▽カナダ造幣局について

カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)は、カナダで流通するコインの鋳造、流通に責任を持つ国営企業である。造幣局は世界最大で最も多様な造幣局の1つであり、幅広い特殊な高品質コイン鋳造製品とそれに関連するサービスを国際規模で提供している。造幣局とその製品、サービスの詳細はwww.mint.ca を参照。また、TwitterTwitter )、FacebookFacebook  )、InstagramInstagram  )で造幣局のフォローを。

この流通コインと関連コレクター製品の写真は(here )を参照。

▽メディア問い合わせ先 : Alex Reeves, Senior Manager, Public Affairs, Telephone: +1 613-884-6370, reeves@mint.ca

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1877014/Royal_Canadian_Mint_ROYAL_CANADIAN_MINT_HONOURS_LEGENDARY_CANADI.jpg?p=medium600



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

Acrofan     |     Contact Us : guide@acrofan.com     |     Contents API : RSS

Copyright © Acrofan All Right Reserved