ACROFAN

T.OS COIN、ブロックチェーンの専門家2人がアドバイザー合流

記事入力 : July 4, 2018, 10:45 am
ACROFAN=金 炯根 | hyungkeun.kim@acrofan.com | SNS
T.OSはブロックチェーンの専門家であるBradley HookとMatt McKibbinが新たT.OS COINのアドバイザーとして参加したと4日、公開した。

Bradley Hookは7年間、軍隊で長距離偵察任務と航空宇宙事業を指揮し、名誉除隊後はビジネス開発と企業財務、そして情報科学の関連業務に従事した。続いて、「Social Impact Consulting」を創業した。

現在、Bradley Hookは会議、研究、実験セクションのデジタルコンテンツ制作を主催する非営利組織である「Startup Societies Foundation」の役員であり、技術革新とスマート規制に焦点を当てたブロックチェーン会議ある「ICO Foward」を設立して導いている。

この他にも、ブロックチェーンとICO商品先物取引の技術諮問委員会にも貢献している。

Matt McKibbinは2013年からブロックチェーンエバンジェリストとして活動する人物である。彼は2013年から2016年までの「DC Blockchain Meet-up」を組織し、「BitAngels investment group」にも深く関与した。

また、ブロックチェーン市場の初期企業である「BitPay」やペクトム「Factom」などと一緒に働き、脱集中アプリケーションの可能性をコミュニティに知らせ、世界初のブロックチェーンベースのタイトルの転送企業「Ubitquity」と初の脱集中関連会議である「D10e」を共同創業した。

これと共に彼の「Network Society Labs」や「Humaniq」、「Securrency」、および「Social Evolution」などアドバイザーとして参加しており、「Loci」、「Trive」、「Academy」などの初期ブロックチェーンスタートアップにも関与した。

この他にも、初期ブロックチェーン企業に実務経験を提供するために、コンサルティング諮問会議の「DecentraNet」を2017年に設立した。

一方、T.OS側は最近T.OS COINと類似名称の暗号貨幣が登場して投資家の被害が懸念されるとし、注意を呼びかけた。

T.OSの関係者は「最近HADAX取引所に上場された類似名称の暗号貨幣はT.OS COINは何の関係もない」と強調し、「今年の3月に作成された類似名称暗号の貨幣とは異なり、T.OS COINは実際の取引のための暗号貨幣として定着できるように昨年から徹底した準備を続けてきた。 T.OS COINに声援を送ってくださる多くの投資家の方々に感謝し、T.OSは混乱を避け、投資家の方々を保護するために今後も努力する」と述べた。

 



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved